シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

代田 清嗣

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習 : 各回で指定するテキストを,30分程度で読んでおくこと。
事後学習 : 各回終了後の所感などを15分程度でノートにまとめること。 
履修上の留意
 演習形式で行われる本科目は,受講生による活発な発言と議論とをその主たる構成内容とする。したがって各受講生には,明確な問題意識をもち,能動的に情報を取得して報告と議論に備えることが要求されている。 
授業の概要と目的
 おもに,指定したテキストについての報告を担当者から受け,然る後全員で議論を行う。これによって,大学における学習方法と,法について考える習慣とを身につける。
(科目ナンバリングコード:LL11101) 
サブタイトル
 法のありかたと人のありかた 
到達目標
1. 大学生として求められるレベルの資料収集や報告ができるようになる。
2. 他者との対話から,自身の考えを洗練させることができるようになる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション   授業の進め方についてのガイダンスを行う。 
2. 大学と法学部の歴史   中世ヨーロッパに始まる大学と,その中核的な学部の一であった法学部の歴史を概観し,我々が大学で法を学ぶ歴史的意義について考える。 
3. 図書館ガイダンス   図書館でガイダンスを受け,大学における資料収集の基本的手法を身につける。 
4. 資料提示   陪審制度に関する映像資料を提示し,その内容について意見交換を行う。 
5. 裁判員裁判   担当者による報告を受け議論する。前回提示された映像資料も参考にしつつ,日本における裁判員制度の概要,特徴などについて理解する。 
6. 法の適用に関する通則法(1)   担当者による報告を受け議論する。法の適用に関する通則法の条文を概観しつつ,これと関連する法的問題について考える。(その1) 
7. 法の適用に関する通則法(2)   担当者による報告を受け議論する。法の適用に関する通則法の条文を概観しつつ,これと関連する法的問題について考える。(その2) 
8. 法諺の世界   担当者による報告を受け議論する。世界各地にある法諺を紹介し,その背景にある社会・文化の様相との関連について考える。 
9. 法と文学   担当者による報告を受け議論する。文学作品に現れた法について紹介し,生活に根付く法について考える。 
10. 『テロ』を読む(1)   「第一幕」前半について担当者から報告を受け,全員でその内容を検討する。 
11. 『テロ』を読む(2)   「第一幕」後半について担当者から報告を受け,全員でその内容を検討する。 
12. 『テロ』を読む(3)   「第二幕」について担当者から報告を受け,全員でその内容を検討する。 
13. 『テロ』を読む(4)   「有罪評決」「無罪評決」それぞれについて担当者から報告を受け,全員でその意味内容を検討する。 
14. 『テロ』を読む(5)   あとがきに相当する「是非ともつづけよう」の内容も踏まえながら,全員で本書の内容を振り返り,意見を交換する。 
15. 法学の意義と未来   これまでの議論を踏まえながら,法学部で何を学ぶべきかについて意見交換を行い,法を学ぶ意義とその未来について考える。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 『テロ』  フェルディナント・フォン・シーラッハ  東京創元社 
2. その外,適宜指定する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜提示する。     
授業方法の形式
 演習 
成績評価方法及び評価基準
 平常点50%,報告内容50%。平常点は積極的な情報収集と授業参加を評価する。
 ただし,所定の報告を1回でも行わなかった者は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
 さまざまな情報を基に自分なりの考えをまとめるとともに,他者の考えにも耳を傾け,自分の考えを洗練させることに楽しみを覚えてほしい。 
参考URL
1. 特になし。   
画像
ファイル
更新日時 2019/01/21 14:55


PAGE TOP