シラバス参照

科目名 民法4 
担当者氏名

杉浦 林太郎

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-民事・手続法部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
次回の学習箇所を教科書などで予習して授業に臨み(2時間程度)、授業後は教科書や配布プリントなどで不明な箇所が残らないように復習をする(2時間程度)。 
履修上の留意
民法1~3を履修していることが望ましい。特に、担保物権を深く理解をするには債権法(特に保証などの人的担保)の知識も欠かせないので、未履修の場合には、本講義と並行して民法2(債権総論)を受講することを強くすすめる。 
授業の概要と目的
民法の中の物権について、前半は所有権を中心とした物権の性質や物権の変動などについて、後半は担保物権について講義をし、物権法についての基礎的な知識を習得することを目的とする。(科目ナンバリングコード:LL31501) 
サブタイトル
物権法 
到達目標
物権法の基礎知識・基本原則を理解し、実際的・具体的な問題に対応できる一定の能力を養う。また、各種の資格試験や公務員試験にも通用するレベルの知識を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 物権法の基礎  物権法の概要、物権の種類、物権の性質 
2. 物権の効果  所有と占有、物権の効果、物権的請求権 
3. 物権変動  原始取得と承継取得、所有権の移転時期 
4. 不動産の物権変動(1)  不動産物権変動の対抗要件、登記制度 
5. 不動産の物権変動(2)  民法177条の第三者の範囲 
6. 不動産の物権変動(3)  取消しと登記 
7. 不動産の物権変動(4)  取得時効と登記、相続と登記 
8. 動産の物権変動(1)  動産物権変動の対抗要件、引渡しの種類 
9. 動産の物権変動(2)  動産の即時取得 
10. 占有  占有の概要、占有の種類、占有の効果 
11. 所有権(1)  所有権の概要、所有権の取得 
12. 所有権(2)  相隣関係 
13. 所有権(3)  共同所有 
14. 建物の区分所有  建物の区分所有の意義、区分所有建物における所有関係、区分建物の管理と制限 
15. 用益物権  地上権、永小作権、地役権、入会権 
16. 担保物権の基礎  担保物権の意義、担保物権の種類、担保物権の性質 
17. 抵当権(1)  抵当権の概要、抵当権の設定と実行 
18. 抵当権(2)  抵当権の範囲、抵当権の侵害、物上代位 
19. 抵当権(3)  抵当不動産の第三取得者との関係、抵当権と用益権 
20. 抵当権(4)  法定地上権 
21. 抵当権(5)  一括競売、共同抵当 
22. 抵当権(6)  転抵当、抵当権の譲渡・放棄、抵当権の順位の譲渡・放棄 
23. 抵当権(7)  抵当権の順位の変更、抵当権の消滅、根抵当 
24. 留置権  留置権の概要、留置権の成立と効果 
25. 先取特権  先取特権概要、一般の先取特権、動産の先取特権、不動産の先取特権 
26. 質権(1)  質権の概要、動産質 
27. 質権(2)  不動産質、権利質 
28. 非典型担保(1)  非典型担保の意義、譲渡担保 
29. 非典型担保(2)  譲渡担保の拡大、仮登記担保 
30. 非典型担保(3)  所有権留保、その他の非典型担保 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 物権・担保物権法(スタンダール民法シリーズⅡ)  柳勝司ほか  嵯峨野書院 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 物権 ― エッセンシャル民法2〔第2版〕  永田眞三郎ほか  有斐閣 
2. 講義 物権・担保物権法〔第2版〕  安永正昭  有斐閣 
3. 新ハイブリッド民法2 物権・担保物権法  本田純一・堀田親臣・工藤祐巌・小山泰史・澤野和博  法律文化社 
4. 民法の基礎2 物権  佐久間毅  有斐閣 
5. 担保物権法〔第4版〕  道垣内弘人  有斐閣 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
毎回出題している確認課題で30%、2回行う試験で70%。試験は、穴埋め問題や択一問題、論述問題など様々な形式を組み合わせ、授業内容の理解度ができるだけ正確に評価に反映するようなものにする。 
受講生へのメッセージ
週2回の授業でどんどんと進んでいくので、分からない箇所があったら放置せずに、プリントや教科書、参考書等でその都度確認をし、なお理解の難しい箇所については担当教員に質問をし、どうにか授業についてきて欲しい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/06 09:08


PAGE TOP