シラバス参照

科目名 法制史1(日本法制史) 
科目名(英字) Legal History Ⅰ(Legal History of Japan) 
担当者氏名

代田 清嗣

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻修士課程 
学期 前期 
単位数



準備学習・事後学習
準備学習 : 講読文献の指定する範囲を,40分程度精読すること。
事後学習 : 各回終了後の所感,疑問などを5分程度でノートにまとめること。 
授業の概要と目的
 本演習では,受講者の修士論文執筆に資すると考えられる史資料を講読し,以って日本法制史に関する専門的知識を蓄えることを目的とする。 
到達目標
1. 法制史料を正確に解読することができるようになる。
2. 受講者の研究テーマに関する先行研究を精読し,学問的に批判できるようになる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 文献選定   受講者の関心を踏まえ,講読する文献を選定する。 
2. 法制史料の分析(1)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その1) 
3. 法制史料の分析(2)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その2) 
4. 法制史料の分析(3)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その3) 
5. 先行研究の分析(1)   選定した先行研究を精読,検討する。(その1) 
6. 先行研究の分析(2)   選定した先行研究を精読,検討する。(その2) 
7. 先行研究の分析(3)   選定した先行研究を精読,検討する。(その3) 
8. 法制史料の分析(4)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その4) 
9. 法制史料の分析(5)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その5) 
10. 法制史料の分析(6)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その6) 
11. 法制史料の分析(7)   選定した法制史料を翻刻,解読する。(その7) 
12. 先行研究の分析(4)   選定した先行研究を精読,検討する。(その4) 
13. 先行研究の分析(5)   選定した先行研究を精読,検討する。(その5) 
14. 先行研究の分析(6)   選定した先行研究を精読,検討する。(その6) 
15. 先行研究の分析(7)   選定した先行研究を精読,検討する。(その7) 
授業形態・方法
 演習 
成績評価方法及び評価基準
 平常点50%,報告50%。平常点は演習中の発言度を評価する。
 ただし,所定の報告を一回でも行わなかった者は欠格とする。 
その他(履修条件・関連科目など)
 後期開講の法制史2(日本法制史史料解題)と併せて受講することが望ましい。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 演習初回で指定する。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する。     
参考URL
1. 法制史学会ホームページ 教員が所属する学会のHP 
2. 国立国会図書館デジタルコレクション 法制史料の閲覧が可能 
3. 国立公文書館デジタルアーカイブ 法制史料の閲覧が可能 
画像
ファイル
更新日付 2019/02/25 12:47


PAGE TOP