シラバス参照

科目名 異文化理解 
担当者氏名

宮崎 新

加藤 昌弘

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-国際・コミュニケーション系 
備考  



準備学習・事後学習
担当する教員ごとに事前学習の課題と参考文献を提示する。専門文献などリーディング素材も提供する。毎回、授業時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
二人の教員が異文化コミュニケーション分野と地域研究分野の内容を分担して講義する。受講生は異なる分野を連続して学び、両分野が並列して出題される期末試験に向けて相応量の学習が必要になる。どのような授業形態であっても手書きでノートを取り、能動的に参加することを推奨する。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP2、DP3に位置する。

本授業では、グローバル化の進展によって生じる異文化間のコミュニケーションの現状と課題を理解するために、異文化コミュニケーションの概念的理解に基づき、英語圏地域における異文化の接触によって生じる摩擦や、その問題解決の試みの現代的意義を学ぶ。

かつて異文化理解とは、外国の異質な文化をどのように理解するべきかを主題としていた。しかしグローバル化の進展によって人間の国際移動はますます容易になり、移民・難民・旅行者が、ひとつの国家や社会のなかで当たり前のように共存するようになった。私たちのごく身近な日常生活においても、文化的な摩擦や葛藤があり、異文化理解はますます日常的な問題になりつつある。受講生は英語圏を中心とした学習を出発点に、授業内外での体験的な理解を通じて、日本における日常生活や教育活動において異文化理解の考え方を実践できるようになることが最終的な目標である。(科目ナンバリングコード:HH21301) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
英語圏および日本における異文化理解の基礎を身につける 
到達目標
(1) 英語圏世界における文化の多様性や、異文化コミュニケーションの現状と課題を基礎概念とともに理解し、自らも実践できるようになる。 (2) ひとつの国家あるいは社会の中で異質な文化を背景にもつ人々が交流することの意義や新しい可能性を理解し、説明できるようになる。 (3) 異文化理解が必要とされてきたアメリカ合衆国など、グローバル化が進展する国・地域の歴史・社会・文化の状況を理解し、説明することができるようになる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス、オリエンテーション
担当者:宮崎新・加藤昌弘 
日本における「異文化理解」の必要性を理解する 
2. 異文化コミュニケーション(1)
担当者:宮崎新 
異文化コミュニケーションの基礎概念を理解する 
3. 異文化コミュニケーション(2)
担当者:宮崎新 
コミュニケーションの言語要素・非言語要素を知る 
4. 異文化コミュニケーション(3)
担当者:宮崎新 
自己と他者、差別やステレオタイプについて理解する 
5. 異文化コミュニケーション(4)
担当者:宮崎新 
英語圏での異文化接触と適応プロセスを理解する 
6. 異文化コミュニケーション(5)
担当者:宮崎新 
異文化コミュニケーションの教育と訓練を知る 
7. 英語圏における歴史・文化・地域(1)
担当者:加藤昌弘 
北米における新たなアングロ=アメリカ社会の形成を理解する 
8. 英語圏における歴史・文化・地域(2)
担当者:加藤昌弘 
アングロ・アメリカ社会の拡大によるインディアンとの遭遇を知る 
9. 英語圏における歴史・文化・地域(3)
担当者:加藤昌弘 
新大陸のアフリカ奴隷貿易が生んだ異文化交流を学ぶ 
10. 英語圏における歴史・文化・地域(4)
担当者:加藤昌弘 
新移民の到来によるアメリカ社会の文化多元主義への変化を理解する 
11. 異文化交流(1)
担当者:加藤昌弘 
北米での異文化の共存・人種混淆によって生じた大衆文化を知る 
12. 異文化交流(2)
担当者:加藤昌弘 
異文化社会における白人のアイデンティティを支える文化の問題を理解する 
13. 異文化交流(3)
担当者:加藤昌弘 
20世紀末のアメリカにおける新しい混淆的な大衆文化の形成を理解する 
14. 異文化交流(4)
担当者:加藤昌弘 
アメリカ、イギリス、そして日本へ、グローバルな文化交流へのまなざしを得る 
15. 全体のまとめ
担当者:宮崎新・加藤昌弘 
異文化コミュニケーション、地域研究、異文化交流について再検討する 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 指定しない。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. はじめて学ぶ異文化コミュニケーション:多文化共生と平和構築に向けて  石井敏・久米昭元・長谷川典子・桜木俊行・石黒武人  有斐閣、2013年 
2. エスニック・アメリカ:多文化社会における共生の模索[第3版]  明石紀雄・飯野正子  有斐閣、2011年 
3. 他、各授業内で、関連する文献と作品を指示する。     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
毎回の授業で課される小レポート(30%)と、定期試験(70%)。到達目標を最低限で満たしたものをC、平均的な理解を示すものにB、より応用的な知識の展開を示せたものにAを与える。課題に対するフィードバックは授業内で継続的におこなう。授業回数の3分の2以上の出席に満たない場合は欠格とする。授業運営の方法と授業スケジュールは、受講生に対して事前に十分な説明をした上で変更する場合がある。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
定期試験に向けてしっかり勉強すること。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/04/09 09:24


PAGE TOP