シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3 
担当者氏名

橋場 俊展

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 選択必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:文献リストの作成、資料収集・読解など、卒業論文作成に向けての準備(学習時間2~3時間程度)
事後学習:卒業論文経過報告に対する指導、卒業論文原稿に対するコメントを踏まえ卒論準備作業あるいは卒論執筆を進める(学習時間2~3時間程度) 
履修上の留意
経営学関連の専門科目を積極的に履修すること。適宜、相談に乗るが、各自が主体的に研究、発表、そして執筆することが基本である。 
授業の概要と目的
本授業はCP3およびDP2に該当する。
テーマ設定、章の構成、資料収集、批判的読解と要点整理、経過報告、論文執筆、脚注や参考文献一覧作成等、卒業論文執筆の指導を行い、論文を完成させることが本ゼミの目的である。卒業論文執筆のための研究進捗状況に関するプレゼンテーションがゼミ活動の基本となる。講義内容を補足し理解を深めるため、適宜、外部講師による講演を実施する場合もある。(科目ナンバリングコード:経営BB41701、国際BI41801) 
サブタイトル
3年間にわたる専門研究の集大成 
到達目標
人的資源管理に関する専門書等の文献・資料を渉猟し、論文を執筆する過程で、学び、深く考察することのしんどさと喜び、そして達成感を体験することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  本ゼミナールの目的や進め方について説明する 
2. 予備報告(1)  テーマ選択に向けて関心の所在と問題意識を報告(1) 
3. 予備報告(2)  テーマ選択に向けて関心の所在と問題意識を報告(2) 
4. 研究テーマ報告(1)  研究テーマと問題意識、研究計画について報告(1) 
5. 研究テーマ報告(2)  研究テーマと問題意識、研究計画について報告(2) 
6. 研究テーマ報告(3)  研究テーマと問題意識、研究計画について報告(3) 
7. 研究テーマ報告(4)  研究テーマと問題意識、研究計画について報告(4) 
8. 資料収集指導(1)  研究テーマに関わる資料収集の方法について指導(1) 
9. 資料収集指導(2)  研究テーマに関わる資料収集の方法について指導(2) 
10. 卒論経過報告(1)  収集し、読み込んだ文献をベースにした経過報告(1) 
11. 卒論経過報告(2)  収集し、読み込んだ文献をベースにした経過報告(2) 
12. 卒論経過報告(3)  収集し、読み込んだ文献をベースにした経過報告(3) 
13. 卒論経過報告(4)  収集し、読み込んだ文献をベースにした経過報告(4) 
14. 卒論経過報告(5)  収集し、読み込んだ文献をベースにした経過報告(5) 
15. 前期のまとめ  前期の総括と夏期休暇中に取り組むべき課題の明確化 
16. 後期ガイダンス  後期のゼミ運営方針を説明 
17. 予備論文報告(1)  夏期休暇中に作成した予備論文の内容報告とそれを受けての指導(1) 
18. 予備論文報告(2)  夏期休暇中に作成した予備論文の内容報告とそれを受けての指導(2) 
19. 予備論文報告(3)  夏期休暇中に作成した予備論文の内容報告とそれを受けての指導(3) 
20. 予備論文報告(4)  夏期休暇中に作成した予備論文の内容報告とそれを受けての指導(4) 
21. 卒論経過報告(6)  予備論文の精緻化(1) 
22. 卒論経過報告(7)  予備論文の精緻化(2) 
23. 卒論経過報告(8)  予備論文の精緻化(3) 
24. 卒論経過報告(9)  予備論文の精緻化(4) 
25. 卒論経過報告(10)  予備論文の精緻化(5) 
26. 卒業論文報告(1)  完成論文の報告と最終修正(1) 
27. プレゼンコンテスト  プレゼンコンテストに参加し研究成果を聴講 
28. 卒業論文報告(2)  完成論文の報告と最終修正(3) 
29. 卒業論文報告(3)  完成論文の報告と最終修正(4) 
30. まとめ  3年間の専門ゼミを総括 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜紹介する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点20%(授業態度、課題への取り組み状況、発現頻度等を総合的に勘案)、論文80% 
受講生へのメッセージ
卒業論文という形で、ゼミ3年間は元より、4年間にわたる大学での学びの成果が問われます。胸を張って卒業できるよう、最善を尽くしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/11/12 14:05


PAGE TOP