シラバス参照

科目名 基本簿記【2年次以上】 
担当者氏名

深谷 善治

田代 樹彦

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門基礎部門 
備考  



準備学習・事後学習
授業の準備学習として授業計画に示されているテキストの指定範囲の範例を確認(2時間程度)して授業に臨んでください。
授業の事後学習として授業の2倍の4時間の自学自習時間を確保し、授業中に確認したテキストの範例の再確認と問題集の演習を行い、知識の定着を図ってください。 
課題・定期試験に対するフィードバック
小テストについては授業内で継続的に解説及び質問対応等を行います。
定期試験については講評及び解説等を学務システムの「講義連絡」により追・再試験終了後に送信します。 
履修上の留意
講義は積み上げ式で進めていきます。以前の内容がわからないと今回の講義内容が理解できないことがあります。日頃より反復練習が必要です。講義内容の理解はもちろんですが、問題演習を必ず実施してください。「わかる」から「できる」を心掛けて学習してください。     
・下記のテキスト及び問題集で講義を行いますので教材の準備をしてください。
・講義資料(レジュメ、問題集解き直し用、小テスト問題等)をWebClassより事前に準備してください。
・講義内で毎回電卓を使用します。12桁の電卓を持参してください(10桁の電卓も可)。
・私語は厳禁です。騒がしいと判断した場合は、質問があるとみなして該当者に質問の有無を問うこともあります。
・20分以上の遅刻は3回で1回の欠席となります(段階的に学習を積み上げていくため100%の出席を期待します)。 
授業の概要と目的
本学の立学の精神(穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する)のもと、法人企業を前提とした簿記3級の内容を勉強します。
簿記の基本原理や会計処理を学習することにより社会人として役立つ知識を身に付け、さらに簿記の問題を実践的に解答することによりコスト感覚・利益感覚を身に付けていくことを目的とします。 
アクティブ・ラーニング
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP2およびDP2に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
なし 
科目ナンバリングコード
経営BB11001、国際BI11001 
サブタイトル
将来に役立つ簿記 
到達目標
本講義の到達目標は、日商簿記検定3級合格レベルの会計処理、帳簿記入、試算表・精算表の作成及び損益計算書・貸借対照表の作成ができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス
第1章 簿記の目的 
基本簿記を学習する意義(必要性)と学習方法を理解する。
簿記の意義と目的、会計期間を学ぶ。
 テキスト:P.2~P.3 
2. 第1章 簿記の目的  財政状態、貸借対照表を学ぶ。
経営成績、損益計算書を学ぶ。
 テキスト:P.4~P.11、問題集:問題1-1~問題1-4 
3. 第2章 簿記一巡  簿記一巡の手続き、取引の記録方法、勘定の記入を学ぶ。
仕訳の法則、勘定口座への記入方法を学ぶ。
 テキスト:P.14~P.20、問題集:問題2-1~2-3 
4. 第2章 簿記一巡  主要簿(仕訳帳と総勘定元帳)と補助簿を学ぶ。
試算表の種類と作成方法を学ぶ。
 テキスト:P.21~P.35、問題集:問題2-5~2-7
 ※課題:小テスト第1回〔仕訳・勘定記入〕 
5. 第2章 商品売買1  小テスト第1回の解説。
商品売買(3分法)、売掛金・買掛金、返品の仕訳を学ぶ。
仕入帳・売上帳、売掛金元帳・買掛金元帳の記帳を学ぶ。
 テキスト:P.38~P.50、問題集:問題3-1~3-10 
6. 第3章 商品売買2  仕入諸掛・販売諸掛、前払金・前受金の仕訳を学ぶ。
受取商品券の記帳を学ぶ。
 テキスト:P.52~P.57、問題集:問題4-1~4-6
 ※課題:小テスト第2回〔商品売買〕 
7. 第4章 商品売買2  小テスト第2回の解説。
商品有高帳の記入方法を学ぶ。
現金と普通預金の仕訳を学ぶ。
 テキスト:P.58~P.65、問題集:問題4-7~5-2 
8. 第5章 現金および預金  当座預金の仕訳、複数口座の管理を学ぶ。
当座借越が生じた場合の記入方法を学ぶ。
 テキスト:P.66~P.69、問題集:問題5-3~5-8
  
