シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

伊川 正樹

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考  



準備学習・事後学習
各講義で出される課題に確実に取り組むこと(1時間程度)。
また、グループ・ワークをしっかりとこなすこと。 
履修上の留意
 人と議論することが好きなこと。また、それが苦手だがそのような能力を身につけたいと思っている学生を望みます。
 無断欠席3回で欠格とします。また、遅刻2回で欠席1回とみなします。
 勉強に対する意欲のあることが履修要件です。 
授業の概要と目的
文章を読み、書き、議論することの3つの内容を実施する。
すべて受講生自身が取り組むことが前提となる。
それによって、法律問題について議論する力、自分の考えを表現する力を身につける。(科目ナンバリングコード:LL11101) 
サブタイトル
「読み、書き、話す」を通じて、「法学部での勉強の仕方」を身につける。 
到達目標
自分の意見を主張し、他人の意見を客観的に聞くことができる能力を身につける。法律問題を議論することができるようになる。基本的なプレゼンテーション能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  講義の進め方。講義の目的。自己紹介。 
2. 他己紹介  2人1組で他己紹介を行い、学び合う仲間と親しい関係を築く。 
3. ディスカッション1  法律問題、社会問題について全員で議論をしてみよう。 
4. ディスカッション2  議論を通じて、自分と違う考え方があることを知り、視野が広がり多角的に物事を見ることができるようにする。 
5. レポート作成法  大学生のレポートとはどのようにして書けばよいのかについて考える。 
6. レジュメ作成法  調べたことをレジュメとしてまとめるにはどのようにすればよいのかについて考える。 
7. 論理的思考法1  論理的な考え方を身につける。 
8. 論理的思考法2  法的三段論法を身につける。 
9. 図書館ガイダンス  大学図書館の利用法を受講し、資料の調べ方を身につける。 
10. グループ発表の準備  グループでテーマについて調べた内容について発表するための準備を行う。 
11. グループ発表1  テーマについて調べた内容をわかりやすく伝えることを心がけながら、グループで発表を行う。 
12. グループ発表の振り返り  グループ発表を振り返り、何ができて何ができなかったのかを分析し、次回に向けて改善できるように準備を行う。 
13. グループ発表の準備  グループでテーマについて調べた内容について発表するための準備を行う。 
14. グループ発表2  1回目の発表の振り返りを踏まえて、グループで調べたまとめた内容について発表する。 
15. まとめ  この講義における取組みを通じて、どの程度、またどのような力が自分についたのかを確認する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜、指示または配布する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 熟考する力  木山泰嗣  大和書房 
2. 伊藤真の法学入門  伊藤真  日本評論社 
3. 君たちはどう生きるか  吉野源三郎  岩波文庫 
授業方法の形式
演習および講義 
成績評価方法及び評価基準
平常点(講義での発言・グループワークへの参加度合)50%、レポート等の提出物50%で評価する。理由なき欠席3回で欠格とする。遅刻2回を欠席1回とみなす。 
受講生へのメッセージ
 卒業後の進路が明確であれば望ましいのですが、漠然と法律をまじめに勉強したいと考えている学生も歓迎します。反対に、授業に真面目に取り組まない学生には、厳しく対応します。
 ともかく、「しっかり勉強する」姿勢が大切です。
 質問があればメールを送ったり、研究室を訪れて聞いたりしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/01/24 13:17


PAGE TOP