シラバス参照

科目名 卒業研究 
担当者氏名

旭 健作

佐川 雄二

高橋 友一

田中 敏光

中野 倫明

向井 利春

柳田 康幸

山田 啓一

山田 宗男

山本 修身

吉川 雅弥

渡邊 晃

宇佐見 庄五

亀谷 由隆

川澄 未来子

小中 英嗣

鈴木 秀和

坂野 秀樹

水沼 洋人

全開講対象学科 理工学部情報工学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-情報工学専門科目 
備考  



準備学習・事後学習
数学,プログラミングなどの情報工学の基礎科目を復習しておくこと.
各研究室の研究分野に関連した専門科目を履修し,理解しておくこと. 
履修上の留意
卒業研究は,情報工学科所属の教員の研究室に配属されて行う.配属先の研究室は,所定の研究室配属手続きを経て3年次の終わりに決定される.研究室の受入れ人数には上限があるので,希望の研究室に配属されないこともある.
卒業研究着手条件を満たさないと卒業研究を開始できず,研究室に正式配属されない.学生便覧を確認し,十分注意すること. 
授業の概要と目的
卒業研究は,それまで授業,演習,実験などで培った能力や知識をベースにし,各人でテーマを設定し,そのテーマについて1年間行うもので,工学教育の真髄である.卒業研究に力の限り取り組むことによって自分のその後の人生が決まるといっても過言ではない.情報工学科の各研究室の研究分野を以下に示す.(科目ナンバリングコード:TJ41109) 
サブタイトル
情報工学教育の集大成 
到達目標
卒業研究のテーマを決めるときに併せてその到達目標もそれぞれに設定し,それに向けて研究を進める.各研究室ごとに,中間発表,月次発表などを適宜行い,研究を進める.成果は論文にまとめる.2月中旬の卒業研究発表会で研究成果を報告する. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 各研究室の研究分野  各研究室の研究内容 
2. 旭研究室
知的信号処理・情報通信システム 
センシング,信号処理,無線通信技術などに関する研究
【到達レベル】主体的に研究に取り組み,その成果をまとめ,発表できる. 
3. 宇佐見研究室
情報通信工学 
誤り訂正符号とその復号法,無線通信方式に関する研究
【到達レベル】設定した研究テーマに対し,教員および他のメンバーと協調しつつ遂行できる. 
4. 小中研究室
制御システム工学 
ハイブリッドシステム理論,システム制御に関する研究
【到達レベル】論理的な議論・質問方法の習得,検証方法の習得(以下のうち少なくとも一つ:(1)数学に基づいた論証,(2)シミュレーションによる検証,(3)実験装置の設定および実験による検証) 
5. 佐川研究室
自然言語処理 
自然言語とのコミュニケーションの基礎と応用に関する研究
【到達レベル】自然言語処理に関する論文を理解できる.簡単な自然言語処理システムを実装できる. 
6. 鈴木研究室
ユビキタスコンピューティング 
IoT(Internet of Things),モバイルワイヤレスネットワーク,クラウドなど,ユビキタス/パーベイシブコンピューティングシステムに関する研究開発
【到達レベル】当該分野に関連する研究を主体的に取り組み,その成果を他者に発表できる. 
7. 高橋研究室
人工知能、ヒューマンロボットインタフェース 
マルチエージェントシステム、災害時の避難シミュレーション、レスキューロボットシステム関連の研究開発
【到達レベル】研究室の課題を通し,問題の提案,検討内容の報告ができる能力を身につける. 
8. 田中研究室
コンピュータグラフィックス 
コンピュータグラフィックス(CG)の要素技術の研究,CGを使ったインタフェースやシステムの研究.教育・訓練システムの研究.
【到達レベル】CGの基礎が理解できる.CGを使った簡単なシステムやインタフェースが作成できる.研究成果をプレゼンテーションすることができる. 
9. 向井研究室
触覚センサ,生体信号処理,介護支援ロボット 
触覚センサを使った呼吸・心拍などの生体情報を取得するシステムや介護支援ロボットの研究
【到達レベル】触覚センサ出力のパターン処理,信号処理を行なうことで,求める情報を抽出する方法や,触覚情報で介護支援ロボットを制御する方法を習得する.課題を解決して研究としてまとめ,発表できる能力を身につける. 
10. 中野研究室
