シラバス参照

科目名 英語文学講読 
担当者氏名

一ノ谷 清美

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-国際・コミュニケーション系 
備考  



準備学習・事後学習
事前学習:1時間程度。授業で指定された英詩を読んでくること。疑問点を明らかにしておくこと。事後学習:2時間程度。授業で学んだ英詩を読み返して、英語表現、表現方法の特徴、詩の主題などについてまとめる。宿題課題を行う。




課題については、授業内・外で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
予習をして大まかな内容をつかんで授業にのぞむこと。授業を受けて関心をもったテーマ、英語表現などについては、図書館等を利用して調べるとよい。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP2、DP3に位置する。英語で書かれた代表的な詩を読む。英詩の韻律、技法、作品の文化的背景を学習する。英詩音読の練習を行う。アクティブ・ラーニング(ディスカッション)を行う。(科目ナンバリングコード:HH21316) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
英詩を原文で読む 
到達目標
英語で書かれた代表的な文学作品を読む中で、英語表現への理解を深める。また、英語文学作品に表された文化について学習し、文化の多様性とその言語表現について理解する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  英詩の朗読を聞き、言語(英語)の音声面に注目する。 
2. 英詩のリズム  英詩のリズムから英語の発音の特徴を学習する。 
3. 英詩を読むために  韻律、比喩表現など、英詩を読むのに必要なポイントを学習する。 
4. 英詩の音読  第3回講義内容からナーサリー・ライムを分析し、音読練習を行う。 
5. ワーズワスの詩1  ワーズワスの詩とイギリス湖水地方の自然について。 
6. ワーズワスの詩2  感情の表出としての詩。ロマン主義の文化を学ぶ。 
7. 恋愛詩の伝統1  ソネット形式の伝統。スペンサーの詩を読む。 
8. 恋愛詩の伝統2  ソネット形式の伝統。シェイクスピアの詩を読む。 
9. グループ・ディスカッション  ここまで学習した詩に関するディスカッションを行う。 
10. ポープの詩1  『人間論』を読む。18世紀イギリスの古典的人間観について学ぶ。 
11. ポープの詩2  『人間論』を読む。「自然」の概念について学ぶ。 
12. ディキンソンの詩  アメリカの女性詩人による「死」についての詩を読む。 
13. ホイットマンの詩  アメリカの自由と平等の精神を謳った詩を読む。 
14. 20世紀のアメリカ詩  T.S. エリオット、ウォーレス・スティーヴンズの詩を読む。変化する時代を扱った詩を読む。 
15. まとめ  授業の総括を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. イギリス名詩選  平井正穂編  岩波文庫 
2. アメリカ名詩選  亀井俊介・川本皓嗣編  岩波文庫 
3. 授業中配布するプリント(英文)     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. イギリス文学入門  石塚他  三修社 
2. アメリカ文学入門  諏訪部他  三修社 
授業方法の形式
講義と演習、アクティブ・ラーニング(ディスカッション、 
成績評価方法
平常点60%(ディスカッションへの貢献20%、宿題課題提出 40%)、レポート40%
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
英詩を英語原文で読むことを通して、言葉(英語)のもつ音とイメージを感じることができるようになると、英語が身近に感じられます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/03 11:01


PAGE TOP