シラバス参照

科目名 基礎演習2 
担当者氏名

北見 宏介

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
その他の法学部の講義をしっかりと受けること。発表の担当に際しては、十分な準備をすること。
課題については、受領確認とともに、注意事項があればコメントを付して返信する。 
履修上の留意
講義時間内に発表に係る指示を行うことがあるので注意すること。 
授業の概要と目的
前期において法学部での勉強を経験した1年生向けに、調査のためのスキルを説明し、実際にそれを生かした発表を経験してもらう。(科目ナンバリングコード:LL11102)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
特になし 
到達目標
法学部における基礎情報と技術を習得し、それを発表に実践することができるようにする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  講義の進行、成績評価等の説明。 
2. 法律学の学習に関する再確認  六法の使い方、日本の裁判制度、判決文の構造の確認。 
3. 法学部と図書館  書籍と雑誌、論文と判例評釈、さらにその探し方についての概説。 
4. 発表(1)  グループによる発表と議論 
5. 発表(2)  グループによる発表と議論 
6. 発表(3)  グループによる発表と議論 
7. 発表(4)  グループによる発表と議論 
8. 発表(5)  グループによる発表と議論 
9. 発表(6)  グループによる発表と議論 
10. 発表(7)  グループによる発表と議論 
11. 発表(8)  グループによる発表と議論 
12. ※ゲストスピーカーとのゼミ  ※ここまでの間に少なくとも1回、ゲストの方をお呼びして、お話を聞く。 
13. ※雑誌記事検索データベースの使い方  ※ここまでの間に、附属図書館ガイダンス(雑誌記事検索データベースの使い方)を受講する(開講回は、附属図書館との調整による)。 
14. ※判例データベースの使い方  ※ここまでの間に、附属図書館ガイダンス(判例データベースの使い方)を受講する(開講回は、附属図書館との調整による) 
15. 法律学の試験と対策・この科目のまとめ  問題文の意味・意図と論述すべきこと。様々な便利な教材。総括、期末レポートの説明 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義とゼミの中間的形態で行う 
成績評価方法及び評価基準
期末レポート(70%)・発表(20%)に加えて、文献検索・論文検索・判例検索作業などを課題として複数回課す(10%)。 
受講生へのメッセージ
参加者の人数に応じつつ進行していきたいと考えている。必ず附属図書館利用者ガイダンスに複数回参加するので、シラバスの順序等を変更することがありうる。必ず1回は発表または集団討論を行ってもらう。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/01/25 18:48


PAGE TOP