シラバス参照

科目名 特設科目B (法務演習1)(行政専門・法専門コース) 
担当者氏名

菊地 秀典

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-共通部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
演習前にこれまで民法科目で使用したテキストをよく読んでおく必要がある。また、演習後の早い段階で復習を行って学習した内容について反復整理をすると効果的である。 
履修上の留意
主として、公務員試験・行政書士試験等の試験問題等から素材をみつけて、毎回、問題を解く。受講生の状況をみて、問題を解いてもらう前に、当該テーマについての講義を行うか、解いてもらった後で問題の解説を行う。法務演習1は、総則と物権の範囲を対象とする。 
授業の概要と目的
講義→問題演習、あるいは問題演習→解説をパターンとして繰り返す。多くの問題をこなすことを目標としない。少数の問題にじっくりと取り組んでもらう。(科目ナンバリングコード:LL11004)本授業はCP2およびDP2に該当する 
サブタイトル
民法択一問題の演習と解説 
到達目標
国家公務員一般職試験(大卒程度)、地方上級試験、行政書士試験等の民法の択一問題に対応できる力をつける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 人  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
2. 意思表示(1)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
3. 意思表示(2)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
4. 代理(1)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
5. 代理(2)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
6. 時効(1)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
7. 時効(2)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
8. 物権変動(1)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
9. 物権変動(2)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
10. 占有権・所有権  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
11. 留置権  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
12. 質権  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
13. 抵当権(1)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
14. 抵当権(2)  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
15. 非典型担保・その他  講義と問題演習、あるいは問題演習と解説 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. プリントを配布する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 民法(全)  潮見佳男  有斐閣 
2. 民法入門・総則ーエッセンシャル民法1  永田眞三郎・松本恒雄・松岡久和・横山美夏  有斐閣 
3. 物権ーエッセンシャル民法2  永田眞三郎・松本恒雄・松岡久和・中田邦博・横山美夏  有斐閣 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
小テスト2回の点数で評価する(50%×2)。 
受講生へのメッセージ
努力を継続できる人に受講してもらいたい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:10


PAGE TOP