シラバス参照

科目名 特設科目A (アドバンスト行政法)(行政専門コース) 
担当者氏名

北見 宏介

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-共通部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
行政法に関連するテキスト類(「行政法1」や「行政法2」の教材等)を通読すること(講義の進行に沿うか、あらかじめ読んでおくかは問わない)。
定期試験に関しては、採点実感をWebclass上に公表する。 
履修上の留意
「行政法1」・「行政法2」を履修し、相当の理解をしていることを前提とする。「地方自治法」も並行して履修することを念頭に置いている。個別領域の行政法規をめぐって生じた紛争に関する裁判例を扱うので、条文・判決全文の参照ができるよう、学内端末で利用できるデータベースを頻繁に利用することが望ましい。 
授業の概要と目的
行政法判例の検討を通じて、各裁判例の判示事項を確認し、行政法学の基礎理論に関する理解を深める。「行政法1」「行政法2」で解説が手薄になりがちな事項について補完的な説明を行う。(科目ナンバリングコード:LL11003)本授業はCP2およびDP2に該当する 
サブタイトル
行政判例研究 
到達目標
行政法学の基礎理論に関する理解を深め、諸論点に関する検討の視点を獲得し、関連する司法制度に存在する問題点を意識的に把握することを目指す。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  講義進行の説明・判例の読み方の説明・裁判制度の概説・データベースの使用方法の説明・行政法1及び2の簡潔な復習 
2. 行政事件訴訟に関する裁判例(1)  行政事件訴訟の概説・訴訟要件に関する裁判例(法律上の争訟該当性・出訴期間・処分性の一部) 
3. 行政事件訴訟に関する裁判例(2)  訴訟要件に関する裁判例(処分性の一部・原告適格) 
4. 行政事件訴訟に関する裁判例(3)  訴訟要件に関する裁判例(原告適格・狭義の訴えの利益) 
5. 行政事件訴訟に関する裁判例(4)  訴訟要件に関する裁判例(狭義の訴えの利益) 
6. 行政事件訴訟に関する裁判例(5)  執行停止に関する決定例 
7. 行政事件訴訟に関する裁判例(6)  取消訴訟の審理に関する概説・取消訴訟の判決効に関する裁判例(1) 
8. 行政事件訴訟に関する裁判例(7)・国家賠償に関する裁判例(1)  取消訴訟の判決効に関する裁判例(2)・取消訴訟の判決効に関連する国家賠償判例 
9. 行政事件訴訟に関する裁判例(8)  不作為の違法確認訴訟に関する裁判例・義務付け訴訟に関する裁判例 
10. 行政事件訴訟に関する裁判例(9)  当事者訴訟(特に公法上の確認訴訟)に関する裁判例(1) 
11. 国家賠償に関する裁判例(2)  国家賠償法1条の諸要件(公権力の行使・公務員)に関する裁判例 
12. 国家賠償に関する裁判例(3)  国家賠償法1条の諸要件(違法性)に関する裁判例 
13. 国家賠償に関する裁判例(4)  国家賠償法1条による責任の本質に関する裁判例 
14. 国家賠償に関する裁判例(5)  道路事故に関する裁判例 
15. 国家賠償に関する裁判例(6)  水害に関する裁判例 
16. 国家賠償に関する裁判例(7)  公の営造物の設置管理瑕疵の諸判断要素に関する裁判例 
17. 国家賠償に関する裁判例(8)・損失補償に関する裁判例(1)  国家賠償法3条から6条に関連した裁判例・形式的当事者訴訟の概説・損失補償に関する裁判例(の一部) 
18. ここまでのまとめ  ここまでの復習 
19. 行政処分の特殊な効力に関する裁判例(1)  公定力に関する裁判例・不可争力に関する裁判例・金銭納付義務賦課処分に関する抗告訴訟と国家賠償 
20. 行政処分の特殊な効力に関する裁判例(2)  無効等確認訴訟の裁判例 
21. 行政裁量に関する裁判例(1)  裁量審査に関する裁判例 
22. 行政裁量に関する裁判例(2)  専門(技術)的事項に関する裁判例とその射程 
23. 行政処分の取消と撤回に関する裁判例・損失補償に関する裁判例(2)  行政処分の取消と撤回の可否、補償の要否に関する裁判例 
24. 行政指導に関する裁判例  行政指導に関する裁判例 
25. 行政契約に関する裁判例  住民訴訟制度の再確認・行政契約に関する裁判例 
26. 行政による規範定立作用に関する裁判例(1)  委任命令に関する裁判例 
27. 行政による規範定立作用に関する裁判例(2)  行政規則に関する裁判例・当事者訴訟(特に公法上の確認訴訟)に関する裁判例(2) 
28. 法の一般原則に関する裁判例・客観訴訟の判決と位置づけられている裁判例(1)  法の一般原則に関する裁判例・投票価値の平等に関する裁判例 
29. 客観訴訟の判決と位置づけられている裁判例(2)・総合的検討  行政主体または機関間の訴えに関する裁判例・行政主体が原告となった裁判例・行政上の目的が未実現の状態における訴えに関する裁判例 
30. 総括  ここまでのまとめ 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 判例フォーカス行政法  村上裕章・下井康史(編著)  三省堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義形式 
成績評価方法及び評価基準
定期試験(100%)による。 
受講生へのメッセージ
六法を持ってくること。 
参考URL
1. 法令データ提供システム 現行の法律、政令、省令など 
2. 自治体Web例規集へのリンク集 地方自治体の条例・規則等 
3. 裁判所のホームページ 右上の「裁判例情報」を開くと、裁判判決を見ることができる 
画像
ファイル
更新日時 2020/01/25 18:46


PAGE TOP