シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

柳沢 雄二

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
裁判に関するニュースに関心を持つ。 
履修上の留意
 法律を学ぶに当たって最低限必要となる基礎知識について解説した上で,前半は裁判制度について学び,後半は民法総則の基本的な事項について説明する。

 演習では,担当教員から色々と質問をし,受講生に答えてもらうことを考えている。

 なお,演習には,必ず最新の六法を持ってくるようにしてほしい。 
授業の概要と目的
裁判制度および民法総則の基本的な事項を学習する。(科目ナンバリングコード:LL11101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
裁判入門と民法入門 
到達目標
日本の裁判制度および民法総則の基本的な事項について理解する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  演習の進め方を説明する。

法学入門として,簡単な設問を考える。 
2. 法律に慣れる  条文の読み方を知る。 
3. 日本の裁判制度  裁判所の種類や管轄についてビデオ映像を見る。

その直後に,復習テストを行う。 
4. 裁判員制度  裁判員制度に関するビデオ映像を見ながら,裁判員制度を知る。 
5. 刑事裁判の概要  刑事裁判にかかわる人々,刑事裁判の流れや,刑事裁判の重要な原則を知る。

模擬裁判に向けて,配役を決定する。 
6. 裁判傍聴  名古屋地方裁判所に実際に行き,本物の裁判を見る。 
7. 模擬裁判(1)  模擬裁判を実演する。 
8. 模擬裁判(2)  いくつかのグループに分かれて,評議を行う。 
9. 図書館ガイダンス(予定)  詳細は未定であるが,図書館ガイダンスを行う予定である。 
10. 民法入門(1)  民法の特徴を理解する。 
11. 民法入門(2)  前週の復習テストをまず行う。

民法の内容,権利の主体を理解する。 
12. 民法入門(3)  行為能力を理解する。

年齢による取扱いの違いについて,テーマごとに数名の担当者を決めて,グループを作る。 
13. グループ研究(1)  担当するテーマについて,グループごとに図書館で調査を行う。 
14. グループ研究(2)  次週のグループ報告に向けた準備として,情報処理教室で作業を行う。 
15. グループ報告  調査した内容をグループごとに報告し,質疑応答を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点(演習中の発言,課題の提出,復習テスト,受講態度)100% 
受講生へのメッセージ
 この演習の前半は,裁判制度について学びます。裁判は,法学部の勉強の中ではごく一部にすぎませんが,裁判制度に関心を持ってもらいたいと思います。

 また,後半は,後期の民法1の講義に先駆けて,民法総則の基本的な事項について説明します。民法は,1年生で学習する法律の中でも理解が大変だと思いますので,前期のうちに,基礎的な内容について触れておきたいと考えています。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:56


PAGE TOP