シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

笠井 尚

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
このゼミナールでは、文献等資料から知見を得るとともに、フィールドでの活動にも力を入れたいと考えています。日頃から、広く情報収集するとともに、限られた時間内での見学や実践的な取り組みの機会を大切にするようにしてください。毎回授業時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
研究の進行にしたがって、調査・分析、論文執筆等、随時、助言します。 
履修上の留意
授業の概要と目的
卒業論文を作成します。先行研究や資料を検索、読解して分析し、自らの課題を明確にして、研究を遂行する力をつけます。研究テーマに沿って、フィールドでの調査や実践の計画を立てて実行し、その成果をまとめます。 
アクティブ・ラーニング
ディスカッション、プレゼンテーション 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
HH41601 
サブタイトル
到達目標
学術論文を執筆・完成させる力量を身につける 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 3年次までの研究経過の報告と今後の方針  研究経過の報告をしてもらうとともに、卒論提出までのスケジュール等について説明する。 
2. 先行研究の検討結果の発表と検討(1)  卒論執筆にあたって、最も根幹となる一次資料および先行研究等を5点程度提示するとともに、最も重要性の高いもの1点について報告し、相互に検討する。 
3. 先行研究の検討結果の発表と検討(2)  卒論執筆にあたって、最も根幹となる一次資料および先行研究等を5点程度提示するとともに、最も重要性の高いもの1点について報告し、相互に検討する。 
4. 先行研究の検討結果の発表と検討(3)  卒論執筆にあたって、最も根幹となる一次資料および先行研究等を5点程度提示するとともに、最も重要性の高いもの1点について報告し、相互に検討する。 
5. 先行研究の検討結果の発表と検討(4)  卒論執筆にあたって、最も根幹となる一次資料および先行研究等を5点程度提示するとともに、最も重要性の高いもの1点について報告し、相互に検討する。 
6. 卒業論文のテーマと概要の検討(1)  卒論論題の提出を前にして、最終的な卒論テーマ(論題名)を提示するとともに、その狙いを中心にした概要を発表し検討する。 
7. 卒業論文のテーマと概要の検討(2)  卒論論題の提出を前にして、最終的な卒論テーマ(論題名)を提示するとともに、その狙いを中心にした概要を発表し検討する。 
8. 卒業論文の構想立案と執筆方法に関する確認、および卒業論文の中間発表会(1)  卒論の執筆に関する注意事項を説明した上で、研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
9. 卒業論文の中間発表会(2)  研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
10. 卒業論文の中間発表会(3)  研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
11. 卒業論文の中間発表会(4)  研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
12. 卒業論文の中間発表会(5)  研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
13. 卒業論文の中間発表会(6)  研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
14. 卒業論文の中間発表会(7)  研究過程の中間発表を行い、今後の取り組みについて検討する。 
15. まとめ  これまでの内容を総括した後、夏休み中の研究の仕方等についてアドバイスをする。 
16. 前期までの研究経過の報告と今後の進め方についての解説  夏休み中の研究経過の報告を行うとともに、卒業論文執筆に向けての後期の取り組みについて計画する。 
17. 卒業論文の構成に関する報告と検討会(1)  卒業論文の全体構想、並びに具体的な章立てを発表し検討する。 
18. 卒業論文の構成に関する報告と検討会(2)  卒業論文の全体構想、並びに具体的な章立てを発表し検討する。 
19. 卒業論文の構成に関する報告と検討会(3)  卒業論文の全体構想、並びに具体的な章立てを発表し検討する。 
20. 卒業論文の序文および章構成に関する個別指導(1)  卒業論文の序文ならびに組み立てに関して、個別に指導する。 
21. 卒業論文の序文および章構成に関する個別指導(2)  卒業論文の序文ならびに組み立てに関して、個別に指導する。 
22. 卒業論文の序文および章構成に関する個別指導(3)  卒業論文の序文ならびに組み立てに関して、個別に指導する。 
23. 卒業論文の序文および章構成に関する個別指導(4)  卒業論文の序文ならびに組み立てに関して、個別に指導する。 
24. 卒業論文の第1次稿に関する説明  卒業論文の最終的な書式や執筆方法の詳細等について最終確認をするとともに、今後の執筆日程に関して検討する。 
25. 卒業論文の個別指導(1)  卒業論文の一次稿について、個別に指導する。 
26. 卒業論文の個別指導(2)  卒業論文の一次稿について、個別に指導する。 
27. 卒業論文の個別指導(3)  卒業論文の一次稿について、個別に指導する。 
28. 卒業論文の個別指導(4)  卒業論文の一次稿について、個別に指導する。 
29. 卒業論文発表会準備  発表会準備として、発表形式等について説明し、発表用資料を作成する。 
30. 卒論発表会と総括  卒論発表会を実施し、質疑応答・議論を行う。担当者の視点から総評を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
授業方法の形式
ゼミナール 
授業の実施方法
対面授業 
成績評価方法
授業中における発表内容を20%の割合で評価に含み、80%を卒業論文の内容および作成過程での取り組み状況で評価します。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2023/12/21 14:08


PAGE TOP