シラバス参照

科目名 社会・地理歴史科教育法 
担当者氏名

伊藤 俊一

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教職・学芸員部門-教職専門科目 
備考 経営・都市:H26年度以前入学 



準備学習・事後学習
授業で指示するレポートや指導案作成の課題に取り組む。毎回、授業時間の2倍の自学自習をすること。 
履修上の留意
日本史・世界史・地理についての教科科目を履修していること。 指導案の考え方・書き方など、途中で欠席するとついて行けなくなるので注意すること。 
授業の概要と目的
中学社会科・高校地理歴史科について、教科の歴史、目標、学習指導要領の内容、学習指導案の構成方法、指導案と実践の実例について教授する。その上で受講生各自が指導案を作成し、基礎的指導力の育成につとめる。 
サブタイトル
到達目標
中学社会科・高校地理歴史科の目標と内容の理解。授業を設計し、学習指導案を作成する基礎的な能力。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  この授業の進め方、地理歴史・社会科教育の目的、将来の教育実習に向けて。 
2. 授業の実際  ベテラン教師の授業を分析する。 
3. 学習指導要領の解説  中学社会科・高校地理歴史科の学習指導要領の内容を解説し、各教科の目的と内容の概略を把握する。 
4. 学習指導案と教材研究  授業の設計図である学習指導案の構成について解説した上で、教材研究の段階と方法と、指導案を作成するにあたっての考え方を学ぶ。 
5. 学習指導案作成の考え方と書き方(高校1)  高等学校学習指導案の構成を説明した上で、教師による内容理解、生徒の状況の理解、指導要領上の位置づけ、指導目標等から構成される単元観の書き方を学び、実際に作成する。 
6. 学習指導案作成の考え方と書き方(高校2)  単元の各時毎の指導計画と目標を考える。また指導過程の書き方を学び、授業の正否を大きく左右する導入部分を作成する。 
7. 学習指導案作成の考え方と書き方(高校3)  指導過程の展開・まとめの部分を作成する。 
8. 学習指導案作成の考え方と書き方(中学1)  発問と発言によって組み立ててゆく中学の学習指導案の考え方を解説した上で、単元観・指導計画・目標の部分を作成する。 
9. 学習指導案作成の考え方と書き方(中学2)  指導過程の導入・展開・まとめの部分を発問と発言を主体にして作成する。 
10. 課題研究授業  「課題研究」を取り入れた授業の実践例について学び、授業案を作成する。 
11. ディベート、ロールプレイ  「ディベート」や「ロールプレイ」などを取り入れた授業の実践例について学び、授業案を作成する。 
12. シミュレーション、視聴覚教材  「シミュレーション」や様々な視聴覚教材を取り入れた授業の実践例について学び、授業案を作成する。 
13. 指導案の相互検討、教育実習の実際  優れた指導案の内容や教育実習の実際の体験について学ぶ。 
14. 世界の社会科教育  世界の社会科教育の実情、今後の地理歴史科・社会科教育のあり方について考える。 
15. まとめ  これまでの授業で学んだことについて、総括を行う 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 中学校学習指導要領  文部科学省  文部科学省 
2. 高等学校学習指導要領  文部科学省  文部科学省 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
授業中に指示する課題と、作成した指導案によって評価する。(100%) 
受講生へのメッセージ
教わる側から教える側へ、180度立場を変えるのは、皆さんが想像する以上に大変なことです。この授業では、まずその頭の切り替えをして行きます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/01/25 15:05


PAGE TOP