シラバス参照

科目名 専門演習1 
担当者氏名

北見 宏介

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
報告の担当に際して、十分な準備を行うこと。また、世の中で起こっていることに意識を向けること。行政法1の履修者は、その内容のうち、ゼミの当該回で取りあげられる関連事項について復習しておくこと。並行して開講される行政法関連科目に熱心に取り組むこと。 
履修上の留意
欠席する際は必ず連絡すること。無断欠席は大幅に減点する。本シラバスにテキストはあげていないが、何か1冊、行政法の概説書を用いることがありうる。 
授業の概要と目的
報告・議論を通じて、行政法に関する事項について思考するとともに、その内容を文章化する。(科目ナンバリングコード:LL31101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
特になし 
到達目標
ゼミ終了時点における各参加者の勉強の成果を、一定の様式(学術論文とほぼ同様の体裁)で示す 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス(1)  年間スケジュールの検討、報告内容案の提示、報告グループの決定、報告順の決定 
2. ガイダンス(2)  報告内容の決定、講義で触れていない事項の簡単な解説 
3. 予備  ※前期日程内で少なくとも1回以上、図書館ガイダンスを受講する 
4. 報告(1)  報告(1) 
5. 報告(2)  報告(2) 
6. 報告(3)  報告(3) 
7. 報告(4)  報告(4) 
8. 報告(5)  報告(5) 
9. 報告(6)  報告(6) 
10. 報告(7)  報告(7) 
11. 報告(8)  報告(8) 
12. 報告(9)  報告(9) 
13. 報告(10)  報告(10) 
14. 報告(11)  報告(11) 
15. 後期テーマの検討  テーマ案の提示、関連参考文献等の提示、後期報告順の検討 
16. 後期テーマ等の決定、レポート執筆の説明(1)  後期テーマ・報告グループ・報告順の決定 
17. レポート執筆の説明(1)  前後期のテーマとレポートの関係、論文執筆の基礎知識について 
18. 報告(12)  報告(12) 
19. 報告(13)  報告(13) 
20. 報告(14)  報告(14) 
21. 報告(15)  報告(15) 
22. 報告(16)  報告(16) 
23. 報告(17)  報告(17) 
24. 報告(18)  報告(18) 
25. 報告(19)  報告(19) 
26. 報告(20)  報告(20) 
27. 報告(21)  報告(21) 
28. 予備  通年で、合計で3回の附属図書館ガイダンスを受ける 
29. 予備  通年で、合計で3回の附属図書館ガイダンスを受ける 
30. レポート作成に関する説明(2)  レポート作成に係る引用のルール等の説明 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
ゼミ形式 
成績評価方法及び評価基準
期末レポートによる(100%) 
受講生へのメッセージ
行政法1を履修(単位取得したか否かは問わない)しており、行政法2を履修することが望まれる。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/01/25 18:46


PAGE TOP