シラバス参照

科目名 人間学総論 
担当者氏名

船田 秀佳

伊藤 俊一

加藤 昌弘

笠井 尚

水尾 衣里

和田 実

櫻井 龍彦

原田 知佳

BEECH PHILIP STEPHEN

加茂 省三

塩﨑 万里

畑中 美穂

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 1年次 
クラス 水曜・1限 
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限 前期 水曜日 1時限
部門 専門教育部門-基礎科目 
備考  



準備学習・事後学習
人間学総論は、受講者に主体的な学びを求める新しい形態の授業です。受講者は、講師の講義内容を聴くだけの受け身の姿勢ではなく、テーマについて自ら考え、議論や討論に積極的に参加する姿勢が求められます。そこで、事前学習としてシラバスにある各回の授業内容をよく確認し、関連することを自主的に予習してきてください。事後学習としては、授業中に指示された課題の作成はもちろんですが、授業内容を振り返って、議論や討論で意見を表明できるよう復習してください。授業時間の2倍の自主学習をすること。 
履修上の留意
第1回ガイダンスには必ず出席すること。 平常点で評価する授業なので、授業に欠席すると点数にならない場合があるので留意すること。 新しい授業形態のため、社会・教育系(第2回~第5回)、国際・コミュニケーション系(第6回~第9回)、心理系(第10回~第13回)、全体討論(第14回~第15回)の4つの区分それぞれで独自の評価方法をおこなうので、授業でよく確認すること。 
授業の概要と目的
本科目はカリキュラムポリシー②に位置する。この授業は、これから人間学部で学ぶみなさんに人間学への扉を開く導入科目です。人間学とは、まだ発展途上の学問ですから、人間学を簡潔に定義することは容易ではありません。それでも、人間学の中に「人間性」(ヒューマニティ)の探求が含まれていることは確かでしょう。  人間学部の3つの系「心理」、「社会・教育」、「国際・コミュニケーション」は、「人間性」を探求する側面のひとつともいえます。3つの系それぞれとても多様ですが、3つの系の間にはつながりがあります。さらに系の中にある多様な分野の間にもつながりがあります。みなさんは、こうした多様さとつながりを理解しながら、「人間性」を探求していきます。それぞれの系では共通テーマが設定されています。複数の講師により人間学の多様さを学ぶと同時に、それらのつながりを各系の「まとめの討論」で、みなさんが考え議論し共有します。そして授業全体のまとめとして「アイデンティティと社会」とのテーマで全体討論をし、みなさんと一緒に「自分らしさ」や「人間らしさ」を問いながら、人間性の探究を進めます。(科目ナンバリングコード:HH11001) 
サブタイトル
人間学を探究し、多様さとつながりを理解する 
到達目標
人間学部の専門科目の導入科目として、人間学部での専門研究へと発展する基本的な知識や考えを習得し、テーマについて受講者が自ら考え、周りの受講者と議論して意見を共有し、人間学の多様さとそれらのつながりについて理解を深めることができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 4月3日 ガイダンス 担当:笠井 尚  ガイダンス 授業の進め方を紹介します。 
2. 4月10日 社会・教育系共通テーマ:都市のシンボルと人間 担当:水尾 衣里  人間は建築に包まれて生活し、建築の集まりが都市を形成しています。人間は建築と無関係では生きていけないものであり、人間にとっても大切なものです。建築、都市計画の視点から私たち人間の暮らしや社会を考えてみましょう。 
3. 4月17日 社会・教育系共通テーマ:都市のシンボルと人間 担当:伊藤 俊一  日本の城郭は都市の中心にあり、石垣の上に木造の建物が建っていますが、世界的には特殊です。城を中心とする城下町の基本構造は400年を経た現代日本の都市に引き継がれています。日本の城と城下町の成り立ちについて紹介します。 
4. 4月24日 社会・教育系共通テーマ:都市のシンボルと人間 担当:笠井 尚  地域の核としての学校のあり方や、市民の学習と教育施設の関係について考えてみましょう。 
5. 5月8日 社会・教育系共通テーマ:都市のシンボルと人間 担当:水尾 衣里、伊藤 俊一、笠井 尚  系のまとめの討論:名古屋城などの都市のシンボルの価値は何か、それをどう保存、創出、活用して行くかについて、観光や財政負担などの諸条件も含めて討論します。 
6. 5月15日 国際・コミュニケーション系共通テーマ:国境を越える 担当:加藤 昌弘  国際系のシリーズでは「世界に目を向けよう」をテーマに、日本〜アメリカ~イギリスのトライアングルで「国境を越える」経験を考えます。初回はアメリカ〜イギリスです。 
7. 5月22日 国際・コミュニケーション系共通テーマ:国境を越える 担当:PHILIP STEPHEN BEECH  国際系のシリーズ2回目は、イギリス~日本の国境を越える経験について考えます。 
8. 5月29日 国際・コミュニケーション系共通テーマ:国境を越える 担当:船田 秀佳  国際系のシリーズ3回目は、日本~アメリカの国境を越える経験について考えます。 
9. 6月5日 国際・コミュニケーション系共通テーマ:国境を越える 担当:船田 秀佳、加藤 昌弘、PHILIP STEPHEN BEECH  系のまとめの討論:国際系の全3回の講義をふまえて、国境を越えること、異文化体験・理解・交流において何が重要なのかについて、グループ討論を行います。 
10. 6月12日 心理系共通テーマ:心と身体の関係について考える 担当:和田 実  ストレスが生じるメカニズムについて考える。 
11. 6月19日 心理系共通テーマ:心と身体の関係について考える 担当:畑中 美穂  ストレスの個人差について考える。 
12. 6月26日 心理系共通テーマ:心と身体の関係について考える 担当:塩﨑 万里  ストレスをコントロールする方法について考える。 
13. 7月3日 心理系共通テーマ:心と身体の関係について考える 担当:和田 実、畑中 美穂、塩﨑 万里  系のまとめの討論:3回の講義内容をふまえて、心と身体の関係についてグループディスカッションし、最後に自分の見解をまとめます。 
14. 7月10日 全体討論テーマ:アイデンティティと社会 担当:加茂 省三、原田 知佳、櫻井 龍彦  アイデンティティと社会について、「自分らしさ」というキーワードをもとに、心理学、社会学、国際関係学の立場から、3名の講師が講義をし、次回討論の課題を設定します。 
15. 7月17日 全体討論テーマ:アイデンティティと社会 担当:加茂 省三、原田 知佳、櫻井 龍彦  「自分らしさ」を巡って、学生がグループ討論を行い、課題に取り組みます。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に適宜指示     
授業方法の形式
講義と討論 
成績評価方法及び評価基準
社会・教育系(第2回~第5回)、国際・コミュニケーション系(第6回~第9回)、心理系(第10回~第13回)、全体討論(第14回~第15回)の4つの区分それぞれ25点配当とし、それらの合計点で評価します。出席は加点しませんが、欠格制度を適用します。 
受講生へのメッセージ
人間学を探求するファーストステップです。ぜひ一緒に考えましょう。 
参考URL
1. 授業中に適宜指示   
画像
ファイル
更新日時 2019/02/28 09:55


PAGE TOP