シラバス参照

科目名 生物学実験 
担当者氏名

鈴木 康生

平野 達也

塚越 啓央

山岸 健三

寺田 理枝

上船 雅義

荒川 征夫

黒川 裕介

津呂 正人

全開講対象学科 農学部生物資源学科
年次 1年次 
クラス
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-基礎教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
高等学校における「生物」の復習すること。実験前日までに配布した「生物学実験」テキストの実施回をよく読んでおき、事前に予習しておくこと。実験後は内容を的確なレポートにまとめ、期限までに担当教官に提出すること。レポートは指摘事項を添えて返却する場合があります。その場合にはコメントをよく確認して、今後のレポート作成に活かせるようにすること。また、書き直しを指示されている場合は、速やかに書き直しに応じ、スキルアップするよう努めるようにすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
高校時代に「生物基礎」ならびに「生物」を履修済みであるか、もしくは1年生前期の生物学1・2を履修中であること。1回の実験は2時限連続で実施し,前期を通してAクラスとBクラスに対して順番を変えて同時開講する。 
授業の概要と目的
本科目は生物資源学科の学位授与方針の第2項(DP2)の専門基礎科目に位置する。植物・菌類・動物の形態と機能を観察し、生物の多様性や生活様式について理解する。生殖器官や細胞分裂などの観察を通して生命の連続性について理解する。農学部の専門に関わる実験として、植物の成長と収量、種子や果実、農業害虫や植物病理菌など、実際の作物や植物病原菌、昆虫などを見たり触ったりして理解を深める。また、実験結果のまとめ方やレポートの書き方を学習する。実験を行う上での倫理を身につける。
本科目はDP2、CP2に該当する。

(科目ナンバリングコード:AA11003) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
農学部で勉強する基礎として、生物学をより深く理解してもらうため、主として生物の形態の観察を行う。 
到達目標
各種生物の形態と機能を理解するとともに、顕微鏡の操作技術、スケッチの方法、生物の分類、成長の解析法など、研究の基礎的手法を見につける。実験結果のまとめ方やレポートの書き方を学習する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 実験ガイダンス・研究者倫理(全員)  実験を行う上での安全対策,実験倫理,機器と薬品の取り扱い方,環境対策,レポートの書き方,などを指導する. 
2. 生物顕微鏡の使い方・植物組織の観察1(寺田)  生物顕微鏡の取り扱い方.植物の茎と根の観察. 
3. 光合成色素の吸収波長の測定と定量(津呂)  植物の葉に含まれる光合成色素の吸収波長を測定し,クロロフィルとカロチンの定量を行う.分光光度計の使用方法を習得する. 
4. 植物組織の観察2(鈴木康)   果樹における種子と果実の構造の観察.  
5. 植物の成長解析1 (黒川)  植物の基礎的な成長の測定法および成長解析方法の習得.レポートのまとめ方の理解.  
6. DNAの抽出(平野)   植物を材料とした簡便なDNA抽出法とその確認法の習得. 
7. 植物の成長解析2・パソコンによるデータ整理(黒川)  植物の基礎的な成長の測定法および成長解析方法の習得.レポートのまとめ方の理解. パソコンによるデータ整理の基礎. 
8. 染色体の観察(上船)  ユスリカ類の唾液染色体の観察. 
9. 植物組織の観察3(塚越)   植物の葉と花の観察. 
10. 実体顕微鏡の使い方・昆虫の外部形態(山岸)  実体顕微鏡の取り扱い方.昆虫の外部形態観察. 
11. 昆虫採集と標本作製・パソコンによるデータ整理(山岸)  昆虫採集.昆虫の標本作製と分類. 草原環境と森林環境で出現した昆虫を群ごとにまとめ,構成の違いを比較する.パソコンによるデータ整理とレポートの作成を行う. 
12. 微生物の観察(荒川)   糸状菌について顕微鏡観察を実施する.マイクロメーターを利用し,細胞の大きさを数値情報とともに理解し,経時的な測定を行うことで菌糸の生育速度を測定する.光学顕微鏡の性能を発揮するために必要なコンデンサ(集光レンズ)の調整技術を修得し,観察結果をスケッチにまとめる.  
13. 動物組織の観察(上船)  動物の筋組織などの構造の観察. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 担当教員が作成した生物学実験テキスト(非売品)     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて紹介します.     
授業方法の形式
実験 
成績評価方法
毎回レポートの提出が義務付けられています。各担当教員によるレポート評価を100%として集計します。なお、欠席は原則として認められません。公欠・忌引き・病気(医師による診断書が必要)など正当な理由がある場合には、考慮される場合があります。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
皆さんは、生物に限らず実物に触ることが少なく、これまでは本の中の図や写真で学んできた人が多いと思います。実物には、硬い、柔らかい、厚い、薄い、ツヤの有り無し、匂い、味など、写真ではわからない重要な情報がたくさんあります。実験を通して、仮想現実とは異なる現実の世界を勉強してください。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:38


PAGE TOP