シラバス参照

科目名 現代に生きる 
担当者氏名

ANANDA KUMARA

岩井 眞實

大野 栄治

全開講対象学科 外国語学部国際英語学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-基軸科目 
備考  



準備学習・事後学習
各課題に関する情報を、書籍やインターネットなどで事前に確認すること。毎回、授業時間の2倍の自学自習をすること。 
履修上の留意
ほぼ毎回小テスト(小レポート提出を含む)を行います。
データ・資料などはWebClassでも提供することがあります。 
授業の概要と目的
現代について正しく理解することは、将来の自分のあり方を見出す手がかりとなります。本講義は、社会科学、人文科学、自然科学の分野における現代社会が直面している様々な課題について学びながら、学習への動機づけを促し、自ら学ぶ意欲を醸成するとともに、外国語学部の教養教育の導入として、基礎的なものごとの捉え方や考え方を身につけ、主体的な学びの礎を養うことを目的とします。
(ナンバリングコード:FE10001) 
サブタイトル
到達目標
現代社会における様々な課題の中から ①「グローバル化・国際化」 ②「地球温暖化」 ③「日本人・その文化の特色」の3つを選び、それらの課題に対する理解を高めることを目標とします。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 「グローバル化時代について」(アーナンダ クマーラ)  現在、ヒト・モノ・金・情報は、国という境目を越えて活発的に動いている時代です。本講義では、それぞれの動きは、我々の生活にどのような影響を与えるのかを分析します。 
2. 「若者の国際協力活動について考える」(アーナンダ クマーラ)  日本は、開発途上国の発展のために様々な貢献を行っている中、日本の若者の活躍も大いに期待されている部分があります。本講義では、青年海外協力隊の活動に焦点を当て、若者の活躍ぶりに対する理解を深めます。 
3. 「国際協力とNPO活動」(アーナンダ クマーラ)  日本政府は開発途上国の様々な課題を解決するために協力を行っている中、民間人の活動も大きな貢献を行っています。本講義では、NPOやNGOなどの民間団体の活動に焦点を当て、我々一人一人が世界の発展のためのどのように貢献することができるのかについて考えます。 
4. 「超国家時代の企業活動について」(アーナンダ クマーラ)  先進国の企業は、他の先進国だけでなく開発途上国にまで生産やマーケティング活動を拡大しています。本講義では、アジアに焦点を当て、超国家企業の活動を理解するとともに、海外における日系企業活動の在り方について学びます。できれば、超国家企業の担当者から話を聞く機会も設けたい。 
5. 「インフラストラクチャーと住民生活について考える」(アーナンダ クマーラ)  社会基盤と訳されるインフラストラクチャーは、実は、道路や電機などの目に見える側面のほかにも広がります。この講義では、その詳細について学びます。 
6. 「地球温暖化のメカニズム」(大野 栄治)  地球温暖化のメカニズムを解説するとともに、地球温暖化の将来予測を紹介します。また、簡単なレポート課題を提示します。 
7. 「地球温暖化の影響(1)」(大野 栄治)  地球温暖化による自然・生態系(海海面上昇、ブナ林)への影響を解説します。また、簡単なレポート課題を提示します。 
8. 「地球温暖化の影響(2)」(大野 栄治)  地球温暖化による自然災害(渇水、洪水、高潮)への影響を解説します。また、簡単なレポート課題を提示します。 
9. 「地球温暖化の影響(3)」(大野 栄治)  地球温暖化による健康被害(熱中症、感染症)への影響を解説します。また、簡単なレポート課題を提示します。 
10. 「地球温暖化の対応戦略」(大野 栄治)  緩和策(排出削減と吸収増大)と適応策(撤退、順応、防護)の考え方を解説します。また、簡単なレポート課題を提示します。 
11. 「演技する人間」(岩井 眞實)  人間は日常を演技し、その演技をTPOによって使い分ける動物であることを紹介します。 
12. 「演技のアプローチ」(岩井 眞實)  演技の2つのアプローチ、「感情移入型」と「他者表現型」について学習します。 
13. 「『型』の文化」(岩井 眞實)  「他者表現型」の演技に代表される日本独特の「型」の文化について学びます。 
14. 「民俗と日本人」(岩井 眞實)  日本古来の民俗・習俗と現代日本の生活との関係について学びます。 
15. 「娯楽と日本人」(岩井 眞實)  日本人が享受してきた娯楽、特に演劇・映画・テレビの歴史について学びます。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし。必要に応じて適宜資料配布します     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし。     
授業方法の形式
3名の講師が、リレー形式で講義を行います。 
成績評価方法及び評価基準
(ア)授業態度・小テストは40%(イ)レポート試験は60% をもとに総合的に評価を行います。 
受講生へのメッセージ
積極的に発言をしたがる履修生を歓迎します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/03/14 17:15


PAGE TOP