シラバス参照

科目名 欧米文化論 
担当者氏名

西村 善矢

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-人間と文化科目群 
備考  



準備学習・事後学習
授業の最初に授業内容に関わる小テストを適宜行うので、復習を心がけること。また、課題の提示・提出に適宜WebClassを活用する。毎回、講義時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
授業の概要と目的
本科目はCP1およびDP1、DP3に位置する。
現代世界はテロや紛争で満ちている。とりわけ近年の紛争は文明・宗教の対立という様相を帯びている。この講義では、ヨーロッパ文化圏とイスラーム文化圏が踵を接することになった中世地中海世界に焦点を当て、異文化接触が対立とともに活発な交流を生み出したことを学ぶ。(科目ナンバリングコード:HH10104) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
ヨーロッパとイスラーム 
到達目標
グローバル化する現代世界のなかで摩擦や衝突を引き起こしている異文化接触について、先入見にとらわれずに幅広い視野の上にたって理解することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. はじめに  オリエンテーション 
2. 地中海地域の自然と人間  地中海地域固有の自然環境、および自然と人間のかかわり 
3. 3つの宗教  ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教の成立過程と基本特徴 
4. マホメットとシャルルマーニュ  中世ヨーロッパ世界の成立に果たしたアラブ・イスラーム世界の役割をめぐる研究史 
5. イスラーム支配下のイベリア半島1  イスラーム勢力による半島の征服と統治のあり方について 
6. イスラーム支配下のイベリア半島2  被支配者集団としてのキリスト教徒の生活と文化 
7. イスラーム支配下のイベリア半島3  黄金時代を築いたユダヤ人の生活と文化 
8. 十字軍1  ヨーロッパのキリスト教徒によってくり広げられた十字軍運動の理念と現実 
9. 十字軍2  神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の「無血十字軍」とその歴史的意義 
10. ノルマン・シチリア王国  文明の十字路といわれるシチリア島を中心に成立したノルマン・シチリア王国の歴史と文化 
11. 12世紀ルネサンス1  中世ヨーロッパにおける学術の発展にイスラーム世界が果たした役割 
12. 12世紀ルネサンス2  中世ヨーロッパにおける学術の発展にイスラーム世界が果たした役割 
13. ヴェネツィアと地中海交易  イタリア海洋都市ヴェネツィアの商業活動と地中海世界に成立した海洋の文化 
14. 都市空間  異文化融合の場となった南欧都市の街区や住居について 
15. まとめ  まとめと質疑 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. プリント教材による。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ヨーロッパとイスラーム世界  高山 博  山川出版社 
2. その他の文献については、授業中に適宜紹介する。     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
定期試験(70%)、ならびに平常点(30%)によって評価する。平常点は、適宜実施する小テストや課題、授業中の発言、受講態度等によって総合的に判断する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
ふだんから現代の世界情勢に関心を向け、問題意識をもつよう心がけておくこと。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:34


PAGE TOP