シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

杉浦 林太郎

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
報告の担当となった場合には、しっかりと準備をして授業に出席する(2時間程度)。また、授業の内容については、よく復習をし(2時間程度)、不明な箇所については担当教員に質問をする。 
履修上の留意
法学部の勉強は、最初につまづきがちなので、良いスタートを切るためにも、朝早い授業ではあるが、できるだけ遅刻や欠席をせずに出席し、課題等に積極的に取り組んで欲しい。 
授業の概要と目的
法学部の大学生としての学習方法や、文献を探したり、報告をしたり、レポートを書いたりするのに必要な技術の習得を目的とする。(科目ナンバリングコード:LL11101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
法学部の大学生になる 
到達目標
法学部の大学生として必要な能力を身に付ける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の進め方について説明をする。 
2. 自己紹介  各自、A4用紙1枚程度の自己紹介レジュメを作成し、3分程度で自己紹介を行う。 
3. グループごとの社会問題の検討  グループ分けをし、社会問題を題材に、グループ内でディスカッションを行う。 
4. 簡易なディベート  グループ対抗で、前週に検討した社会問題についての簡易なディベートを行う。 
5. 図書館ツアー  図書館の利用方法を知り、資料の見つけ方を学ぶ。 
6. 法律の種類と条文の調べ方  法律にはどのような種類のものがあるかを説明し、六法の利用方法を身に付ける。 
7. 法律用語の基礎知識  法律用語の基礎知識を学ぶ。 
8. 日本の裁判制度  日本の裁判制度について説明する。 
9. 判決の読み方  判決の種類や判決文の構成について説明をする。 
10. 法的な文章の書き方(1)  法的三段論法を学ぶ。 
11. 法的な文章の書き方(2)  法的三段論法を用いて、グループで簡単な法律の問題を解いてみる。 
12. 法的な文章の書き方(3)  レポートの作成方法について説明をする。 
13. グループ発表(1)  グループ毎に、調べた内容を報告をし、その後、全員で議論を行う。 
14. グループ発表(2)  グループ毎に、調べた内容を報告をし、その後、全員で議論を行う。 
15. まとめ  半年間の演習を振り返り、不十分だった箇所があれば補足する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. プリントを使用する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. リーガル・リサーチ&リポート〔第2版〕  田高寛貴ほか  有斐閣 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
報告や発言などの授業参加度(60%)とレポート(40%)の提出によって判断をする。出席が授業回数の3分の2以下の場合には欠格とする。 
受講生へのメッセージ
大学に入学したばかりなので、分からないことは自分だけではなくみんなが分からない、できないことはみんなができないことだと思って、恥ずかしがらずに積極的に授業に参加して欲しい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:56


PAGE TOP