シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

塩﨑 万里

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
選択したテーマに関する文献検索を行い、各自で文献を読んで理解して、調査研究の立案、データ収集、データの分析、解釈について授業で意見交換ができるように備えること。毎週の自学自習時間の目安を1時間とする。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
履修者は、同一担当教員の基幹ゼミナールを履修していること。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。心理学演習1と2、基幹ゼミナールで学んだことを踏まえて、各自が興味あるテーマを選択して心理学的な調査研究に取り組む。具体的な研究テーマの決定、研究計画からデータの収集、結果の分析、研究成果を卒業論文にまとめて発表するまで、指導教員の助言、ゼミメンバーとの意見交換を通して進めていく。グループディスカッション、プレゼンテーションなどのアクティブラーニングを重視する。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
心理学的な調査研究の実践 
到達目標
各自が興味のあるテーマを選択して探求し、卒業研究論文としてまとめることを通して、生涯にわたって人間をめぐる諸問題を探求し続ける姿勢身に着ける 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  卒業研究ゼミナールの方針 
2. 研究課題の設定(1)  卒業研究で取り組みたいテーマについて考える 
3. 研究課題の設定(2)  取り組みたいと考えるテーマについて、各自が発表し、研究対象、研究機関、実現可能性なとについて意見交換を行う。 
4. 研究課題の設定(3)  研究課題の焦点を絞り、そのテーマについてどのような手法でデータを収集するかを決める。 
5. 資料収集(1)  研究課題に関する資料の収集。テーマに関する一般書、入門書を読んで研究領域についての概要を把握する。 
6. 資料収集(2)  研究課題に関する資料の収集。テーマに関する一般書、入門書を読んで研究領域についての概要を把握する。 
7. 資料収集(3)  研究課題に関する資料の収集。テーマに関する専門書、雑誌論文に目を通してその領域の研究動向を把握する。 
8. 資料収集(4)  研究課題に関する資料の収集。テーマに関する専門書、雑誌論文に目を通してその領域の研究動向を把握する。 
9. 資料収集(5)  研究課題に関する資料の収集。具体的なテーマに焦点を絞る。 
10. 資料収集(6)  研究課題に関する資料の収集。具体的なテーマに焦点を絞る。 
11. 研究の設計(1)  具体的な研究計画を立てる。研究対象、研究場所、研究方法を決定する。 
12. 研究の設計(2)  具体的な研究計画を立てる。具体的に使用する器具、道具、質問紙尺度などを決定する。 
13. 中間報告会(1)  具体的な研究計画を発表 質疑応答 研究計画の改良 (前半) 
14. 中間報告会(2)  具体的な研究計画を発表 質疑応答 研究計画の改良 (後半) 
15. データ収集の準備(1)  研究計画にそって、データを収集するための具体的な準備を行う(質問紙の作成、道具の準備、依頼の挨拶など) 
16. データ収集の準備(2)  研究計画にそって、データを収集するための具体的な準備を行う(質問紙の印刷、送付など) 
17. データの収集と整理(1)  得られたデータを分析可能な形に整理する(ID番号、データの数値化など) 
18. データの収集と整理(2)  得られたデータを分析可能な形に整理する(データを統計ソフトに入力する) 
19. データの収集と整理(3)  得られたデータを分析可能な形に整理する。記述統計量を算出し、データの全体的な特徴を把握する。 
20. データの収集と整理(4)  得られたデータを分析可能な形に整理する。記述統計量を算出し、データの全体的な特徴を把握する。 
21. データの分析(1)  データの分析を行う。研究目的に即した適切な統計的手法で解析作業を行う。 
22. データの分析(2)  データの分析を行う。研究目的に即した適切な統計的手法で解析作業を行う。 
23. データの分析(3)  データの分析を行う。研究目的に即した適切な統計的手法で解析作業を行う。 
24. 結果の解釈と考察(1)  得られた結果を解釈し、考察する。 
25. 結果の解釈と考察(2)  得られた結果を解釈し、考察する。 
26. 結果の解釈と考察(3)  全体の考察をまとめる。 
27. 結果の解釈と考察(4)  全体の考察をまとめる。 
28. 発表の準備  パワーポイントとレジュメの作成 
29. プレゼンテーション(1)  研究成果の発表 質疑応答(前半) 
30. プレゼンテーション(2)  研究成果の発表 質疑応答(後半) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業) 
成績評価方法
研究の各段階における課題への取り組みと卒業研究論文によって評価する。特別の事情がない限り全回出席することが単位取得の条件となる。(授業参加30%、研究への取り組み30%、論文40%)
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
これまでに学んできた心理学的な知識を駆使し、さらに多様な技法を学び、試みて卒業研究論文にまとめる総仕上げのゼミです。自分の課題に真剣に取り組むとともに、ゼミメンバーとのディスカッションを通して共に学ぶ楽しさを体験してほしいと思います。積極的な取り組みを期待します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/03 15:49


PAGE TOP