シラバス参照

科目名 情報工学特殊研究4 
科目名(英字) Advanced Research in Information Engineering Ⅳ 
担当者氏名

向井 利春

対象研究科・専攻 理工学研究科電気・情報・材料・物質工学専攻博士後期課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
毎回のミーティングで必要な資料や発表の準備を行っておくこと.(必要に応じ,4時間程度) 
授業の概要と目的
センサ応用システムとしてのロボットや福祉・介護機器を研究するための能力を養うため,関連論文の調査,研究課題選定,問題解決のための議論,システム製作,実験,結果の議論,発表などを行う.
本授業はDP1,2,3およびCP2,3に該当する. 
到達目標
博士課程での研究充実のために関連分野の重要論文の理解,建設的批判,実験の組み立て,プレゼンテーション,ディスカッションの能力を修得する. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 進捗状況の報告(1)  情報工学特殊研究3で進めた研究を振り返り,必要なら修正案を含めた報告を行う. 
2. 進捗状況の報告(2)  研究を進め,状況を報告する. 
3. 進捗状況の報告(3)  研究を進め,状況を報告する. 
4. 進捗状況の報告(4)  研究を進め,状況を報告する. 
5. 進捗状況の報告(5)  研究を進め,状況を報告する. 
6. 進捗状況の報告(6)  研究を進め,状況を報告する. 
7. 進捗状況の報告(7)  研究を進め,状況を報告する. 
8. 中間報告と軌道修正に関する検討  これまでの進捗についてまとめを行い,必要なら軌道修正を行う. 
9. 進捗状況の報告(8)  引き続き研究を進め,状況を報告する. 
10. 進捗状況の報告(9)  研究を進め,状況を報告する. 
11. 進捗状況の報告(10)  研究を進め,状況を報告する. 
12. 進捗状況の報告(11)  研究を進め,状況を報告する. 
13. 進捗状況の報告(12)  研究を進め,状況を報告する. 
14. 進捗状況の報告(13)  研究を進め,状況を報告する. 
15. これまでの研究のまとめ  これまでの研究を振り返り残された課題を整理する.また,今後の研究の方針を確認する. 
授業形態・方法
少人数によるゼミナール形式.白板を用いたディスカッションやパソコンによるスライド上映の活用. 
成績評価方法及び評価基準
研究の進め方を総合的に評価する.(100%)
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
その他(履修条件・関連科目など)
情報工学特殊研究1,2,3,5,6 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 関連する論文     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2021/02/03 17:31


PAGE TOP