シラバス参照

科目名 生態学 
担当者氏名

日野 輝明

全開講対象学科 農学部生物環境科学科
年次 1年次 
クラス E・F 
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
前回の講義に指示する参考書の相当部分や書籍を事前に読んでおくこと.毎回,講義時間の倍の自学自習を行うこと。講義後はしっかり復習をして,授業時間内に提示された記述式の小テストを500字以内で作成して,次の講義の前日までにWebClassから提出すること.また,定期試験で出題する記述式のテーマについてもまとめておくこと. 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
高校の生物学の教科書のうち生態・遺伝・進化に関連する部分を復習しておくこと.授業開始時に,記述式の小テストのテーマを毎回提示する。提出された小テスト解答は,理解度,丁寧さ,分量,具体性,論理構成,独自性について評価して,評点とコメントを記してWebClass内で返却する。また,定期試験で出題する記述式のテーマを3題毎回提示する.さらに,授業時間内に鑑賞したビデオをもとにレポートを課す。 
授業の概要と目的
生物にとっての環境には,光,水,温度のような非生物的な環境と,互いに敵対しあったり協力し合ったりするほかの生物,すなわち生物的環境があります.すべての生物はこれらの周りの環境となんらかのかかわりあいをもちながら生活しており,それを科学として解明するのが生態学です.自然界では,このような環境との相互作用が生物による適応進化をもたらし,その結果として生物の多様性が生み出されます.本講義では,個体ー個体群ー群集ー生態系ー景観の各生物階層において,このプロセスを学びます.また、独立行政法人森林総合研究所での経験を活かし、野生鳥獣と森林の管理の知識を生物の生態に関する授業の中で教育を行う。本科目はDP2、CP2に該当する。
(科目ナンバリングコード:AE11102) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
生物と環境との関係 
到達目標
自然界における生物の階層性間の関係および生物多様性ー生物間相互作用ー適応進化の関係を理解し,それらについて,自分の言葉で論理的に表現できるようになる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 生態学とは何か  生態学の基本的概念の枠組および講義の概要と進め方について解説します. 
2. 生態学の進化的背景  自然淘汰による遺伝子頻度の変化として生じる生物個体の行動や生態の適応進化について学びます. 
3. 環境条件と資源:生物個体への影響  環境条件と資源の要因が生物個体の生存・成長・繁殖に及ぼす影響について学びます. 
4. 個体群: 出生・死亡・分散  同種個体間の相互作用の総体として形作られる個体群の構造と動態について学びます. 
5. 中間総括-1  ここまでの授業内容の総括を行った後に、講義内容に関連の深いビデオを鑑賞し、自然界における生物多様性ー生物間相互作用ー適応進化の関係について考えます. 
6. 種間相互作用:種間競争  異種個体群間の相互作用のひとつである競争関係とその共進化について学びます. 
7. 種間相互作用:捕食・植食・病気  異種個体群間の相互作用のひとつである捕食-被食関係とその共進化について学びます. 
8. 種間相互作用:相利  異種個体群間の相互作用のひとつである相利関係とその共進化について学びます. 
9. 個体群から群集へ: メタ個体群・食物網  個体群と群集をつなぐものとして、メタ個体群と食物網について学びます. 
10. 中間総括-2  ここまでの授業内容の総括を行った後に、講義内容に関連の深いビデオを鑑賞し、自然界における生物多様性ー生物間相互作用ー適応進化の関係について考えます. 
11. 群集: 種多様性  異種個体群間の相互作用の総体として形作られる生物群集の構造と機能について学びます. 
12. 気候:生物群系への影響  地球全体の気候が生物群系(バイオーム)に及ぼす影響について学びます. 
13. 生態系:エネルギー流・物質循環  異なる生物群集間の相互作用の総体として形作られる生態系の構造と機能について学びます. 
14. 中間総括-3  ここまでの授業内容の総括を行った後に、講義内容に関連の深いビデオを鑑賞し、自然界における生物多様性ー生物間相互作用ー適応進化の関係について考えます. 
15. 全体の総括  講義全体のまとめを行います. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 資料配布     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「生態学-個体・個体群・群集の科学」  M.ベゴン・J.ハーパー・C.タウンゼンド  京都大学学術出版会 
2. 「Essentials of Ecology」  CR Townsend, M Begon &JL Harper  Blackwell 
3. 「生態学入門」  日本生態学会  東京化学同人 
授業方法の形式
パワーポイントによる講義と小テスト 
成績評価方法
小テスト(45%),定期試験(45%),レポート(10%)で評価します.C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要です。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
授業で学んだことをただ単に覚えるのではなく、テーマに基づいて論理的かつオリジナリティのある文章にまとめる能力を培ってください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/27 16:02


PAGE TOP