シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

加茂 省三

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:卒論は書き進めなければ終わりません。スケジュールどおりに進めること。卒論は調査・研究の積み重ねの成果であるから、下記事後学習は必須である。 事後学習:テーマの選び方、論文の書き方等、学んだことをふまえて、各自にふさわしい方法で調査し、研究を進めることで卒業論文を作成する。毎回授業時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
基幹ゼミナール(加茂担当)の履修者 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。卒業論文作成を目的とし、テーマの設定や章立て、調査方法等、適切な論文作成技法を指導する。また、各人の論文内容の向上のために、ゼミ生同士の議論を活発に行なう。大半の受講生にとって卒論のような長文の執筆は初めての経験になると思われることから、要約作成や執筆指導の積み上げ方式により、卒論の最終的な完成を目指す。プレゼンテーションやディスカッションを通して卒論作成を促進させる。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
国際関係に関する卒論作成 
到達目標
国際関係論、国際協力論等に関する卒業論文を作成し、自分の研究成果を表現できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 論文の書き方  論文とは何かについて学ぶ。 
2. 論文の書き方  国際関係の論文を執筆する上で必要な分析手法を学ぶ。 
3. 論文の書き方  テーマの設定、論文の構成(章立て)の仕方を学ぶ。 
4. テーマの設定  各人の卒業論文テーマをプレゼンテーションし、テーマに関し指導するとともに、ゼミ生間でディスカッションし、テーマの意義や妥当性を検討する。 
5. テーマの設定  各人の卒業論文テーマをプレゼンテーションし、テーマに関し指導するとともに、ゼミ生間でディスカッションし、テーマの意義や妥当性を検討する。 
6. テーマの設定  各人の卒業論文テーマをプレゼンテーションし、テーマに関し指導するとともに、ゼミ生間でディスカッションし、テーマの意義や妥当性を検討する。 
7. 文献資料収集および論文作成  文献資料収集のための図書館の利用方法を学ぶ。 
8. 文献資料収集および論文作成  各人の卒業論文テーマにふさわしい文献資料を検討し、収集する。 
9. 文献資料調査および論文作成  収集した文献資料を調査して、要約を作成する。作成した要約を論文作成に活用する方法を学ぶ。 
10. 文献資料調査および論文作成  文献資料調査を積み重ねることで、各人が具体的な論文構成(章立て)を検討する。 
11. 文献資料調査および論文作成  設定した章立てにしたがって論文執筆を開始する。 
12. 中間報告1  各人が執筆した卒業論文の中間報告をプレゼンテーションする。報告内容に関するディスカッションを行うことで、今後の執筆の参考にする。 
13. 中間報告1  各人が執筆した卒業論文の中間報告をプレゼンテーションする。報告内容に関するディスカッションを行うことで、今後の執筆の参考にする。 
14. 中間報告1  各人が執筆した卒業論文の中間報告をプレゼンテーションする。報告内容に関するディスカッションを行うことで、今後の執筆の参考にする。 
15. 前期のまとめ  前期末の執筆進捗状況を確認し、夏期休暇中の課題を指示する。 
16. 論文作成個別指導  執筆を進めた論文を提出し、各人へ個別指導を行う。 
17. 論文作成個別指導  執筆を進めた論文を提出し、各人へ個別指導を行う。 
18. 論文作成個別指導  執筆を進めた論文を提出し、各人へ個別指導を行う。 
19. 論文作成個別指導  執筆を進めた論文を提出し、各人へ個別指導を行う。 
20. 論文作成個別指導  執筆を進めた論文を提出し、各人へ個別指導を行う。 
21. 論文作成個別指導  執筆を進めた論文を提出し、各人へ個別指導を行う。 
22. 中間報告2  各人が執筆状況と内容をプレゼンテーションし、それに関してゼミ生間でディスカッションをすることで、論文の方向性を確立させる。 
23. 中間報告2  各人が執筆状況と内容をプレゼンテーションし、それに関してゼミ生間でディスカッションをすることで、論文の方向性を確立させる。 
24. 論文作成個別指導  各人へ論文執筆の個別指導を行う。 
25. 論文作成個別指導  各人へ論文執筆の個別指導を行う。 
26. 論文作成個別指導  各人へ論文執筆の個別指導を行う。 
27. 論文作成個別指導  各人へ論文執筆の個別指導を行う。 
28. 論文作成個別指導  各人へ論文執筆の個別指導を行う。 
29. 論文作成個別指導  各人へ論文執筆の個別指導を行う。 
30. 授業のまとめと論文提出  これまでの授業で学んだことについて総括し、論文を提出する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. レポート・論文の書き方入門  河野哲也著  慶應義塾大学出版会 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に適宜紹介     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業)・アクティブラーニング(ディスカッション、プレゼンテーション) 
成績評価方法
平常点(プレゼンテーション20%、ディスカッション10%)と卒業論文(70%)の合計で評価する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
卒業論文は大学生活のハイライトです。文献や資料等を調査して研究し、、長い文章を考察を積み重ねながらしっかりと書くことは容易ではありませんが、ぜひ頑張って挑戦してみましょう。 
参考URL
1. 授業中に適宜紹介   
画像
ファイル
更新日時 2021/03/05 13:53


PAGE TOP