シラバス参照

科目名 専門演習1 
担当者氏名

仮屋 篤子

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
事前学習:各回の報告者のテーマについて、基本書で論点を確認し、該当判例の内容を確認すること。報告者は十分に準備し、報告用のレジュメを作成すること。 事後学習:各回の論点について、再度基本書で確認すること。報告者は、授業での議論を踏まえて、自分のテーマをさらに深めること。

事前学習・事後学習は、合わせて授業時間の2倍程度の時間をかけること。 
履修上の留意
2年次修了までに、民法1~3について単位を取得していることが望ましいが、少なくとも一度は履修していること。また、3年時に民法4・5を履修すること。

ゼミ生は、発表時にはレジュメにまとめて発表し、また他のゼミ生の発表時にも、きちんと予習して授業に参加すること。

授業時間中に必ず1回以上発言すること。 
授業の概要と目的
民法の各分野から、各人の興味のある論点にかかわる事例を取り上げ、報告してもらいます。

分野については、財産法・家族法を問いません。また、民法隣接分野(製造物責任法や借地借家法など)でもかまいません。

報告担当者(個人またはグループ)は、担当日の1週間前までに発表の概要(簡単なもので良い)を作成し、他のゼミ生はその概要に基づいて予習をしてきてください。

担当日には、担当ゼミ生はより詳細なレジュメを用意して報告し、その後全員で自由に討論します。最終的には、レポートをまとめていただきます。 (科目ナンバリングコード:LL31101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
民法事例問題の研究 
到達目標
具体的な事案から法的な論点を発見・抽出し、それを分かりやすく相手に伝える力をつける。

論理的思考方法を身につけ、対話によって問題の解決をはかる力を身につける。

文章により、自分の考えをまとめる力をつける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の進め方、自己紹介 
2. 報告内容の打合せ(1)  1)事例(判例)の読み方 

2)担当者・担当回の決定 
3. 報告内容の打合せ(2)  1)報告のやり方の指導 

2)資料の探し方の指導 

3)レジュメの作り方の指導 

4)テーマの設定 
4. 事例問題の検討(1)  報告者による報告と討論 
5. 事例問題の検討(2)  報告者による報告と討論 
6. 事例問題の検討(3)  報告者による報告と討論 
7. 事例問題の検討(4)  報告者による報告と討論 
8. 事例問題の検討(5)  報告者による報告と討論 
9. 事例問題の検討(6)  報告者による報告と討論 
10. 事例問題の検討(7)  報告者による報告と討論 
11. 事例問題の検討(8)  報告者による報告と討論 
12. 事例問題の検討(9)  報告者による報告と討論 
13. 事例問題の検討(10)  報告者による報告と討論 
14. 事例問題の検討(11)  報告者による報告と討論 
15. 事例問題の検討(12)  報告者による報告と討論 
16. 事例問題の検討(13)  報告者による報告と討論 
17. 事例問題の検討(14)  報告者による報告と討論 
18. 事例問題の検討(15)  報告者による報告と討論 
19. 事例問題の検討(16)  報告者による報告と討論 
20. 事例問題の検討(17)  報告者による報告と討論 
21. 事例問題の検討(18)  報告者による報告と討論 
22. 事例問題の検討(19)  報告者による報告と討論 
23. 事例問題の検討(20)  報告者による報告と討論 
24. 事例問題の検討(21)  報告者による報告と討論 
25. 事例問題の検討(22)  報告者による報告と討論 
26. 事例問題の検討(23)  報告者による報告と討論 
27. 事例問題の検討(24)  報告者による報告と討論 
28. 事例問題の検討(25)  報告者による報告と討論 
29. 事例問題の検討(26)  報告者による報告と討論 
30. 本年度のまとめと卒業研究演習のガイダンス  本年度のまとめと、次年度の説明 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に適宜指示する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に適宜指示する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
報告60%、授業への参加度40%。なお、出席日数が授業回数の3分の2以下の場合、または、正当な理由のない欠席3回で欠格とする。

遅刻は2回で1回の欠席とする。また、20分以上の大幅な遅刻は欠席として扱う。 
受講生へのメッセージ
「討論をする」というのは、難しいかもしれませんが、法律学に討論は必須です。がんばりましょう。

発言することに意義があります。

授業中必ず1度以上発言しましょう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/13 12:21


PAGE TOP