シラバス参照

科目名 専門演習1 
担当者氏名

平井 亮輔

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
演習の進捗に応じてテキストの次回の講読部分をよく読んで自分なりの意見や疑問を携えて演習に臨み(1時間程度の予習)、演習をふまえて自身の考えを深めるとともに(1時間程度の復習)、各自のレポートテーマを決定し、レポートの準備・作成に努めること。 
履修上の留意
演習は、講義とは異なり、各自が積極的な姿勢で臨むことによって成立するため、ひとりひとりが演習の主役であることに留意すること。 
授業の概要と目的
法と正義に関する原理的諸問題に関する基本的文献の講読と討論を少人数で積み重ねることを通じて思考力を磨き、各自の選んだテーマについて「これが私の作品だ」と言えるレポートの完成をめざす(科目ナンバリングコード:LL31101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
法と正義を哲学する 
到達目標
法と正義について深く考える力と、自分の考えを筋道立てて言葉や文章で表現する力を養う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. はじめに(1)  ガイダンスとして演習の進め方や心得について説明した上で、自己紹介、最初に取り上げる文献の報告分担決定などを行う。 
2. はじめに(2)  適当な題材を選んで討論の練習を行う。 
3. 正義を読む(1)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
4. 正義を読む(2)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
5. 正義を読む(3)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
6. 正義を読む(4)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
7. 正義を読む(5)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
8. 正義を読む(6)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
9. 正義を読む(7)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
10. 正義を読む(8)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
11. 正義を読む(9)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
12. 正義を読む(10)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
13. 法を読む(1)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
14. 法を読む(2)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
15. 法を読む(3)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
16. レポートテーマ発表  各自のレポートテーマと構想を発表し、互いに討論する。 
17. 法を読む(4)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
18. 法を読む(5)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
19. 法を読む(6)  担当者の報告に基づき討論を行う。 
20. レポート報告1  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
21. レポート報告1  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
22. レポート報告1  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
23. レポート報告2  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
24. レポート報告2  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
25. レポート報告2  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
26. レポート報告3  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
27. レポート報告3  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
28. レポート報告3  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
29. 最終レポート発表(1)  各自のレポートを提出・発表し、互いに講評する。 
30. 最終レポート発表(2)  各自のレポートを提出・発表し、互いに講評する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. これからの「正義」の話をしよう  マイケル・サンデル  早川文庫 
2. 問いかける法哲学  瀧川裕英編  法律文化社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 正義とは何か  神島裕子  中公新書 
2. 法哲学  瀧川裕英ほか  有斐閣 
3. その他適宜紹介する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
演習への参加と参加姿勢、分担報告、討論での発言を総合した平常点(60%)とレポート(40%)により評価する。著しく欠席が多い場合(出席回数がおおむね3分の2を下回る)、あるいは報告を全く行わない場合は、欠格とする。 
受講生へのメッセージ
楽しくまじめに法哲学しましょう。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/02/19 17:06


PAGE TOP