シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

野上 博義

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
配布されたプリントに目を通しておくこと。特に、読み上げを担当する者は、「かまず、つまらず、眠らせないために」きちんと漢字を調べ、文意を理解し、元気よく読む練習をしておくこと。

プレゼンテーションの準備を怠らないこと。

レポートを2回書いてもらうが、その中から幾つかを取り上げ、授業の素材として全員で話し合いたいと考えている。 
履修上の留意
法学の勉強に必要なことは、まずは字が読めること、苦痛なく本が読めること、知的好奇心があること、何かを身につけたいというやる気があること、これぐらいである。特別な能力はいらない。皆が同じスタートラインにいるのだから、一歩一歩やっていけばいい。

この演習については、準備学習を怠らないこと、これに尽きる。

原則として、欠席は許さない。 
授業の概要と目的
多くの格言を通して、法の基本的な考え方、概念、用語に触れ、さらに具体的な問題について考える。(科目ナンバリングコード:LL11101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
法学入門・法の歴史入門 
到達目標
法学部生として、これからの学習の基本的部分を学び、今後について、何かやれそうな展望を持てればと思う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. アイスブレイク  自己紹介を交わしてなじむことと、演習の基本的な進め方の確認 
2. 法と強制  「社会あるところ法あり」「法的強制なき法規は自己矛盾であり、燃えざる火、輝かざる光である」などの格言について 
3. 法と目的・道徳  「目的はすべての法の創造者である」「法は倫理の最小限度にほかならない」などの格言について 
4. 「正義の女神」について、プレゼンテーション  「正義の女神」像の意味について、自分の解釈を述べる 
5. 法と権利  「権利とは法秩序によって与えられた意思の力、意思の支配である」「我々は我々の権利を悪意に用いてはならない」などの格言について 
6. 法と正義  「悪法も法なり」という格言について 
7. 「悪法も法なり」について、プレゼンテーションとレポート作成  「悪法も法なり」という考えについて、自分の考えをまとめる 
8. 図書館ガイダンス  図書館の利用方法について説明を聞き、実際に検索、閲覧する 
9. 裁判とは何か・その1  アメリカのホットコーヒー裁判についてビデオを見て、裁判とは何かを考える 
10. 裁判とは何か・その2  鈴鹿の「隣人訴訟」を通して裁判とは何かを考えると共に、判決の読み方を学ぶ 
11. 裁判とは何か、プレゼンテーションとレポートの作成  ホットコーヒー裁判、あるいは「隣人訴訟」について、意見を述べ、レポートにまとめる 
12. 模擬裁判のための事前学習  次週の模擬裁判で扱う仮想の事件を事前学習し、かつ裁判員裁判の意味と進め方を知る 
13. 模擬裁判  模擬法廷の教室を使い、まずは役割を分担して裁判を演じ、最後には全員が裁判官となり判決を下す 
14. 刑罰について考える  刑罰、特に死刑制度について、世界の流れに接しながら考える 
15. ミニ総括と展望のプレゼンテーション  大学に入学して4ヶ月、この間の自分について振り返り、これからの歩みを考える 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. リーガル・マキシム  吉原達也他編  三修社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点-授業参加度40% 発言頻度40% 授業態度20% 
受講生へのメッセージ
遅刻禁止。授業中の私語とスマホ使用の禁止。「飲」は可、「食」は不可。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/10/10 15:24


PAGE TOP