シラバス参照

科目名 刑事政策 
担当者氏名

伊藤 博路

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-刑事法部門 
備考  



準備学習・事後学習
事前学習:1時間程度、次回の範囲を読んでくること。事後学習:授業の内容を2時間程度確認すること。 
履修上の留意
1回目の授業で詳細を説明する。他の学生に迷惑をかけるような行為は慎むこと。六法とテキストを持参すること。 
授業の概要と目的
刑事政策は、犯罪の原因を探り、犯罪をコントロールすることを目的とした学問といえる。まず、前提としてわが国の犯罪情勢を統計に基づいて理解する必要がある。次に、可能な限り、人がなぜ犯罪を行うのかの解明を試みる。すべての犯罪の原因を明らかにすることはできないが、原因が解明できなければ対策が不可能となるということではない。そこで、再犯の防止にはどのような処遇が効果的なのかといった問題を考えていく。また、犯罪被害者の視点からの検討も加える。授業は教科書の内容を中心に進める。適宜、説明を補充し、裁判例なども取り上げる。授業計画については、進行を調整することがある。(科目ナンバリングコード:LL31402) 
サブタイトル
犯罪の原因とその対策の探求 
到達目標
わが国の犯罪情勢を理解し、学問的知見に基づき犯罪対策について考えることができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 刑事政策の意義と課題  ガイダンス、刑事政策の意義と対象、刑事政策の課題 
2. 犯罪の情勢(1)  犯罪情勢の分析方法(1―犯罪統計と暗数) 
3. 犯罪の情勢(2)  犯罪情勢の分析方法(2―治安水準の指標) 
4. 犯罪の情勢(3)  日本の犯罪情勢 
5. 犯罪原因論(1)  初期の犯罪原因論、犯罪原因論の展開 
6. 犯罪原因論(2)  犯罪学の転換、犯罪学の新しい動向 
7. 刑罰と保安処分(1)  総説、死刑 
8. 刑罰と保安処分(2)  自由刑、財産刑、資格制限 
9. 刑罰と保安処分(3)、犯罪化と非犯罪化  保安処分、犯罪化と重罰化、非犯罪化 
10. 小括(1)  知識の確認や裁判例、最近の問題の検討などを行う 
11. 犯罪者の処遇(1)  総説、司法的処遇 
12. 犯罪者の処遇(2)  施設内処遇(総説、受刑者の矯正処遇) 
13. 犯罪者の処遇(3)  施設内処遇(受刑者の法的地位、不服申立制度、行刑運営の透明性確保、行刑への民間の関与) 
14. 犯罪者の処遇(4)  社会内処遇(総説、仮釈放、保護観察) 
15. 犯罪者の処遇(5)、犯罪の予防  社会内処遇(更正緊急保護、新たな施設内処遇)、犯罪予防政策の展開、犯罪予防の理論と手法 
16. 犯罪被害者の保護と支援(1)  犯罪被害者のための施策の展開、犯罪被害者の保護と救済(刑事手続における犯罪被害者の法的地位) 
17. 犯罪被害者の保護と支援(2)  犯罪被害者の保護と救済(刑事手続外における被害者の保護と救済) 
18. 犯罪被害者の保護と支援(3)  修復的司法 
19. 小括(2)  知識の確認や裁判例、最近の問題の検討などを行う 
20. 少年非行(1)  少年非行の動向、少年法の基本理念、少年事件に係る手続 
21. 少年非行(2)  非行少年の処遇、少年法改正の歴史、その他の対策 
22. 暴力団犯罪(1)  暴力団と暴力団犯罪、暴力団対策(暴力団対策法、組織的犯罪対策三法及び近年の立法の動向) 
23. 暴力団犯罪(2)、薬物犯罪  暴力団対策(組織的犯罪処罰法等の改正と国際組織犯罪防止条約の批准、総合的対策)、薬物犯罪の現状、薬物犯罪への対策 
24. 精神障害者の犯罪(1)  精神障害者の犯罪と処遇制度の概要、精神保健福祉法上の措置入院制度、医療観察法の成立(1) 
25. 精神障害者の犯罪(2)  医療観察法の成立(2) 
26. 高齢者による犯罪、ファミリー・バイオレンス(1)  高齢者による犯罪の現状、高齢犯罪者に対する処遇、高齢者犯罪対策の課題、ファミリー・バイオレンスの現状、虐待防止三法 
27. ファミリー・バイオレンス(2)、交通犯罪  刑事司法における対応、今後の課題、交通犯罪の意義と特色、悪質・重大な交通犯罪への対応、交通犯罪の特色に応じた対応、交通犯罪者の処遇、交通犯罪への対応 
28. 犯罪の国際化  犯罪の国際化の意味、犯罪の主体の国際化、犯罪の国際化への対応 
29. 小括(3)  知識の確認や裁判例、最近の問題の検討などを行う 
30. まとめ  授業の総括を行う 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 刑事政策  川出敏裕・金光旭  成文堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
定期試験(100%)により評価する。 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/01/17 12:08


PAGE TOP