シラバス参照

科目名 有機化学1 
担当者氏名

松儀 真人

全開講対象学科 農学部応用生物化学科
年次 1年次 
クラス C・D 
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
次回の授業範囲を指定テキストにより予習し、専門用語の意味などを理解しておくこと。

毎回、講義時間の2倍の自学自習をすること。

定期試験については、講評、解説を纏めた模範解答を天然物有機化学研究室前に掲示する。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
質問がある場合にはその場ですぐに質問するよう心掛けること。毎回、最初に問題を解かせ到達理解度を確認する。なお、受講生の到達度の程度によってはシラバス通りに進行しない場合もある。

遅刻、居眠りなど受講に相応しくない行為は厳禁。 
授業の概要と目的
様々な有機化合物の性質や反応、有機電子論の基礎について最新の話題を織り交ぜながら講義する。ある課題に対してグループによる発表形式での討論も行うとともに、製薬会社での有機合成経験を活かし、講義で学ぶ各種有機反応を生物活性物質合成に関連付ける実践的教育を行う。

膨大な有機化学の内容の中から大切なポイントを押さえて、有機化学の基礎原理を修得することを目的とする。

本科目は DP2、CP2 に該当する。

(科目ナンバリングコード:AB11402) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
有機化学的論理の基盤づくり 
到達目標
有機化学の基礎及び応用的思考力を修得し、簡単な化学反応を電子の矢印の動きで説明できるようになること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 有機化学を学ぶにあたって  有機化学の歴史(生体をかたちづくる炭素化合物、化学は神の領域へ)

現代有機化学の位置づけ/ナノキッズ 
2. 有機化学の基礎  原子の電子配置(DemocritusからThomson, Bohr, Heisenbergへ)/結合性分子軌道と反結合性分子軌道/ 共有結合と Lewis 構造式

理解度の確認:練習問題 
3. 有機化学の基礎  混成軌道と分子の形/結合の極性と電気陰性度/周期表

理解度の確認:練習問題 
4. 有機化学の基礎  誘起効果(I効果)と共鳴効果(M効果)

理解度の確認:練習問題 
5. 有機化学の基礎  酸性と塩基性の強さ/電子の矢印と反応機構の表記/水素結合/二重らせんとセレンディピティ/水素結合理論の医薬品への応用

理解度の確認:練習問題 
6. 有機化合物の構造  芳香族化合物の電子構造 (ケクレの夢, ヒュッケル則)

フロストサークル法による芳香族分子の分子軌道論的解釈

理解度の確認:練習問題 
7. 有機化合物の構造  異性体とその種類/鏡像異性体と不斉炭素/ものが見えるしくみ

理解度の確認:練習問題 
8. 有機化合物の構造  有機化学反応の分類と進み方(反応座標)/ノーベル賞学者達の論争

理解度の確認:練習問題 
9. 有機化合物の構造  アルカンの物理的性質/生体分子としてのアルカン/IUPAC 命名法/分子間力(ファンデルワールス力, π-πスタッキング, CH-π 相互作用)

理解度の確認:練習問題 
10. 有機化合物の構造  アルケンの構造と結合(Cahn-Ingold-Prelog則)/アルケンの相対的安定性/アルケンの物理的性質/アルキンの構造と結合/アルキンの相対的安定性/アルキンの物理的性質

理解度の確認:練習問題 
11. 有機化合物の反応  アルケンへの付加反応(その1)Markovnikov 則と anti-Markovnikov 則/Markovnikov 則と置換基効果

理解度の確認:練習問題 
12. 有機化合物の反応  アルケンへの付加反応(その2)ハロゲン分子の付加/水素添加反応/ヒドロホウ素化とノーベル化学賞/電子欠損オレフィンに対する求核的付加(Michael付加)

理解度の確認:練習問題 
13. 有機化合物の反応  アルケンの生物学的有用性/脂肪の代謝経路とMichael付加/メタセシス反応とノーベル化学賞

理解度の確認:練習問題 
14. 有機化合物の反応  芳香族化合物の反応/フリーデルクラフツ反応/モノ置換ベンゼンの配向性/ベンザイン経由型反応

理解度の確認:練習問題 
15. 有機化学1のまとめ  最先端研究のトピックスと共に有機化学1を総括した後、課題を与え、議論する。

理解度の確認:練習問題

ディスカッション:課題について話し合う 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「キーノート有機化学」  Andrew F. Parsons  東京化学同人 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「ウォーレン有機化学」  野依良治他(訳)  東京化学同人 
2. 「ボルハルトショアー現代有機化学」  大嶋幸一郎他(訳)  化学同人 
3. 「立体電子効果(三次元の有機電子論) 」  A. J. カービー/鈴木啓介(訳)  化学同人 
4. 「有機反応機構」  Peter Sykes/久保田尚志(訳)  東京化学同人 
5. 「有機化学のための分子間力入門」  西尾元宏  講談社 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
到達理解度を確認するための定期試験(100%)。但し、出席回数が授業日数の 2/3 に満たない場合は、欠格として試験の受験資格を認めない。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
本講義ではできるだけわかり易い授業を心掛け、非専門の人達にも興味をもってもらえるような内容にしたいと思っています。有機化学の世界は単純なルールに支配された奥の深いとても面白い世界です。そこにはたくさんの驚きや感動が待ち受けています。本講義により有機化学の世界に興味を持ち、有機化学を好きになってくれることを望みます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:12


PAGE TOP