シラバス参照

科目名 インテンシィブ・イングリッシュ 
担当者氏名

船田 秀佳

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-国際・コミュニケーション系 
備考  



準備学習・事後学習
指定された教科書の箇所の問題を解いてくること。毎回授業時間の2倍程度の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
基礎力を付けたい学生を対象とする。やさしい基礎文法とリスニングを集中的に学ぶ。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP2、DP3に位置する。ホームステイで役立つ表現、映画のセリフなどの音声面に留意しながら英語の4技能を磨くことができ、コミュニケーション能力を身につけることができる。(科目ナンバリングコード:HH21309) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
英語耳を鍛え、コミュニケーションに役立つ英語を学ぶ。 
到達目標
TOEIC400点程度 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 導入  オリエンテーション































授業の進め方、英語の学び方、予習・復習について説明する。 
2. リスニング(1)































文法(1) 
税関、ホストファミリーとの対面で使われる英語表現、be動詞の基本的用法を学ぶ。 
3. リスニング(2)































文法(2) 
あいさつの表現、一般動詞の用法を学ぶ。 
4. リスニング(3)































文法(3) 
自己紹介、家族紹介の表現、疑問詞の用法を学ぶ。 
5. リスニング(4)































文法(4) 
日課、スケジュールの表現、過去形の用法を学ぶ。 
6. リスニング(5)































文法(5) 
学生生活の表現、未来形の用法を学ぶ。 
7. リスニング(6)































文法(6) 
企業説明の表現、現在完了形の用法学ぶ。 
8. 総括1  これまでの授業を総括する。機能文法と効果的なリスニング力の養成について考える。 
9. リピーティング(1)































文法(7) 
国際通貨の表現、助動詞の用法を学ぶ。 
10. リピーティング(2)































文法(8) 
ホテル、道順の表現、名詞・冠詞の用法を学ぶ。 
11. リピーティング(3)































文法(9) 
ショッピングの表現、受動態の用法を学ぶ。 
12. リピーティング(4)































文法(10) 
銀行、博物館の表現、前置詞の用法を学ぶ。 
13. リピーティング(5)































文法(11) 
音楽、映画の表現、形容詞、副詞ほ用法を学ぶ。 
14. リピーティング(6)































文法(12) 
スポーツ、電話、食事の表現、不定詞・動名詞の用法を学ぶ。 
15. 総括2  これまでの授業を総括する































会話に必須の文法のついて考察する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Easy Access to Basic English Grammar ISBN978-4-255-15591-3  船田秀佳  朝日出版社 
2. Drills for Numbers in English ISBN978-4-8034-1259-8  船田秀佳  弓プレス 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法
課題100%。ただし、出席回数が3分の2に満たない場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
英語の音声に興味がある人、基本的な文法を学びたい人は大歓迎です。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:38


PAGE TOP