シラバス参照

科目名 生物系基礎実習(微生物学) 
担当者氏名

植田 康次

打矢 惠一

輪島 丈明

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数 0.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-実習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
病原菌に関する基本事項、消毒薬の種類・効果・利用法などを調べておく。適切な消毒・滅菌などを復習して感染防止に役立てる。毎回、実習時間の半分の自学自習(予習・復習)が必要である。 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題(小テストやレポート等)については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。 
履修上の留意
本実習では微生物学、免疫学の履修が必要である。微生物学実習では不手際な取り扱いや不注意から感染の危険性もあり、指導者の注意に十分留意する必要がある。無菌操作などはOSCEの対象項目であり、この実習で確実に身に付けておく必要がある。 
授業の概要と目的
微生物学実習では細菌に関する基本的知識を学び、消毒、培養、検査など基本的技能を習得する。生体防御のための適切な操作・手技を身につける。グループワークを含む。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP②およびDP②、③に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
PP21310 
サブタイトル
細菌の基本的な性状を理解し、感染予防の基本的技能を身に付ける。 
到達目標
細菌に対する無菌操作、培養、検査、滅菌、消毒法を実施できる。適切な取り扱いと感染予防策を実施できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 【1日目】-1
滅菌と消毒

[C8(3)⑤-1, C8(3)⑤-2] 
微生物学実験に当っての諸注意。
器具の滅菌、消毒薬の調製、培地の調製・滅菌を的確に実施する。 
2. 【1日目】-2
手指消毒
手指の付着菌の培養

[C8(3)⑤-1, C8(3)⑤-2] 
適切な消毒薬と手指消毒の技能を修得する。 
3. 【1日目】-3
細菌の培養
細菌の鑑別検査

[C8(3)⑥-2, C8(3)⑥-3, C8(3)②-1] 
無菌操作を実施する。適切な培地で細菌を培養する。細菌鑑別検査を実施する。 
4. 【2日目】-1
薬剤感受性試験

[C5(2)②-1, C8(3)②-5] 
細菌の薬剤感受性試験を実施する。 
5. 【2日目】-2
細菌の免疫学的性状検査

[C8(2)②-4] 
凝集反応による免疫学的性状検査を実施する。 
6. 【2日目】-3
臨床細菌検査判定
細菌の分離培養

[C8(4)②-3, C8(4)②-4, C8(3)②-1, C8(3)⑥-3] 
臨床細菌検査の判定を行う。
細菌の分離培養を実施する。 
7. 【3日目】-1
細菌の顕微鏡検査

[C8(3)⑥-1, C8(3)②-1] 
細菌のグラム染色を行い、顕微鏡検査を実施する。 
8. 【3日目】-2
薬剤感受性試験判定
臨床細菌検査判定

[C5(2)②-1, C8(3)②-5] 
薬剤感受性試験の判定を行う。
臨床細菌検査の判定を行う。 
9. 【3日目】-3
総括と試験 
実習における基礎的事項に関する確認試験を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 生物系基礎実習(微生物学)実習テキスト  実習担当者  薬学教育開発センター・実習部門 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新しい微生物学第5版    廣川書店 
授業方法の形式
実験実習 
成績評価方法
実技評価10%、実験ノート(レポート)10%、課題20%、技能に関する確認試験40%、態度(実験への取り組み姿勢)20%で評価する。評価したレポートは返却する。出席は加点要素とはしない。授業回数の2/3以上の出席がない場合は欠格とする。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
この微生物学実習は薬剤師の職能として、医療現場で適切な感染予防対策が実施できるように消毒・滅菌の基本的知識、技能を習得するものである。【関連科目:微生物学、免疫学、感染予防学、薬理・病態VI】 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2022/02/01 11:13


PAGE TOP