シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

柳 勝司

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
法学部で勉強をするという気持ちを持って臨んで欲しい。 
履修上の留意
 必ず、出席をすること。 
授業の概要と目的
 法律に興味をもち、人生の進路なども考える。(科目ナンバリングコード:LL11101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
 新しい自分の発見 
到達目標
 大学の生活に慣れ、充実した学生生活を送ることができるようになること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 法学部に入学したことの意義  法学部に入学した意義について考える。授業の受け方、単位の取り方、卒業要件などについて説明をする。 
2. 自己紹介1  参加者に自己紹介をしてもらう。入学後の抱負などについても、各自が話す。 
3. 自己紹介2  参加者に自己紹介をしてもらう。入学後の抱負などについても各自が話す。それに基づいて、話し合いをする。 
4. 自己紹介3  参加者に自己紹介をしてもらう。入学後の抱負などについても各自が話す。それに基づいて、話し合いをする。 
5. 自己紹介4  参加者に自己紹介をしてもらう。入学後の抱負などについても各自が話す。それに基づいて、話し合いをする。 
6. 自己紹介5  参加者に自己紹介をしてもらう。入学後の抱負などについても各自が話す。それに基づいて、話し合いをする。 
7. 図書館などの大学の施設の利用方法について  図書館などの施設の利用方法について説明をする。 
8. 裁判の傍聴  法律に興味を持つ方法の一つとして、可能であれば、裁判の傍聴をすることもしてみたい。 
9. 将来の進路について1  千賀修一先生寄付講座「法律入門」における講義を題材にして、将来の進路について話し合う。 
10. 将来の進路について2  千賀先生寄付講座「法律入門」における講義を題材にして、将来の進路について話し合う。 
11. 将来の進路について3  千賀先生寄付講座「法律入門」における講義を題材にして、将来の進路について話し合う。 
12. 将来の進路について4  千賀先生寄付講座「法律入門」における講義を題材にして、将来の進路について話し合う。 
13. 将来の進路について5  千賀先生寄付講座「法律入門」における講義を題材にして、将来の進路について話し合う。 
14. レポートの提出について   修学上あるいは生活上、今後は、文書を提出しなければならない機会が多くあるので、文書を書くということについて学んでもらう。差し当たって、本講義の最後には、レポートを提出してもらう。      
15. レポートの作成・提出   最後の時間には、本講義について、どのような感想をもったか、自身に入学してから、進歩はあったかなどについて、文書(レポート)を作成し、提出する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に示すことがある。     
授業方法の形式
ゼミ形式 
成績評価方法及び評価基準
レポート60%、発表態度20%、提出物20%。 
受講生へのメッセージ
 出席をして、皆と話しをすれば、親しい友達になると思われる。大学時代に、多くの友達をつくって欲しい。

  
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:56


PAGE TOP