シラバス参照

科目名 心理実習 
担当者氏名

志村 ゆず

塩﨑 万里

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期集中 
単位数
必選区分 自由科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-心理系 
備考  



準備学習・事後学習
実習先のそれぞれの施設について、事前学習(施設に関する事前調査、プレゼンテーション)、事後学習(ディスカッション、実習記録、実習報告)を行う。それぞれについて、実習と同程度(4時間)、各自で学習する。 
課題・定期試験に対するフィードバック
事前学習(事前調査、プレゼンテーション)、事後学習(ディスカッション、実習報告)について
授業時に講評・解説などを行う。 
履修上の留意
卒業後に公認心理師を目指す人は必ず履修すること。
心理実習を履修する学生は心理演習を履修し、単位を取得していること。
この授業は、通常の授業のように曜日・時間が決められておらず、実習の曜日も時間も不規則です。
他の授業やアルバイトなどと実習の予定が重なることもあるかと思いますが、実習を最優先して必ず参加してください。実習に関連して、随時説明会なども実施しますが、すべて、欠席せずに参加してください。 
授業の概要と目的
保健医療、福祉、教育、司法の分野の施設において、見学等による実習を行いながら、それぞれの現場において心理的な支援を要する者へのチームアプローチによる総合的支援の実践、多職種との情報の共有と連携、公認心理師としての職業倫理や法的義務について理解することを目的とする。 
アクティブ・ラーニング
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本科目はCP2,DP2,およびDP3に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
病院、福祉施設、教育機関における心理師としての勤務経験を生かし、実践教育を行う。 
科目ナンバリングコード
HH41101 
サブタイトル
実践現場における実習を通して心理的支援について学ぶ 
到達目標
保健医療、福祉、教育、司法領域における心理支援に関する専門機関について、事前学習、訪問実習、事後学習を通じて、現場におけるチーム支援や他職種との連携・協働について学ぶことを目的とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 実習全体に関する事前学習  本授業の趣旨や実習全体のオリエンテーション 参加にあたっての留意点 
2. 保健医療分野における実習の事前学習  公認心理師としての法的義務及び職業倫理の理解、多職種連携と地域連携 
3. 保健医療分野の実習①  心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ、心理支援の実際 
4. 保健医療分野の実習②  心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ、心理支援の実際、心理アセスメント 
5. 教育分野における実習の事前学習  教育現場の実際と心理支援の実際 
6. 教育分野における実習  スクールカウンセリングの実際 
7. 司法分野における実習の事前学習  司法分野における心理支援 
8. 司法分野における実習  司法分野における心理支援の実際 
9. 福祉分野における実習の事前学習  福祉分野における支援の場 
10. 福祉分野における実習①  多職種連携と地域連携 
11. 福祉分野における実習②  心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ 
12. 福祉分野における実習③  臨床現場の実際と心理支援 
13. 福祉分野における実習④  臨床現場の実際と心理支援 
14. 福祉分野における実習⑤  臨床現場の実際と心理支援 
15. 実習全体に関する事後学習  実習の振り返りと総括 
テキスト
参考文献
授業方法の形式
実習 
授業の実施方法
成績評価方法
授業参加度を含めて総合的に評価する。授業への態度・姿勢、発表、発言、参加状況、実習ノートの記録内容の総合評価(50%)や課題の提出(50%)を勘案して総合的に評価する 
成績評価基準
総合評価(50%):授業への態度・姿勢、発表、発言、参加状況、実習ノートの記録 
課題の提出(50%):実習ノートの提出内容、事前学習レポート、事後学習レポートなど 
受講生へのメッセージ
これまで大学の授業で学んできた臨床心理学的知識を、実践現場で体験(見学)することを通して、公認心理師という職業についての理解を深め、また自身の適性についても考える機会となる授業です。心理的な支援を要する人々の現場ですから、十分に事前学習を行い、心身の状態を整えて、ベストコンディションで実習に参加できるように努力してください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/02/17 16:16


PAGE TOP