シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

船田 秀佳

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
事前に配布した論文を読んで内容を把握してくること。毎回、2時間の準備学習を行い、2時間の復習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
1.基幹ゼミナールの単位を履修し単位を取得していること。 2.早めにテーマを設定すること。 3.書き方は個別に指導する。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。各自の設定したテーマに沿って資料を収集・分析・要約する手法を学び卒業論文を完成できるように全体的及び個別の指導を行う。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
論理的文章の展開法を学ぶ 
到達目標
卒論を書き上げ、論理的に考え文章が書けるようにする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 導入  オリエンテーション



卒論とは何かの解説、質疑応答 
2. テーマの選択  卒論のテーマの選び方 
3. 資料採集方法(1)  要約のための採集方法



文献・資料の集め方 
4. 資料採集方法(2)  引用のための採集方法



文献資料の読み方 
5. 資料採集方法(3)  要約・引用の仕方



文献・資料の構成 
6. 資料提示  資料の妥当性の検討 
7. 文章構成法(1)  パラフラフの論理 
8. 文章構成法(2)  主題と話題 
9. 文章構成法(3)  主題文の書き方 
10. プレゼンテーション  各自の研究テーマの発表 
11. 引用文献の扱い方(1)  文章をどう扱うか 
12. 引用文献の扱い方(2)  図表の使い方 
13. 引用文献の扱い方(3)  写真の使い方 
14. 引用文献の提示  引用文献の妥当性 
15. 論文講読(1)  構成の仕方 
16. 論文購読(2)  構成の展開(1) 
17. 論文購読(3)  構成の展開(2) 
18. 中間発表(1)  現状の問題点の把握(1) 
19. 中間発表(2)  現状の問題点の把握(2) 
20. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
21. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
22. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
23. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
24. 個別指導  注、参考文献について(1) 
25. 個別指導  注、参考文献について(2) 
26. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
27. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
28. 個別指導  卒論の書き方指導・添削・助言 
29. 全体総括(1)  概要の書き方指導(1) 
30. 全体総括(2)  概要の書き方指導(2) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業) 
成績評価方法
卒論100%
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/03 15:48


PAGE TOP