シラバス参照

科目名 専門演習1 
担当者氏名

柳沢 雄二

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
1・2年の時に勉強したことを復習しておくことが望ましい。 
履修上の留意
民法1~4、企業法1・2および民事訴訟法を履修済みであること、または、未履修の場合には本演習と並行してこれらの講義を受講することが望ましい。

なお、講義には、必ず最新の六法を持ってくるようにしてほしい。

また、何らかの理由で講義を休む場合は、必ず事前に連絡をするようにしてほしい。

無断欠席が通年で5回以上になった場合は、理由を問わず、単位は認めない。 
授業の概要と目的
民事訴訟法の判例を読み、民事訴訟法の理解を深める。

なお、受講生に希望があれば、民事の模擬裁判を行うことも検討する。(科目ナンバリングコード:LL31101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
民事訴訟法の判例を読む。 
到達目標
演習を通じて、判例の読み方を学ぶ。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 演習1  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
2. 演習2  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
3. 演習3  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
4. 演習4  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
5. 演習5  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
6. 演習6  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
7. 演習7  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
8. 演習8  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
9. 演習9  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
10. 演習10  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
11. 演習11  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
12. 演習12  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
13. 演習13  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
14. 演習14  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
15. 演習15  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
16. 演習16  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
17. 演習17  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
18. 演習18  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
19. 演習19  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
20. 演習20  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
21. 演習21  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
22. 演習22  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
23. 演習23  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
24. 演習24  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
25. 演習25  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
26. 演習26  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
27. 演習27  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
28. 演習28  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
29. 演習29  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
30. 演習30  対象となる判決文および百選のコピーを渡すので、事前に必ずこれらを読んできてもらい、それを前提にして、質問をしたり議論をしたりしていく。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 民事訴訟法判例百選〔第5版〕  高橋宏志=高田裕成=畑瑞穂編  有斐閣 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点(授業態度・発言頻度)100% 
受講生へのメッセージ
どのように演習を進めていくかについては、受講生と相談して決めたいと思う。

また、希望があれば、裁判傍聴なども検討しているし、夏休み中に合宿をすることも考えている。

さらに,後期に合同ゼミが開催されるので,積極的に参加してもらいたい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/13 13:17


PAGE TOP