シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(薬学教育開発センター) 
担当者氏名

田口 忠緒

飯田 耕太郎

小森 由美子

武田 直仁

植田 康次

武永 尚子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
4年次に与えられた各自の卒業論文のテーマを基に、各自で準備するべき事項について担当する教員と綿密な打合せをすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
各自の進捗状況に応じて担当教員から指示がある。報告会では構成員全員からアドバイスを受ける。 
履修上の留意
卒論研究を実施する際には、膨大な資料を読破しながら、その都度内容を整理してまとめる必要があります。これらを適切に管理することが重要なので各自で管理方法を決めておくこと。 
個々に学修内容(卒論テーマ)が異なるので、担当教官と繰り返し議論を重ねながら、自主的かつ積極的な姿勢で学修する必要があります。 
授業の概要と目的
効果的な薬学教育を実施するために必要となる事項について調査・研究を行い、これからの医療人として社会に貢献するために要求される新しい要素を発見する。不定期に進捗報告会を実施する。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP④およびDP④,⑤に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
実務に直結する内容をはじめ、その知識基盤を形成する内容からなる。また調査研究の方法論はいかなる実務においても活きることが期待される。 
科目ナンバリングコード
PP51701 
サブタイトル
これからの薬剤師を育成するための効果的な薬学教育について考えよう。 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての科学的視点を有し、論理的思考をするための基礎を身につける。
○薬学および生命科学研究を実施するための手法を修得し、得られた結果を適切に整理できる能力を身につける。
○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を調査する手段を修得する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
薬剤師国家試験問題に繁用される(症例・化合物・医薬品)に関する調査・研究その①。
出題頻度、正答率、出題分野、教科との関連、解答に必要な理論・記憶すべき事項について調査する。 
2. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
剤師国家試験問題に繁用される(症例・化合物・医薬品)に関する調査・研究その②。
出題頻度、正答率、出題分野、教科との関連、解答に必要な理論・記憶すべき事項について調査する。 
3. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
「学びにくさ」に関する調査・研究。学習障害をはじめとする学習を妨げる各種要因を探索・分析し、それらへの対策を提案することに関する調査・研究
その➀。 
4. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
「学びにくさ」に関する調査・研究。学習障害をはじめとする学習を妨げる各種要因を探索・分析し、それらへの対策を提案することに関する調査・研究その②。 
5. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
薬剤師国家試験に出題された「予防接種関連、感染症関連」の問題について、過去問を用いて調査・解析することで、出題傾向の変遷や最新の話題などについて考察する。 
6. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
実務実習で学習した症例などから、興味を持ったものについてさらに調査・研究を行う。 
7. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
地域住民の健康維持・増進を目的とした取組みに参加する薬学生の有用性、健康サポート薬局に対する薬剤師と顧客の意識調査に関する調査・研究:その➀。 
8. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
地域住民の健康維持・増進を目的とした取組みに参加する薬学生の有用性、健康サポート薬局に対する薬剤師と顧客の意識調査に関する調査・研究:その②。 
9. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
様々な感染症を制御するための方策に関する調査研究:その➀。
ワクチンや消毒法について文献調査や実験研究をおこなう。 
10. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
様々な感染症を制御するための方策に関する調査研究:その②。
ワクチンや消毒法について文献調査や実験研究をおこなう。 
11. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
化学物質や元素などの食品成分の栄養と毒性に関する調査・研究その➀。
これらを制御して健康を保つ方策について考える。 
12. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
化学物質や元素などの食品成分の栄養と毒性に関する調査・研究その②。 
13. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
環境にやさしい化学合成反応についての調査・研究その➀。 
14. 調査・研究
[G(1)(2)(3)] 
環境にやさしい化学合成反応についての調査・研究その②。 
15. 進捗状況の確認・報告
[G(1)(2)(3)] 
調査・研究の進捗状況を確認・発表 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
研究、セミナー(対面授業) 
成績評価方法
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。3分の2以上 の出席がない場合は欠格とする。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
将来、薬剤師として活躍する際に、ヒントとなるような卒業研究をしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/02/18 13:50


PAGE TOP