シラバス参照

科目名 第二言語習得論 
担当者氏名

藤原 康弘

全開講対象学科 外国語学部国際英語学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門基幹科目 
備考  



準備学習・事後学習
第二言語習得研究の入門書,馬場・新多(2016)の配当箇所を必ず予習してくること。なお,授業時には適宜、日本語および英語のプリントを配布する。毎回、授業時間の2倍の自学自習をすること。 
履修上の留意
この授業は一般学生向けである。履修は、教職課程履修者に限らない。 
授業の概要と目的
本講義の目的は,1)第二言語習得研究の入門書により、英語学習,指導の理論面を理解すること,そして2)その得た知識や理解を基に自身の英語学習法を再考することの2点である。
(ナンバリングコード:FE21306) 
サブタイトル
到達目標
授業のテーマは第二言語習得理論とその活用である。また、授業の到達目標は、学習者が第二言語・外国語を習得するプロセスについて基礎的な内容を理解し、授業指導に生かすことができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション:授業内容と評価  本授業の概略,および授業運営と評価方法に関する説明を聞く。 
2. 第二言語習得研究とは何か  SLA研究の射程、基礎用語の理解(EFL/ESL, linguistics, applied linguistics, L2 learners/users)を行う。 
3. 母語習得についての2つの理論  母語習得における生得的言語習得観と創発的言語習得観という2つのまったく異なる視点を理解し、コミュニケーションの大切さについて考える。 
4. 母語と第二言語の相互の影響:言語転移とリテラシー  母語が第二言語習得に与える言語的、かつ認知的な正負の影響について考える。 
5. 中間言語の特性:学習者コーパスと誤り分析  実際の学習者コーパスのデータを用いて,グループで誤り分析(identification, description, explanation, evaluation)を行い,内容について発表する。 
6. SLAの認知的アプローチ(インプット-インタラクション-アウトプット)(1)  SLAの中核を成すインプット仮説,インタラクション仮説,アウトプット仮説について理解を深める。 
7. SLAの認知的アプローチ(気づきと意識)(2)  言語使用や言語習得に関わる心理的側面,とりわけSLAにおける「気づき(noticing)」や「意識(consciousness)」の役割について理解を深める。 
8. SLAの2つの見方‐認知的アプローチと社会的アプローチ  個人主義的な認知的アプローチと社会的コンテクストをふまえる社会的アプローチを理解し、言語習得におけるアイデンティティの重要性を捉える。 
9. 第二言語習得研究と外国語研究―タスク中心アプローチ(1)  外国語教育法の変遷を概観し、近年のclassroom SLAにおいて注目を浴びるタスク中心アプローチを理解する。 
10. 第二言語習得研究と外国語研究―タスク中心アプローチ(2)  タスク中心アプローチをふまえて、実際に諸要因を考慮しながら、タスクを作成する。 
11. 個人差要因(1):外国語適性とパーソナリティ  外国語適性,性格などのSLAにおける個人差のある側面について理解を深める。 
12. 個人差要因(2):動機付け、学習方略  動機づけ,学習方略などのSLAにおける個人差のある側面について理解を深める。 
13. 臨界期仮説と児童英語教育  言語習得における「臨界期仮説」の諸研究を吟味し、児童英語教育の在り方について考察する。 
14. 複雑系理論のアプローチ  今までの内容をふまえると同時に,近年着目されつつある理論(特に複雑系理論)について理解を深める。 
15. 総括:レポート発表とディスカッション  自身の書いたレポートの内容を発表し,クラス内で議論する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. はじめての第二言語習得論講義‐英語学習への複眼的アプローチ  馬場今日子・新多了  大修館書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か  白井恭弘  岩波書店 
2. 英語教師のための第二言語習得論入門  白井恭弘  大修館書店 
3. 英語教育用語辞典  白畑知彦他  大修館書店 
授業方法の形式
講義、討論、演習、発表 
成績評価方法及び評価基準
1. 小テスト×3 (知識・理解:60%)、2.レポート (思考・判断:30%)、3) 質疑,討議への参加姿勢 (関心・意欲:10%)、以上、3点により総合的に評価する。授業回数の3分の1以上欠席した場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
第二言語習得論は,外国語学習を学習者の視点から科学する分野です。明日の皆さんの英語学習に役立つ知識や考え方の宝庫といってよいでしょう。しっかりと予習し授業後は今までの英語の授業や学習法などを振り返り,今後に活かしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/03/14 15:12


PAGE TOP