9. 第5章 現金および預金
第6章 手形および電子記録債権・債務 
現金出納帳、当座預金出納帳の記入方法を学ぶ。
小口現金出納帳の記入方法を学ぶ。
約束手形の振出と決済の仕訳を学ぶ。
 テキスト:P.70~P.93、問題集:問題6-1~6-4 
10. 第6章 手形および電子記録債権・債務  受取手形記入帳、支払手形記入帳の記入方法を学ぶ。
電子記録債権、電子記録債務の仕訳を学ぶ。
 テキスト:P.90~P.93、問題集:問題6-5~6-10
 ※課題:小テスト第3回〔現金および預金〕 
11. 第7章 有形固定資産  小テスト第3回の解説。
有形固定資産、修繕費・改造費、固定資産台帳を学ぶ。
債権・債務、クレジット売掛金の仕訳を学ぶ。
 テキスト:P.96~P.103、問題集:問題7-1~8-1 
12. 第8章 その他の債権および債務  手形貸付金・手形借入金、未収入金・未払金を学ぶ。
立替金・預り金、仮払金・仮受金、差入保証金を学ぶ。
 テキスト:P.104~P.110、問題集:問題8-2~8-8
 ※課題:小テスト第4回〔手形・電子記録債権および債務〕 
13. 第9章 株式会社の資本
第10章 税金 
小テスト第4回の解説。
株式会社の資本、株式の発行、利益の計算を学ぶ。
利益の会計処理、剰余金の配当などの会計処理を学ぶ。
 テキスト:P.112~P.117、問題集:問題9-1~9-4 
14. 第10章 税金
第11章 その他の勘定および訂正仕訳 
消費税の仕組みと会計処理、その他の税金を学ぶ。
収益諸勘定、費用諸勘定、訂正仕訳を学ぶ。
 テキスト:P.120~P.127
 問題集:問題10-1~11-4 
15. 第12章 試算表の作成  合計試算表の作成方法を学ぶ。
 テキスト:P.130~P.135
 問題集:問題12-1 
16. 第12章 試算表の作成  合計残高試算表の作成方法を学ぶ。
 テキスト:P.136~P.142
 問題集:問題12-2~12-4
 ※課題:小テスト第5回〔その他の勘定・税金〕 
17. 第12章 試算表の作成  小テスト第5回の解説。
合計試算表、合計残高試算表も作成演習
 問題集:問題12-5~12-6 
18. 第13章 伝票  伝票(3伝票制)と総勘定元帳へ直接転記する方法を学ぶ。
 テキスト:P.144~P.149
 問題集:問題13-1~13-5
 ※課題:小テスト〔試算表対策〕 
19. 第13章 伝票
第14章 決算 
小テストの解説。
仕訳日計表と転記方法、決算、英米式決算法を学ぶ。
 テキスト:P.150~P.157
 問題集:問題13-6~14-1 
20. 第14章 決算  英米式決算法、決算整理を学ぶ。
 テキスト:P.158~P.160
 問題集:問題14-2
 ※課題:小テスト第6回〔伝票・証ひょう〕 
21. 第14章 決算  小テスト第6回の解説。
売上原価の計算、決算整理後残高試算表を学ぶ。
 テキスト:P.161~P.167
 問題集:問題14-3~14-5 
22. 第14章 決算  精算表の作成方法を学ぶ。
 テキスト:P.168~P.171
 問題集:問題14-6~14-10
 ※課題:小テスト第7回〔精算表・売上原価の計算〕 
23. 第15章 その他の決算整理  小テスト第7回の解説。
貸倒れの見積額、貸倒引当金の一連の会計処理を学ぶ。
 テキスト:P.174~P.179
 問題集:問題15-1~15-6 
24. 第15章 その他の決算整理  減価償却の計算方法と記帳、有形固定資産の売却を学ぶ。
 テキスト:P.180~P.188
 問題集:問題15-7~15-14
 ※課題:小テスト第8回〔貸倒れ・固定資産の売却〕 
25. 第15章 その他の決算整理  小テスト第8回の解説。
費用の前払、収益の前受、費用の未払、収益の未収を学ぶ。
 テキスト:P.189~P.199
 問題集:問題15-15~15-19 
26. 第15章 その他の決算整理  現金過不足の決算整理を学ぶ。
 テキスト:P.200~P.204
 問題集:問題15-20~15-23 
27. 第15章 その他の決算整理  現金、当座借越、貯蔵品、消費税、法人税等を学ぶ。
 テキスト:P.205~P.210
 問題集:問題15-24~15-28 
28. 第15章 その他の決算整理  決算整理後残高試算表、精算表の作成方法を学ぶ。
 テキスト:P.211~P.216
 問題集:問題15-29~15-3
 ※課題:小テスト第9回〔決算整理仕訳〕 
29. 第15章 その他の決算整理
第16章 損益計算書および貸借対照表 
小テスト第9回の解説。
精算表の演習、損益計算書と貸借対照表の作成方法を学ぶ。
 テキスト:P.218~P.222
 問題集:問題15-34~15-36 
30. 第16章 損益計算書および貸借対照表  損益計算書と貸借対照表の演習。
 テキスト:P.223~P.229
 問題集:問題16-2~16-3
 小テスト第10回〔損益計算書・貸借対照表〕 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ALFA3 COMMERCIAL BOOKKEEPING テキスト  大原簿記学校 教材開発部  大原簿記学校 
2. ALFA3 COMMERCIAL BOOKKEEPING 問題集  大原簿記学校 教材開発部  大原簿記学校 
3. ALFA3 COMMERCIAL BOOKKEEPING 解答集  大原簿記学校 教材開発部  大原簿記学校 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ステップアップ問題集 日商簿記3級商業簿記  大原簿記学校  大原出版株式会社 
授業方法の形式
講義、問題演習及び解説 
授業の実施方法
成績評価方法
小テスト30%、定期試験50%、質問等への取組み姿勢20%で評価します。
なお、出席回数が19回以下の場合は欠格となります。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
※日商簿記3級合格に向けて
  1.講義に全て出席。
  2.復習、反復演習を徹底的に行う。
  3.合格したい気持ちを大切にする。
  「継続は力なり!」私と一緒に頑張りましょう。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2022/01/13 09:28


PAGE TOP