シラバス参照

科目名 専門演習1 
担当者氏名

杉浦 林太郎

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
民法の総則と物権について、復習(履修)をしておくこと。毎回、取り上げられる判例や事例問題について、自分なりに考えること(1時間程度)。 
履修上の留意
専門演習では、調べた内容を他の参加者に分かりやすいように報告をする能力と、報告を聞いて、報告内容を理解する能力、他の参加者と意見が異なる場合には自分の意見を述べ、議論を行い、より良い解決を探るという能力を鍛えることが目的とされる。そのために、報告担当となっている場合には、報告のためのレジュメを作成して臨むほか、報告の担当となっていなくても、取り上げられる判例等を事前に読むなどして議論に参加できるような準備をして臨むなど、積極的な参加をして欲しい。なお、民法1~5までの科目については、できるだけ履修をしてほしい。 
授業の概要と目的
前期は、民法判例百選の中から指定する判例について個人又はグループで報告を行ってもらい、その後、全員で自由に議論を行う。後期は、各自の設定した問題についての報告をしてもらい、その後、全員で自由に議論を行う。(科目ナンバリングコード:LL31101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
民法の判例の分析と各自の設定した問題についての報告 
到達目標
問題を発見し、それについての自分の考えをまとめ、相手に伝える能力を身につける。また、他の人の意見を聞き、それを理解し、議論を行いながら、より良い解決方法を探る能力を身に付ける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  自己紹介を行ってもらい、授業の進め方について説明をする。また、報告の順番と担当する判例を決める。 
2. ゼミでの報告の方法についてのレクチャー  資料の収集の方法について、簡単に説明をする。 
3. ゼミでの報告の方法についてのレクチャー  報告のレジュメの作成方法などについて、簡単に説明をする。 
4. 判例を分析する意義についてのレクチャー  判例研究の意義等を念頭に置きながら、判例を報告する方法について、簡単に説明する。 
5. 有名判例の分析1  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
6. 有名判例の分析2  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
7. 有名判例の分析3  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
8. 有名判例の分析4  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
9. 有名判例の分析5  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
10. 有名判例の分析6  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
11. 有名判例の分析7  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
12. 有名判例の分析8  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
13. 有名判例の分析9  個人またはグループで判例の紹介を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
14. 事例問題の解き方についてのレクチャー1  事例問題をどのように解いていくべきかということについて、簡単に説明をする。 
15. 事例問題の解き方についてのレクチャー2  事例問題をどのように解いていくべきかということについて、簡単に説明をする。 
16. 後期ガイダンス  後期の授業の進め方について説明をする。また、報告の順番と担当する事例問題を決める。 
17. 各自の設定した問題についての報告1  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
18. 各自の設定した問題についての報告2  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
19. 各自の設定した問題についての報告3  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
20. 各自の設定した問題についての報告4  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
21. 各自の設定した問題についての報告5  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
22. 各自の設定した問題についての報告6  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
23. 各自の設定した問題についての報告7  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
24. 各自の設定した問題についての報告8  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
25. 各自の設定した問題についての報告9  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
26. 各自の設定した問題についての報告10  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
27. 各自の設定した問題についての報告11  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
28. 各自の設定した問題についての報告12  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
29. 各自の設定した問題についての報告13  各参加者に各自の設定した問題についての報告を行ってもらい、その後、全員で議論を行う。 
30. 卒業研究演習のガイダンス  翌年度の卒業研究演習の進め方について説明をする。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 民法判例百選Ⅰ 総則・物権[第8版]  潮見佳男・道垣内弘人編  有斐閣 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 民法判例百選Ⅱ 債権[第8版]  窪田充見・森田宏樹編  有斐閣 
2. 民法判例百選Ⅲ 親族・相続[第2版]  水野紀子・大村敦志編  有斐閣 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
報告(60%)と授業参加度(40%)で評価する。授業回数の3分の2以下の場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
はじめは報告したり発言したりすることに緊張するかもしれませんが、仲良く楽しく進めていきましょう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/13 12:28


PAGE TOP