シラバス参照

科目名 刑事訴訟法 
担当者氏名

伊藤 博路

全開講対象学科 法学部法学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-刑事法部門 
備考  



準備学習・事後学習
事前学習:1時間程度、次回の範囲を読んでくること。事後学習:授業の内容を2時間程度確認すること。 
履修上の留意
1回目の授業で詳細を説明する。他の学生に迷惑をかけるような行為は慎むこと。六法とテキストを持参すること。 
授業の概要と目的
刑事手続の大まかな流れ、刑事訴訟法の基礎知識を理解する。講義では、基本的事項を中心に説明し、テキストを用いて重要判例を検討する。最近の刑訴法改正の動向や諸外国の状況等についても触れたい。授業計画については、進行を調整することがある。(科目ナンバリングコード:LL31401) 
サブタイトル
到達目標
刑事訴訟法の手続の概要を理解し、基本的事項を説明できる。具体的事例の妥当な解決を考えることができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 刑事手続の概観  ガイダンス、刑事手続の流れ、刑事訴訟法の意義と目的 
2. 刑事裁判の関与者  裁判所(裁判官、公平な裁判所)、検察官(検察官の役割、司法警察職員との関係)、被告人・弁護人(被告人の意義、刑事弁護人制度の意義) 
3. 捜査の端緒(1)  捜査の意義、捜査の原則(任意捜査の原則、捜査比例の原則)、捜査の端緒(告訴、告発) 
4. 捜査の端緒(2)  捜査の端緒(職務質問、所持品検査) 
5. 任意捜査  写真撮影、おとり捜査、尾行、張り込み等の法的性格及び許容範囲 
6. 捜索・差押え(1)  令状主義、報道機関と押収拒絶権、令状による捜索・差押えの要件、場所・目的物の特定の程度 
7. 捜索・差押え(2)、検証、鑑定、令状によらない捜索・差押え、検証  必要な処分、検証・鑑定の意義、体液等の採取、令状主義の例外を認める趣旨とその要件 
8. 通信傍受(盗聴)、強制採尿  通信傍受(盗聴)、強制採尿の許容範囲、令状の種類を含むその要件 
9. 逮捕  逮捕の意義、逮捕状の性質、逮捕の種類・要件(通常逮捕、現行犯逮捕、緊急逮捕)、逮捕のための実力行使、準抗告 
10. 勾留  勾留の意義、逮捕前置主義、勾留の要件、勾留手続、勾留の場所・期間、勾留理由開示、勾留取消請求 
11. 別件逮捕・勾留  逮捕・勾留の一回性の原則、別件逮捕・勾留の判断基準 
12. 被疑者の取調べ等  被疑者取調べの意義と性格、被疑者取調べ受忍義務、余罪の取調べ、被告人の取調べ、第三者の取調べ、証人尋問 
13. 被疑者の防御権と捜査の終結(1)  被疑者の黙秘権(告知、範囲、法的効果、刑事免責) 
14. 被疑者の防御権と捜査の終結(2)、公訴の提起  接見交通権、接見指定の要件、任意の取調べと接見指定、捜査の終結、公訴提起の諸原則(国家訴追主義と起訴独占主義、起訴法定主義と起訴便宜主義)、不当な起訴・不起訴に対する抑制、訴訟条件(意義・種類、公訴権濫用論) 
15. 起訴状  起訴状と起訴状一本主義、訴因制度、訴因の特定、訴因の予備的・択一的記載 
16. 訴因変更  訴因変更の主体、訴因変更の要否、訴因変更の限界、訴因変更命令 
17. 公判手続(1)  公判準備(弁護人の選任、保釈、公判前整理手続、証拠開示) 
18. 公判手続(2)  直接主義、口頭主義、公平な裁判所、訴訟指揮権、被害者 
19. 証拠  証拠能力と証明力、厳格な証明と自由な証明、自由心証主義、挙証責任―疑わしきは被告人の利益に  
20. 証拠調べ  証拠の意義・種類、証拠調べ手続 
21. 非供述証拠  関連性、悪性格の立証、科学的証拠(ポリグラフ、声紋鑑定、DNA鑑定等) 
22. 違法収集証拠  違法収集証拠の排除法則の意義と根拠、違法収集証拠の基準 
23. 自白の任意性  黙秘権と自白法則、自白法則の根拠 
24. 自白の信用性、共犯者の自白と補強証拠  自白の証明力の判断方法、自白の証明力の判断基準、自白の補強法則、共犯者の自白と補強法則、共犯者の自白は本人の自白と同視できるか 
25. 伝聞証拠  伝聞証拠の意義、伝聞と非伝聞の区別 
26. 伝聞法則の例外(1)  例外のための要件、321条1項各号の書面の許容要件 
27. 伝聞法則の例外(2)  検証調書・鑑定書、特信書面、同意書面、再伝聞、証明力を争う証拠等 
28. 簡易な手続、一事不再理効  簡易公判手続の要件と方法―アレインメントとの関係、略式手続の要件と方法、裁判の既判力、一事不再理効の及ぶ範囲 
29. 上訴、再審、非常上告  不利益変更の禁止、控訴審の構造と対象、再審の理由と手続、非常上告の理由と手続 
30. まとめ  総括を行う 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 刑事訴訟法判例百選  井上正仁ほか編  有斐閣 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
定期試験(100%)により評価する。 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/01/17 12:06


PAGE TOP