シラバス参照

科目名 情報工学の世界 
担当者氏名

旭 健作

佐川 雄二

高橋 友一

田中 敏光

中野 倫明

向井 利春

柳田 康幸

山田 啓一

山田 宗男

山本 修身

吉川 雅弥

渡邊 晃

宇佐見 庄五

亀谷 由隆

川澄 未来子

小中 英嗣

鈴木 秀和

坂野 秀樹

水沼 洋人

全開講対象学科 理工学部情報工学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-情報工学専門科目 
備考 毎回、授業時間の2倍の自学自習時間が求められます。 



準備学習・事後学習
準備学習:HPに用意されている教材を読み,知らない単語をチェックする事.
事後学習:自宅学習課題を考える事. 
履修上の留意
この授業科目では教室での講義とオープンラボをすべて受講し,講義中に指示のあるレポートの提出,小テストの受験などをしなければならない. 
授業の概要と目的
【概要】1年次の大学生に情報工学という学問分野への導入を図ることを目的として,情報工学科のプログラム制を構成する情報デバイス,情報処理,情報メディア,情報通信,の4分野にわたって具体例を引用しながら情報工学における重要な項目の解説を行う.
【目的】1年次の大学生に情報工学という学問分野への導入を図ることを目的とする.(科目ナンバリングコード:TJ11104) 
サブタイトル
情報工学と情報工学科で学ぶことへの入門 
到達目標
情報工学科の教育分野である情報デバイス,情報処理,情報メディア,情報通信の4分野の概要を知り,数学・物理など基礎科目との関わりを理解し,自分が将来すすむべき方向を考える機会を与える. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 「情報工学の世界」オリエンテーション,および, フィードバック制御  科目「情報工学の世界」の目的,概要,実施方法などについて説明する.また,「情報デバイスプログラム」を紹介し,フィードバック制御についてロボットを例に説明する.
【到達レベル】「情報工学の世界」受講の目的を理解する.また,フィードバック制御の概念を理解する
【担当者】 向井 利春 
2. 数学モデル  電気回路と機械要素の基本的な数学モデルと,より複雑なロボットの数学モデルを説明する.
【到達レベル】数学モデルの作成を理解する.
【担当者】 向井 利春 
3. センシング技術  ロボットのビジョンセンサ,超音波センサ,力センサなどを例にセンサの動作原理を説明する.
【到達レベル】センサにおける信号変換を理解する.
【担当者】 向井 利春 
4. アルゴリズム  コンピュータ上で効率よく計算する仕組みを学ぶ.
【到達レベル】基本的なアルゴリズムについて理解できる.
【担当者】 水沼 洋人 
5. 人工知能  人工知能の分野からトピックを取り上げて紹介する.
【到達レベル】取り上げたトピックの概要を理解する.
【担当者】 山田 啓一 
6. パターン認識  パターン認識の分野からトピックを取り上げて紹介する.
【到達レベル】取り上げたトピックの概要を理解する.
【担当者】 山田 啓一 
7. 情報メディアとコミュニケーション  情報メディアとは何か,コミュニケーションとの関係について説明する.
【到達レベル】情報メディアとコミュニケーションの関係を理解する.
【担当者】 柳田 康幸 
8. ユーザインタフェースの歴史と現状  人間がコンピュータに対して指示を与え,結果を得る一般的なやり方,すなわちユーザインタフェースの歴史と現状について学ぶ.
【到達レベル】現在のユーザインタフェースへ至る流れが理解できる.
【担当者】 柳田 康幸 
9. これからのコンピュータとメディア関連技術  人間中心の考え方に基づき,将来のコンピュータと人間との関係について考察し,そのために必要となる技術分野について紹介する.
【到達レベル】情報メディアに関連する各技術分野の概要を理解する.
【担当者】 柳田 康幸 
10. パケット交換システム  パケット交換のしくみ,LANのしくみ
【到達レベル】パケット交換のしくみが理解できる
【担当者】 渡邊 晃 
11. インターネット  インターネットのしくみと課題
【到達レベル】インターネットのしくみが理解できる
【担当者】 渡邊 晃 
12. インターネットの課題  インターネットの課題とその解決策
【到達レベル】インターネットの課題とその解決策を理解できる
【担当者】 渡邊 晃 
13. 総括  指定された土曜日の3限に開講する.大学での勉強と就職へ向けての目標設定(キャリアップ).
【到達レベル】情報工学科の卒業生が活躍できる分野を理解し,自分の将来に向けて目標設定ができる.
【担当者】 吉川 雅弥 
14. オープンラボ(1)  指定された土曜日の4限に開講する.スケジュールに従って(1)、(2)を通じて情報工学科の研究室4カ所を訪問し,教員・大学院生・先輩から直に話を聞いて研究室で行われている研究内容について見聞を深める.
【到達レベル】情報工学科で実施されている大学院および卒業研究の概要を理解する.
【担当者】 全教員 
15. オープンラボ(2)  指定された土曜日の5限に開講する.スケジュールに従って(1)、(2)を通じて情報工学科の研究室4カ所を訪問し,教員・大学院生・先輩から直に話を聞いて研究室で行われている研究内容について見聞を深める.
【到達レベル】情報工学科で実施されている大学院および卒業研究の概要が理解できる.
【担当者】 全教員 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 情報工学の世界  情報工学科教員  学科より配布 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
この科目の講義は,4名の教員によるオムニバス方式で行う.各教員の担当時とオープンラボ時にレポート,または小テストを課す.これらの評価の合計点(100点満点)が60点以上を合格とする. 
受講生へのメッセージ
13, 14, 15回の総括とオープンラボは,6月後半の3, 4, 5限に実施する. 
参考URL
1. 情報工学科ローカルサイト  
画像
ファイル
更新日時 2018/12/27 17:45


PAGE TOP