シラバス参照

科目名 専門ゼミナール2 
担当者氏名

橋場 俊展

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 選択必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:テキストの該当章についてキーワード等の下調べや要約を行うこと(学習時間2時間程度)
事後学習:ゼミ討論時に提示された疑問点や教員から指示のあった課題について次回授業時に回答できるよう準備を行う(学習時間2時間程度) 
履修上の留意
人的資源管理論、ワーク・ライフ・バランス論、経営管理史、 現代経営管理論など経営学関連科目の履修を推奨する。 
授業の概要と目的
本授業はCP3およびDP2に該当する。
本授業の目的は、専門ゼミナール1と同様、まず第1に、人的資源管理の思想や具体的制度ならびに関連する法律など人的資源管理の基礎的な知識を習得すること。第2に、昨今の人的資源管理の有り様・特徴を概観し人的資源管理の実際を理解すること。そして第3に、以上の成果を踏まえたうえで、仕事と私生活の両立(いわゆるワーク・ライフ・バランス)や男女共同参画社会といった国民的課題の実現にあたって人的資源管理はどうあるべきかを考察すること、以上となる。ただし、専門ゼミナール1とは異なり、事例紹介とその分析に重きを置く。なお、グループワークと報告を踏まえてのディスカッションがゼミ活動の基本となる。講義内容を補足し理解を深めるため、適宜、外部講師による講演を実施する場合もある。(科目ナンバリングコード:経営BB31701、国際BI31801) 
サブタイトル
人的資源管理論の理論と実際 
到達目標
人的資源管理の変遷とその社会的影響について事例を踏まえ理解することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  演習の進め方、テキスト指定、自己紹介など 
2. テキスト第1章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト1章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析 
3. テキスト第2章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト2章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析 
4. テキスト第3章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト3章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
5. テキスト第4章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト4章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
6. テキスト第5章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト5章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
7. テキスト第6章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト6章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
8. テキスト第7章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト7章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
9. テキスト第8章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト8章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
10. テキスト第9章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト9章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
11. テキスト第10章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト10章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
12. テキスト第11章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト11章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
13. テキスト第12章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト12章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
14. テキスト第13章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト13章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
15. テキスト第14章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト14章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
16. テキスト第15章の分担発表とそれを踏まえた討論  テキスト第15章の内容報告と全体での議論、テキスト内容に即した事例の紹介と分析、テキストで学んだことを総括(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
17. プレゼンコンテストおよびインゼミに向けての準備作業  グループ分けおよびグループごとの研究テーマ設定(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
18. 研究テーマ報告(1)  研究テーマとその概要報告(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
19. 研究テーマ報告(2)  研究テーマとその概要報告(日本学生経済ゼミナール、通称インゼミに向けての準備を並行して実施) 
20. プレゼンコンテストおよびインゼミの経過報告(1)  各グループによる経過報告と質疑応答 
21. プレゼンコンテストおよびインゼミの経過報告(2)  各グループによる経過報告と質疑応答 
22. プレゼンコンテストおよびインゼミの経過報告(3)  各グループによる経過報告と質疑応答 
23. プレゼンコンテストおよびインゼミの経過報告(4)  各グループによる経過報告と質疑応答 
24. プレゼンコンテストおよびインゼミの経過報告(5)  各グループによる経過報告と質疑応答 
25. プレゼンコンテストおよびインゼミに向けての最終報告(1)  各グループによる研究成果の最終報告と講評 
26. プレゼンコンテストおよびインゼミに向けての最終報告(2)  各グループによる研究成果の最終報告と講評 
27. インゼミおよびプレゼンコンテスト参加  インゼミおよびプレゼンコンテストに参加し、これまでの研究成果を発表するとともに、他大学ゼミと討論し、名城大学経営学部他ゼミのプレゼンテーションを聴講する 
28. 個人研究テーマの概要報告(1)  パワーポイントを利用した個人研究概要のプレゼンテーションと質疑応答 
29. 個人研究テーマの概要報告(2)  パワーポイントを利用した個人研究概要のプレゼンテーションと質疑応答 
30. まとめ  総括とレポート提出 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 講義時に指示する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 講義時に指示する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
課題やプレゼンテーションに取り組む姿勢、プレゼンテーションの質50%、レポート50% 
受講生へのメッセージ
昨年の専門ゼミナール1同様、人的資源管理論に関する基礎文献の輪読、グループ単位でのインゼミ、プレゼンコンテスト準備作業、及び個人研究報告という手順で授業を進めていきます。あらゆるゼミ活動に自発的・積極的に取り組み、後輩たちの規範となるよう努めてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/11/12 14:04


PAGE TOP