シラバス参照

科目名 基礎演習Ⅱ 
担当者氏名

ANANDA KUMARA

全開講対象学科 外国語学部国際英語学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール科目群 
備考  



準備学習・事後学習
全回の授業に出席し、演習に関して事前に出された課題は必ず取り組んで授業に臨むこと。授業中に展開される多様なアクティビティやタスクには積極的に取り組むこと。授業で学んだアカデミックスキルや調査に関する基礎的知識は自主的に振り返りをおこない、スキルの実践となる事後の課題には真面目に取り組み、課題提出は期限厳守で行うこと。毎回、授業時間の2倍の自学自習をすること。 
履修上の留意
以下に示す授業内容は、外国語学部で開講されるすべての「基礎演習Ⅱ」において共通して取り組む事項を上げたものにすぎません。これらの内容が、実際にどのような順番で、またどのような方法で取りあげられるかは、担当する教員によって異なります。また、以下に示す複数の内容が組み合わされて取りあげられる場合もあります。
この授業では、受講生の関心のある課題設定したうえで進めていきます。
従って、実際の授業の進め方に関しては、最初の授業で説明をよく聞いてください。 
授業の概要と目的
大学で必要とされる能力やアカデミックスキルを、文献や現場における調査、発表、討論などを通じて身につけるとともに、多様な考え方や物の見方があることを学びます。フィールドワークに関する基礎的知識を身につけ、課題の発見とその解決の方法を見出すことを支援します。必要に応じてアドバイスを受けながら、主体的に学ぶ力を身につけ、自律学習の基礎的な力を身につけることを目的としています。
(ナンバリングコード:FE11502) 
サブタイトル
大学で必要とされるアカデミックスキル及び課題発見・解決能力の修得 
到達目標
テーマの設定/資料の検索と収集の方法/参考文献の批判的読み方/資料を要約する仕方/調査の方法/データ収集と分析/討論の仕方/レポート・論文の作り方/発表(プレゼンテーション)の仕方などに関する基礎的な能力 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 授業のオリエンテーション  授業の概要を説明するとともに、この授業の全体的な進め方や評価の方法などを解説します。 
2. テーマを設定する  「問い」を見つけることから始まり、その問いを学問的「問い」へと変え、研究テーマを設定する方法を学びます。各自が関心あるテーマを取り上げ、共通した関心をもつメンバーで研究グループを作り、役割分担を決めます。フィールドワークについても議論を行います。 
3. クリティカル・リーディングの手法を学ぶ  テーマに関した文献を収集し、文献一覧を作成する。文献の読解においては、まず文献の性格を見極め、それを的確に読み、さらに解釈するといった批判的読解の方法を学びます。内容の要約と検証を行い、その結果をクリティカル・レビュー(書評)としてまとめてみます。 
4. テーマに関する討論と課題の抽出  グループごとに、各自が読解した文献を踏まえた簡単な発表をし、基礎知識や基本情報を共有するとともに、討論を通じてテーマに関する新たな課題を発見し、課題に取り組むための研究計画を立案します。 
5. 情報整理の方法を学ぶ  テーマに関して、各自が収集した情報を体系的に整理する手法として、研究ノートや情報カードなどの作成について学びます。KJ法やマインドマッピング法などを活用しながらアウトラインを作成していきます。そして、これから調査する研究課題のテーマの決定作業に入ります。(グループディスカッションを含む) 
6. 基本的な調査の方法を学ぶ  社会調査の基本として、多様な調査の特性と方法について学びます。文献類の調査、統計類の調査、聞き取り調査、ネットの調査など、研究の目的に応じて活用するやり方を理解します。(研究課題決定作業の続きを含む) 
7. 調査結果の分析と考察  適切な調査方法を用いて収集した情報やデータを分析し、その結果を考察していきます。グループごとに、各自が調査した資料やデータを踏まえた簡単な発表をし、討論を通じて研究課題に関する考察を深めていきます。研究課題決定。 
8. 研究成果の発表方法を学ぶ(1)  研究のアウトプットの形式として、口頭発表、文章による発表(レポート、小論文など)、その他の発表方法(ウェブ文書など)に関する基本的なスキルと重要性について理解します。レポートと感想文との違いを認識し、客観性や独自性の重要性を学びます。小グループに分かれ、研究課題に関する調査の本格的開始を行います。 
9. 研究成果の発表方法を学ぶ(2)  研究成果を伝える方法として、論旨が飛躍することなく、全体の構成や文章が明晰で、かつ論理的な展開で結論を導くことの重要性を学びます。必要に応じて、レポートやプレゼンテーションの作成に必要なデジタル情報技術も身につけます。グループワーク後、議論・調査内容の報告を行います。 
10. 研究発表の計画を立てる  それまでの参考文献・関連資料の収集やグループ内での討論を踏まえ、グループの発表の構想を練り、発表資料(スライドやレジュメなど)の作成や発表に関する分担を決めます。グループワーク後、議論・調査内容の報告を行います(継続)。小論文の構成を検討します。 
11. 論文・レポートをまとめる(1)  レポートの基本的構成やレポート作成の基本原則について学びます。文献の参照および引用の仕方など、レポート作成の基本的なルールについても理解していきます。グループワーク後、議論・調査内容の報告を行います(継続) 
12. 論文・レポートをまとめる(2)  レポートの書き方について、テキストに付随している書式の手引きを参照しながら、文献表記の方法についても具体的な事例を挙げながら学んでいきます。グループワーク後、議論・調査内容の報告行います。 
13. 研究発表会  各グループの研究成果の発表をします。(小論文作成の継続) 
14. 小論文の作成  研究調査及び研究発表の結果を踏まえ、論文の作成様式に基づいて小論文をまとめます。 
15. 学期の振り返りと2年次に向けた学習計画  これまでの学びを振り返り、各自が設定した学習目標の達成度合いを確認し、次年度以降の学習計画と目標設定を行います。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. アカデミック・スキルズ 大学生のための知的技法入門  佐藤望編著  慶應義塾大学出版会 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 文献調査法―調査・レポート・論文作成必携(第6版)   毛利 和弘  日本図書館協会 
2. 学生による学生のためのダメレポート脱出法  慶應義塾大学教養研究センター(監修)  慶應義塾大学出版会 
3. データ収集・分析入門  西山敏樹・鈴木亮子・大西幸周  慶應義塾大学出版会 
4. グループ学習入門 学びあう場づくりの技法  新井和弘・板倉杏介  慶應義塾大学出版会 
5. クリティカル・リーディング入門  大出 敦  慶應義塾大学出版会 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点(発言頻度20%、授業態度30%)と発表・レポート50%の合計で評価します。 
受講生へのメッセージ
前期の基礎演習Iで学んだ知識や課題解決のための手法を踏まえて、基礎演習Ⅱではさらに自分で問題を発見し、情報を収集し、問題を解決して、その結果を他人に伝える能力を高めていきます。1つは、小論文という文章形式での研究成果のまとめ方を学びます。もう1つは、グループ討議を踏まえて、口頭発表という形式での研究成果の効果的な伝え方を学んでいきます。どちらも、本学での今後の学びにおいて重要であるとともに、留学した場合、海外の大学では必須のアカデミックスキルとなりますので、しっかり修得してください。この授業では、一部フィールドワークなどを導入しながら、PBL形式での取り組みを行います。学内外でのフィールドワーク活動も導入予定です。実施日に関しては授業内で紹介します。授業の進状況を見ながら、スケジュールの入れ替えや内容の変更を行う場合があります。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/01/21 17:40


PAGE TOP