シラバス参照

科目名 動物生命科学 
担当者氏名

奥村 裕紀

全開講対象学科 農学部応用生物化学科
年次 3年次 
クラス C・D 
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群選択 
備考  



準備学習・事後学習
1,2年次の必修科目「生物化学1,2」の内容、1年次後期の選択科目「細胞生物学」を履修している場合はその内容、2年次後期の選択科目「代謝生化学」を履修している場合はその内容、および3年次前期の選択科目「タンパク質・遺伝子工学」を本科目とともに受講している場合はその内容も合わせて十分に復習すること。本科目(15回2単位)の修得には、1回の講義について計4時間の準備学習・事後学習が必要とされている。これに見合った学習を心がけること。毎回配布する講義プリントの内容、および教科書の関連項目(講義内および後述の解説文中で指示する)をよく読んで、復習すること。本講義では、毎回講義の前日までにWebClassで講義内容の解説文を配信するので、予習・復習に利用することができる。また毎回WebClassに講義内容に関する質疑応答用の掲示板を設けるので、希望者は自由に質問を記入することができる。疑問点があれば、できるだけ早く解決しておくこと。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
1,2年次の必修科目「生物化学1,2」、1年次後期の選択科目「細胞生物学」、および2年次後期の選択科目「代謝生化学」を履修していることが望ましい。また、3年次前期の選択科目「タンパク質・遺伝子工学」と本科目を合わせて受講することを勧める。 
授業の概要と目的
動物の生命科学を研究していく上で理解しておくことが不可欠な、発生、免疫系、神経系や癌化など、高次の生命現象のメカニズムについて学習する。また本講義では、生物化学的な研究技術の発展や生命現象に関する知識の獲得に大きく貢献した実際の学術論文などの資料を紹介し、生命科学研究の現場を身近に感じることを目指す。本科目の目的は、農学部人材養成目的の学位授与方針(Diploma Policy)項目2、カリキュラム編成・実施方針 (Curriculum Policy) 項目2に該当する。

