シラバス参照

科目名 政治学入門 
担当者氏名

仁井田 崇

松本 俊太

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-共通部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
日頃から新聞や雑誌・各種メディア等で政治に関する最新の情報を随時チェックし、政治全般に対して広く関心を持つようにすること。また、講義後は重要事項の整理を行うとともに、講義で取り上げた参考文献に目を通すこと。なお講義中に実施した課題・レポートについては適宜質問を受けつけるほか、定期試験に関しては試験終了後に「web class」 に出題意図等を掲載する。 
履修上の留意
・政治学関連の各専門科目を受講する前に、本講義を受講することを強く求める。

・高校において使用した「現代社会」もしくは「政治・経済」の副読本(資料集など)を、予習や復習の際にいつでも参照できるよう準備しておくこと。

・授業で使用する印刷資料などは、名城大学統合ポータルサイト内の「web class」で閲覧できるようにするので、予習や復習に活用すること。

・講義中の私語と電子機器の使用は厳禁とする。それ以外の受講ルールについては比較的緩やかに運用する。 
授業の概要と目的
政治学を俯瞰的に理解できるようになり、なおかつ、政治について科学的・主体的・多角的に思考できるようになることが本講義の目的である。そのため、本講義では次のようにパート分けを行うこととする。

・水曜日パート:主に現代の政治のしくみについて、高等学校までに学習したことがらを踏まえて、より詳細な内容を講義する。

・金曜日パート:主に政治にまつわる思想と歴史について、高等学校までに学習したことがらを踏まえて、より詳細な内容を講義する。

(科目ナンバリングコード:LL11002)本授業はCP2およびDP2に該当する 
サブタイトル
政治を見る眼を養う 
到達目標
社会科学を学ぶにあたっての基本的な知識を身につけ、多角的な視点から政治を考えることができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 水曜日パート第1回:はじめに - 水曜日パートの講義の進め方と問題意識について(水曜日パート担当者:松本俊太)  ・現代の政治を学ぶ目的

・事実の学習から学説の学習へ

・規範と実証のちがい 
2. 金曜日パート第1回:はじめに - 金曜日パートの講義の進め方と問題意識について(金曜日パート担当者:仁井田崇)  ・ナチス・ドイツと歴史解釈をめぐって 
3. 水曜日パート第2回:現代政治の原理原則1:なぜ政府が必要なのか?(松本)  ・政治と経済の関係の基礎知識

・「市場の失敗」と「政府の失敗」 
4. 金曜日パート第2回:政治を道徳で語ってはいけない?-近代的な政治観(仁井田)  ・マキャヴェリとベンサムの思想が政治の見方にもたらしたもの 
5. 水曜日パート第3回:現代政治の原理原則2:人々の意思は政治にどう反映されるのか?(松本)  ・政治参加と民主主義

・現代の代表民主主義のしくみ 
6. 金曜日パート第3回:「くに」と「国家」は何が違う?-主権概念の登場(仁井田)  ・ボダンと主権国家概念の登場

・ヘーゲルにとっての国家 
7. 水曜日パート第3回:投票以外の政治参加1:人々はどうやって問題を解決しているのか?(松本)  ・利益団体の基礎知識

・利益団体と政策決定 
8. 金曜日パート第4回:「国家」の成り立ちをどう説明するか-社会契約説(仁井田)  ・ホッブズの社会契約説と秩序構築の論理 
9. 水曜日パート第5回:投票以外の政治参加2:人々は何を考えているのか?(松本)  ・イデオロギー・世論・マスメディア

・社会ネットワークとインターネット 
10. 金曜日パート第5回:民主主義はすばらしい?-衆愚政治批判(仁井田)  ・プラトン・アリストテレスとデモクラシー批判 
11. 水曜日パート第6回:政党と選挙1:なぜ政党か?(松本)  ・政党に関する基礎知識

・選挙制度と政党システム 
12. 金曜日パート第6回:代表民主主義は民主主義なのか?-「代表」をめぐる問い(仁井田)  ・マディソン・J.S.ミルと参加民主主義 
13. 水曜日パート第7回:政党と選挙2:なぜ選挙制度は重要か?(松本)  ・55年体制と中選挙区制