人間工学・認知工学・視聴覚情報処理 
視覚・認知とその応用(運転行動,運転能力,高齢者支援,視界視認性,ディス
プレイ,HMI)に関する研究開発
【到達レベル】ヒューマンインタフェースや人間工学の基礎を理解し,人間の測
定・評価を実施できるレベルを目指す.プレゼンやコミュニケーションの能力も
訓練する. 
11. 坂野研究室
音声音響情報処理 
音声・音響情報の信号処理に関する研究
【到達レベル】音声音響情報処理の基礎知識を身に付けるとともに,基本的な研究開発の方法を理解する. 
12. 水沼研究室
ソフトコンピューティング 
ファジイORとその応用に関する研究
【到達レベル】あいまいさを含むシステムのモデル化,およびその解析に関する基礎が理解できる. 
13. 柳田研究室
バーチャルリアリティ 
人間の五感を利用する入出力インタフェースに関する研究
【到達レベル】五感のいずれかに関わる入出力インタフェースについて,基礎を理解し,当該分野に関連する課題に取り組み,成果を発表できる. 
14. 山田(啓)研究室
パターン認識 
パターン認識とその応用に関する研究
【到達レベル】指導者の助言のもとで小規模な研究活動が実行できる. 
15. 山田(宗)研究室
画像情報処理・ヒューマンインタフェース 
画像情報を主としたセンシング技術とその応用に関する研究
【到達レベル】画像処理に基づく認識技術の修得と各種センシングへの応用ができるレベル. 
16. 山本研究室
アルゴリズム・探索・列挙 
幾何学的アルゴリズムをはじめとする種々のアルゴリズムとその効率に関する研究および運動選手の評価など数学的手法の応用に関する研究
【到達レベル】各研究テーマに従って,自ら研究を進め,必要に応じてそのためのソフトウェアを企画,開発し,最終的に結果を適切にまとめて発表することのできるレベルに到達することを目標とする. 
17. 吉川研究室
計算機工学 
SoC(デジタルシステムを1チップに集積したLSI)の設計,及び設計自動化技術に関する研究
【到達レベル】簡単なアルゴリズムをハードウェアへ実装できるレベルを到達目標とする. 
18. 渡邊研究室
通信ネットワーク、セキュリティ 
ユビキタスネットワークのシステム構成法,ネットワークセキュリティの研究開発
【到達レベル】企業においてネットワークに係わる研究開発を主動できる. 
19. 川澄研究室
感性工学・色彩工学 
製品・商品に対する人間の感性やユーザビリティの計測・評価とその応用に関する研究
【到達レベル】研究テーマを立案して必要な実験を計画・実施し、その成果を発表できる。 
20. 亀谷研究室
機械学習・データマイニング 
機械学習・データマイニングの方法論とその応用に関する研究
【到達レベル】 機械学習・データマイニング技術の基本知識を身につけ,主体的に研究を進め,自らの考えや実験結果を他者に説明できる. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 研究室ごとに設定する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 研究室ごとに設定する     
授業方法の形式
研究 
成績評価方法及び評価基準
(1)卒業論文を提出する,(2)卒業研究発表会予稿集の原稿を提出する,(3)卒業研究発表会(予備日を含む)でプレゼンテーションする,の3項目を満たすことを評価の条件とする.(ただし,特に考慮すべき事情がある場合は,この限りではない.) 
卒業研究の評価は,配属先の研究室が定める到達レベルに対する達成度によって行う.卒業論文30%,卒研発表20%,その他(ゼミ,中間報告,日々の研究の取り組みなど(評価項目は研究室により異なる))50%で評価する. 
受講生へのメッセージ
研究とは未解決の課題に取り組むことであり,社会に出てから遭遇するであろう問題解決の縮図である.正解は誰にもわからず,基本的に正解が決まっている座学での勉強とは全く異なるものである.研究では,自分から能動的に調査したり開発したりする姿勢が求められる.大学生活の醍醐味は研究にあり,充実した研究を行えば一生の宝物になると言っても過言ではない.大学生活の締めくくりとして,積極的に取り組んで欲しい. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2018/12/26 17:47


PAGE TOP