シラバス参照

科目名 特設科目B (法律英語1) 
担当者氏名

河北 洋介

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-共通部門 
備考  



準備学習・事後学習
法律英語を学ぶのに適切なドラマや映画を探して、英語音声で観てみるなど、法律英語に触れる機会を設けて欲しい。

学生便覧に基づき全体として授業時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です。 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題等についてのフィードバックは、成績確定後に、適宜、質問を受け付ける。 
履修上の留意
法律英語を扱うため、英語の辞書は手元にあると良いであろう。また、WebClassの確認をすること。遠隔授業になった際にはZoomを用いることがある。なお、授業計画については、進捗状況等により変更することがある。
【本シラバスは対面講義を前提に作成している。】 
授業の概要と目的
本講義では、主に、ドラマや映画から英語を学ぶ。映像教材を用いて、法律に関わる英語表現や法律用語に親しむ。毎授業で課題を提示する予定である。 
アクティブ・ラーニング
授業で発言を求めるとともに、ディスカッションを行うことがある。また、授業後に、WebClassによる課題(200字から500字程度)がある。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP2およびDP3に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
LL11004 
サブタイトル
到達目標
法律英語についての理解とともに、日本との法文化の違いへの理解を深めること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  この科目についての説明 
2. 日本の法律と英語  日本の法律について英語の文章で見ている。 
3. 司法取引の是非  兄をかばって麻薬密売の罪に「The Practice」 第1話前半より。 *これらのテーマは例であり、実際に取り上げる課題やドラマは変わることがある。 
4. 陪審員への説得  陪審員について「The Practice第1話後半より。 
5. 正当防衛1  正当防衛の意義と定義「The Practice」第2話前半より。 
6. 正当防衛2  正当防衛の成否は?「The Practice」第2話後半より。 
7. 安楽死をめぐる問題1  安楽死と自殺ほう助「The Practice」第10話前半より。 
8. 安楽死をめぐる問題2  日米法における異同「The Practice」第10話後半より。 
9. 法律用語の基礎知識1  セクハラ訴訟「Ally McBeal」第1話前半より。 
10. 法律用語の基礎知識2  法廷用語「Ally McBeal」第1話後半より。 
11. 法律用語の基礎知識3  浮気と法的責任「Ally McBeal」第1話より。 
12. 雇用における年齢差別1  アナウンサーに対する年齢差別訴訟1「Ally McBeal」第3話前半より。 
13. 雇用における年齢差別2  アナウンサーに対する年齢差別訴訟1「Ally McBeal」第3話後半より。 
14. 懲罰的損害賠償  懲罰的損害賠償とは?「Ally McBeal」第3話後半より。 
15. 演習のまとめ  テストおよびこれまでのまとめ 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習(Seminar) 
授業の実施方法
対面授業 
成績評価方法
授業への参加状況および課題60%、授業内で行うテスト(遠隔演習となった場合は、課題レポートあるいはWebClassとZoomを用いたテストを実施する予定)40%で評価する。無断欠席の場合、大幅に減点する。欠席については事前にWebClassのメッセージで連絡すること。なお、出席が3分の2に満たない場合は欠格とする。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
少人数での演習科目ですから、積極的な姿勢で臨んで下さい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2023/02/28 18:12


PAGE TOP