・衆議院の選挙制度改革とその後 
14. 金曜日パート第7回:国際社会の誕生-ウェストファリア体制の成立と近代的な国際関係(仁井田)  ・主権国家の成立と19世紀までの国際政治 
15. 水曜日パート第8回:特別講義(松本)  ・外部からゲスト・スピーカーを招いて、若者の政治参加に関する特別講義を行う(予定) 
16. 金曜日パート第8回:戦争の時代へ-勢力均衡と集団安全保障(仁井田)  ・勢力均衡論・集団安全保障と第一次世界大戦 
17. 水曜日パート第9回:統治機構1:首相は強いのか?(松本)  ・議院内閣制と大統領制

・日本の首相のリーダーシップ 
18. 金曜日パート第9回:独立と革命の論理-民族自決と階級闘争(仁井田)  ・ナショナリズムの台頭と社会主義国家の成立 
19. 水曜日パート第10回:統治機構2:どのように法律は作られるのか?(松本)  ・現代日本の立法過程・政策決定過程

・「鉄の三角形」と行政改革・政治主導 
20. 金曜日パート第10回:冷戦の展開-冷戦の遺産と現代の国際社会(仁井田)  ・冷戦の始まりとその終結 
21. 水曜日パート第11回:国以外の政治1:なぜ地方自治か?(松本)  ・地方自治に関する基礎知識

・日本の地方自治制度と地方分権改革 
22. 金曜日パート第11回:ポスト冷戦時代-新しい国際秩序?/近代日本国家の誕生-明治維新(仁井田)  ・ポスト冷戦時代における国際協調と国益追求/日本の近代化過程と国民創出 
23. 水曜日パート第12回:国以外の政治2:なぜ国際関係か?(松本)  ・現代の国際関係の制度

・国際関係の理論:リアリズムとリベラリズム 
24. 金曜日パート第12回:戦争と日本-大正デモクラシーから国家総動員体制へ(仁井田)  ・戦前における政党政治の展開とその挫折 
25. 水曜日パート第13回:理解度確認テスト/どのように政治を学んでゆくか1?(松本)  ・水曜日パート第12回までの理解度確認テスト

・科学的な議論の方法:事象の記述と因果関係の推定 
26. 金曜日パート第13回:55年体制とポスト55年体制?-戦後日本の政治枠組(仁井田)  ・占領期から現在に至るまでの政治枠組の変遷 
27. 水曜日パート第14回:どのように政治を学んでゆくか2/水曜日パートまとめ(松本)  ・科学的な議論の方法:事象の記述と因果関係の推定

・全体を振り返りつつ水曜日パートをまとめる。 
28. 金曜日パート第14回:金曜日パートまとめ(仁井田)  ・全体を振り返りつつ金曜日パートをまとめる。 
29. 政治学をより深く学ぶために(仁井田・松本)  政治学をより学ぶために何が必要か、各パートを担当した2人の教員が改めて考察を加える。 
30. Q&Aセッション(仁井田・松本)  受講生からの質問に答える。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし(プリントを配布する)     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 改訂新版 現代日本の政治  久米郁男・河野勝  放送大学教育振興会 
2. 民主主義という不思議な仕組み  佐々木毅  ちくまプリマー新書 
3. 理解しやすい政治・経済―新課程版  松本保美  文英堂 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
・水曜日パート(松本)については、数回の抜き打ち小テスト(計6%)と1回の理解度確認テスト(14%)を実施する。

・金曜日パート(仁井田)については1回の理解度確認テストと1回のレポート提出(それぞれ10%、計20%)を実施する。

・第1回から第30回の内容を対象とした定期試験(60%)を実施する。

・正式な成績評価の方法・授業計画・注意事項等は、初回の講義にて配布する「詳細版シラバス」にて指示する。 
受講生へのメッセージ
・政治を学ぶ目的は、法律学とは違う角度から世の中を見る目を養うことや、より良き有権者となることなど様々です。しかし最も大事で面白いことは、政治を学ぶことを通じて、人間とは一体何なのかを知ろうとすることだと思っています。4年間、共に学ぶスタートとして、この科目に取り組んでほしいと思います。(松本)

・複数の人がいるところ、そこには必ず政治があります。だからこそ政治学は最も古い歴史を持つ学問の一つだと言われるのです。先人たちが政治に何を見いだし、そして失敗してきたのか、それを追体験する楽しさを、この講義ではできるだけ分かりやすく皆さんに伝えたいと思っています。(仁井田) 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 09:11


PAGE TOP