(科目ナンバリングコード:AB31211) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
動物の生命科学を研究していく上で、高次の生命現象についての知識を蓄積することは不可欠である。動物の高次の生命現象を分子レベルで理解することによって、医療やバイオ技術への応用の可能性が見えてくる。 
到達目標
動物の高次の生命現象についての知識を深め、生物化学的、分子細胞生物学的な視点から論述することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 細胞間シグナル伝達  多細胞動物個体内の各細胞は、ホルモンなど様々なシグナル分子の分泌と受容により、複雑な情報ネットワークを構築している。これらの情報の交換によって、各細胞は生理機能を調節し合っている。本講義で扱う動物の高次の生命現象全般において重要な役割を担う、細胞間シグナル伝達機構について解説する。 
2. 受精と発生 1 (卵と精子)  多細胞生物の一生はたった一つの受精卵に始まる。受精卵は分裂を繰り返す間に特殊な機能を獲得した細胞へと分化し、その結果、複雑な多細胞生物の体が形作られる。動物の生殖細胞の形成機構について解説する。 
3. 受精と発生 2 (個体発生と細胞の分化)  多細胞生物の一生はたった一つの受精卵に始まる。受精卵は分裂を繰り返す間に特殊な機能を獲得した細胞へと分化し、その結果、複雑な多細胞生物の体が形作られる。動物の個体発生と細胞の分化の分子メカニズムについて解説する。 
4. 様々な細胞  多細胞生物は、数々の特殊な機能を分化させた細胞からなり、それらの細胞間の相互作用によって維持されている。感覚細胞、神経細胞等を例にとり、特殊な機能を分化させた細胞の構造と機能について概観する。 
5. iPS 細胞  近年、細胞に特定の遺伝子を導入することによって、既に分化の進んだ体細胞に分化の全能性を回復させる技術が開発された。こうして樹立された iPS 細胞は、将来の再生医療などにおおいに役立つと期待されている。iPS 細胞について解説する。 
6. 免疫 1 (自己と非自己の識別)  免疫とは、生命体が自己以外の異物の進入に際して自己を防衛する生体反応である。高度に組織化された脊椎動物の免疫システムについて、特に自己と非自己の識別メカニズムについて解説する。 
7. 免疫 2 (自然免疫と獲得免疫)  免疫とは、生命体が自己以外の異物の進入に際して自己を防衛する生体反応である。高度に組織化された脊椎動物の免疫システムについて、特に自然免疫と獲得免疫の活性化メカニズムの発見について、近年のノーベル賞受賞研究を題材にして解説する。 
8. 自己免疫疾患・アレルギー性疾患  自己免疫疾患とアレルギー性疾患は、いずれもデリケートに制御された免疫系のバランスが何らかの要因で崩されることによって引き起こされる。自己免疫疾患やアレルギー性疾患の発症メカニズムについて解説する。 
9. 神経細胞と感覚器官 1 (情報の受容と伝達)  神経系とは、動物が外界からの刺激を受容し、その刺激に対処するために分化した情報処理システムである。神経系の主要な構成要素である、神経細胞と感覚器官について、情報の受容と伝達のメカニズムを中心に解説する。 
10. 神経細胞と感覚器官 2 (神経系の構築)  神経系とは、動物が外界からの刺激を受容し、その刺激に対処するために分化した情報処理システムである。神経系の主要な構成要素である、神経細胞と感覚器官について、神経ネットワーク形成のメカニズムを中心に解説する。 
11. 癌  癌は、何らかの要因で増殖制御機構などに異常が生じることで癌化した細胞が無制限に増殖することによって、発生する。癌発生のメカニズムについて解説する。 
12. 近年のノーベル賞より  近年のノーベル賞受賞研究より、本講義に関連する内容を取り上げて解説する。 
13. 近年のノーベル賞より  近年のノーベル賞受賞研究より、本講義に関連する内容を取り上げて解説する。 
14. 近年の学術論文より  近年発表された学術論文より、本講義に関連する内容を取り上げて解説する。 
15. 総括  事前に受講者から講義内容に関する質問を募集し、それらの質問に回答するとともに、本講義でこれまでに学んだことについて総括する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Essential 細胞生物学 原書第4版    南江堂 
2. ヴォート基礎生化学 第5版    東京化学同人 
3. (講義中に随時紹介する学術論文など)     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Essential Cell Biology 4th edition (上記「Essential 細胞生物学 原書第4版 (南江堂)」のオリジナル版) および 5th edition    Garland Science および W. W. Norton & Company 
2. Molecular Biology of the Cell 6th edition (日本語版:「細胞の分子生物学 第6版」)    W. W. Norton & Company (日本語版: ニュートンプレス) 
3. ホートン生化学 第3版および第4版    東京化学同人 
4. レーニンジャーの新生化学 第4版    廣川書店 
5. 日本生化学会編 基礎生化学実験法    東京化学同人 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
定期試験 (100%) ただし、受講態度が悪い場合は、定期試験の成績に関わらず減点対象となる。また、出席回数が3分の2 (10回) に満たない場合は欠格とする。定期試験では、動物の高次の生命現象について深い知識を身に付け、生物化学的、分子細胞生物学的な視点から論述することができるかどうかが評価基準となる。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
生命科学は、私たち生命の仕組みや成り立ちを探求する学問であり、そこから得られる知識を応用し、私たちの生活をより良くしていくことができます。学問は疑問を持つことから始まります。あらかじめ教科書を熟読し、講義中、講義後にかかわらず、疑問点は積極的に質問してください。日々新しい発見がなされている生命科学の最新の情報に関する疑問、質問にも可能な限り答えたいと思います。 
参考URL
1.   学習に有用な参考URLは、講義内で随時紹介する。 
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:39


PAGE TOP