シラバス参照

科目名 応用演習1 
担当者氏名

伊藤 博路

全開講対象学科 法学部法学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考  



準備学習・事後学習
事前学習:1時間程度、次回の範囲を読んでくること。事後学習:授業の内容を2時間程度確認すること。 
履修上の留意
1回目の授業には必ず出席すること。遅刻・無断欠席は禁止。45分以上の遅刻2回で欠席1回とみなす。授業回数の3分の1を超えて欠席した者は欠格となり、成績評価しない。答えを教えてもらおうというのではなく、自ら考えて答えを導き出そうという意欲のある学生を求める。 
授業の概要と目的
テキストを通読しながら、刑事訴訟法の基礎を学ぶ。主として捜査から公訴手続の範囲を扱う。裁判例や刑事訴訟法の改正による新制度についても取り上げたい。授業時間の最後に、学習したテーマについて簡単な文章(コメント)を書いてもらう(8回程度を予定)。(科目ナンバリングコード:LL21101) 
サブタイトル
刑事訴訟法入門 
到達目標
刑事訴訟法の基礎を理解し、基本事項を説明できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  自己紹介、授業の進め方について 
2. 捜査とは  テキストの通読と問題点の検討 
3. 捜査の方法・実行  テキストの通読と問題点の検討 
4. 被疑者の逮捕  テキストの通読と問題点の検討 
5. 勾留  テキストの通読と問題点の検討 
6. 小括  知識の確認、裁判例の検討などを行う 
7. 捜索・差押え・検証(1)  テキストの通読と問題点の検討 
8. 捜索・差押え・検証(2)  テキストの通読と問題点の検討 
9. その他の捜査手段  テキストの通読と問題点の検討 
10. 小括  知識の確認、裁判例の検討などを行う 
11. 被疑者の防御(1)  テキストの通読と問題点の検討 
12. 被疑者の防御(2)  テキストの通読と問題点の検討 
13. 公訴提起の手続  テキストの通読と問題点の検討 
14. 公訴提起の方式  テキストの通読と問題点の検討 
15. まとめ  授業の総括を行う 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 入門刑事手続法  三井誠・酒巻匡  有斐閣 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
授業での発言(30%)、授業態度(30%)、コメント(40%)により評価する。授業回数の3分の1を超えて欠席した者は欠格となり、成績評価しない。45分以上の遅刻2回で欠席1回とみなす。 
受講生へのメッセージ
刑事訴訟法を学ぶための入門的な科目として位置づけている。授業では、刑事訴訟法の入門書を読み進めながら、基礎的な知識を確認する。演習科目なので、分かりにくいところや、最近の問題についても取り上げ、話し合えるようにしたいと考えている。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2018/12/12 11:40


PAGE TOP