シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

山口 敦子

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
・事前に指定された課題(配布プリントを読むなど)に取り組んだ上で授業にのぞむこと。

・授業後は講義内容を十分に復習し、理解を深めること。

・レポートに関しては、質問を適宜受け付ける。 
履修上の留意
・「国際私法」を復習しておくこと。

・遅刻・欠席をする際は連絡をすること。

・授業・議論には向上心をもって、積極的に参加すること。

・報告の準備(文献収集・分析、レジュメの作成、発表の練習)をしっかり行うこと。

・レジュメ及び報告予定の裁判例は発表の1週間前までに提出すること。

・報告者ではない者も、裁判例を読んだ上で出席すること。 
授業の概要と目的
この授業では、専門科目「国際私法」と専門演習Iの講義で学んだことを基に、受講生個人による重要判例の研究・発表、他の受講生との議論を行い、同法の理解を深める。(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する。 
サブタイトル
到達目標
国際私法の理解を深めることのほか、他者の意見に耳を傾け理解する力、自分の頭で考え物事を分析する力、発表する力、議論する力、文章にまとめる力の向上を目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  この講義と授業の進め方について説明する。 
2. 発表・議論(1)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
3. 発表・議論(2)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
4. 発表・議論(3)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
5. 発表・議論(4)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
6. 発表・議論(5)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
7. 発表・議論(6)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
8. 発表・議論(7)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
9. 発表・議論(8)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
10. 発表・議論(9)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
11. 発表・議論(10)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
12. 発表・議論(11)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
13. 発表・議論(12)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
14. 発表・議論(13)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
15. 発表・議論(14)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
16. 発表・議論(15)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
17. 発表・議論(16)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
18. 発表・議論(17)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
19. 発表・議論(18)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
20. 発表・議論(19)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
21. 発表・議論(20)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
22. 発表・議論(21)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
23. 発表・議論(22)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
24. 発表・議論(23)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
25. 発表・議論(24)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
26. 発表・議論(25)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
27. 発表・議論(26)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
28. 発表・議論(27)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
29. 発表・議論(28)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
30. 発表・議論(29)  担当者は自身の研究について発表し、それに関する議論をゼミ生全員でする。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜、紹介する。     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点(具体的には授業中の議論の参加):20%

発表(前後期あわせて):40%

レポート(前後期あわせて):40% 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/01/27 13:29


PAGE TOP