シラバス参照

科目名 企業法1 
担当者氏名

長谷川 乃理

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-企業・社会法部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
各講義に際して、レジュメを配布します。また、内容確認のためのクイズを講義の途中で行うことがあります。次の講義までに復習と予習を兼ねて最低2時間程度、レジュメを読み込み、改めて条文を引きながらクイズを解き直してみてください。



定期試験については、講義内で示す方法で出題意図を提示します。 
履修上の留意
講義の中で、ほぼ毎回六法を使います。学習用六法で構いません。必ず持って来てください。 
授業の概要と目的
本講義では、商法総則および商行為を扱います。社会生活の中で、商人という立場で反復継続して取引を行う主体そのもの、そしてその行為の特殊性について、主に民法上の取引と比較しながら検討を行います。
(科目ナンバリングコード:LL21601)本授業はCP2およびDP2に該当する 
サブタイトル
商法総則・商行為 
到達目標
1商法の対象たる「商人」について、その範囲、人的・物的施設等を理解する。2商法の対象たる商取引について、その取引形態、規整等を理解する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 講義開始にあたって・商法総論  講義の進め方、成績評価の方法、履修に際しての注意事項 
2. 商法総論2  商法の意義、特色、歴史、商法の法源 
3. 商法の適用範囲(商人)  商人、商人資格の得喪 
4. 商法の適用範囲(商行為)  基本的商行為、営業的商行為 
5. 商業登記1  企業情報の公示、商業登記の意義、登記事項 
6. 商業登記2  商業登記の効力 
7. 商号1  商号の意義、商号選定自由の原則、商号の登記 
8. 商号2  商号の譲渡、廃止、変更 
9. 名板貸し  名板貸しとその責任 
10. 営業 1  営業の意義、営業所、営業譲渡 
11. 営業 2   営業譲渡人の義務、営業譲渡と第三者 
12. 営業 3  会社法における事業譲渡 
13. 商業帳簿  商業帳簿の意義、作成、保存・提出、会社における計算書類 
14. 商業使用人  商業使用人の意義、法的性質、権利・義務 
15. 代理商  代理商の意義、法的性質、権利・義務 
16. 商法総則のまとめ  商法総則のまとめ 
17. 商行為総則 1  契約の成立、代理と委任、営利性 
18. 商行為総則 2  債権の成立と消滅、担保、有価証券 
19. 商事売買 1  総説、売主の供託と競売権 
20. 商事売買 2  定期売買、買主の義務 
21. 補助商総説  代理・取次・仲立についての復習 
22. 仲介営業 1  仲立営業、仲立人の意義、権利・義務 
23. 仲介営業 2  問屋営業、問屋と委託者の関係 
24. 仲介営業 3  問屋の委託者と債権者との関係、問屋と相手方との関係 
25. 運送営業 1  物品運送、運送契約と関係当事者、運送人の権利・義務 
26. 運送営業 2  運送人と荷受人との関係、旅客運送、運送取扱人 
27. 運送営業 3  2018年商法改正について 
28. 寄託営業  場屋営業・倉庫営業と寄託契約 
29. 匿名組合・交互計算  匿名組合契約、交互計算契約 
30. 銀行取引  銀行取引と銀行取引停止処分 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 講義初回に紹介します     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義形式 
成績評価方法及び評価基準
毎回の講義で行う小テストを合計して評価します(100%)。ただし、欠席5回で欠格とします。 
受講生へのメッセージ
一度に理解しようと焦らず、繰り返し学習するようにしてください。講義に際しては、私語などの他の受講者の学習を阻害する行為、不正行為、ハラスメントにペナルティを課すなど、厳格に対処します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:56


PAGE TOP