シラバス参照

科目名 言語文化論 
担当者氏名

船田 秀佳

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-国際・コミュニケーション系 
備考  



準備学習・事後学習
指定された教科書の箇所を読み込み内容を把握しておくこと。毎回、講義時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
毎時間、内容理解の小レポートを書いてもらう。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP2、DP3に位置する。日英語の発想と表現構造の背後にある精神と文化について考察するした後、言語が思考・感情・行動・意識と如何に関わっているのかについても考える。(科目ナンバリングコード:HH11304) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
認知言語学からマインドの働き 
到達目標
言語、文化、精神の関わりについて認識を深め人生設計に活かす。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 導入  言語と思考の関わり



思考を規定する言語の構造とは何か、創造的思考のために言語を使うとはいかなることかについて考える。



認知と不可分な言語の機能を考察する。 
2. 基本動詞から見た英語の発想 (1)  HAVE言語とBE言語



所有を表すHaveと存在を表すBeが英語と日本語でいかに使われているのは、言語の好まれる表現とは何かについて考察する。



日英語比較の観点から英語の基本動詞である、haveとbeについて考察する。 
3. 基本動詞から見た英語の発想 (2)  GIVEとCAUSE TO HAVE



Giveの深層構造はCause to haveである。GIveが対象にいかに働きかけているのかを考察する。日英語比較の観点から英語の基本動詞である、giveについてhaveとの関わりを考察する。 
4. 基本動詞から見た英語の発想 (3)  GETとCOME TO HAVE



Getの深層構造はCome to haveである。



Getが対象にいかに働きかけているのかを考察する。日英語比較の観点から英語の基本動詞である、getについてhave,giveとの関わりを考える。 
5. 英語文化と日本文化の比較(1)  意味づけと解釈における主体性



スル的文化とナル的文化について、言語と文化の相同性理論から考察する。 
6. 英語文化と日本文化の比較(2)  個人主義と集団主義



日英語を比較・対照し行為者の際立たせ方という点から、言語と文化をとらえる。



日英語と日英文化について相同性の観点から考察する。 
7. 総括1  これまでの授業を総括する。



言語と文化についてまとめる。 
8. 認知言語学の諸相  英語文化と日本文化を創造する精神



言語が文化を創造し、個人の心理的世界を作り、行動を規定する仕組みついて考える。



文化を創造する言語について考察する。 
9. 言語学から見たシンクロニシティ1  一般意味論概説



コージブスキーが提唱した一般意味論の現代的意味を理解し、コミュニケーションにおける誤解を軽減する機能について考察する。地図と現地、ことばと物の関係について考察する。ユングのシンクロニシティについて考える。 
10. 言語学から見たシンクロニシティ2  日英語の思考を規制する言語の機能



引き寄せの法則(1)



引き寄せの法則について心の働きから理解を深める。 
11. 言語と行動1  英語文化的および日本文化的行動を導く言語の機能



引き寄せの法則(2)



感謝学から見た引き寄せの法則について考察する。 
12. 言語と行動2  創造的行動とは何か



引き寄せの法則(3)



脳科学から見た引き寄せの法則について考察する。 
13. 認知言語学1  日英語の背後に見られる精神の構造



引き寄せの法則(4)



大脳の機能について考え、引き寄せの法則の活かし方について考察する。 
14. 認知言語学2  日英語と精神の平行性



引き寄せの法則(5)



フィルターとしての言語、



恒常性の維持における言語の役割について考察する。 
15. 総括2  これまでの授業を総括する



引き寄せの法則についてまとめる。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 開講時に指示     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義と演習(対面授業) 
成績評価方法
小レポート(20%), 課題への取り組み(20%), 定期試験(60%)
出席は加点要素としない。4回の欠席で欠格とする。
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
文章表現力を磨いておくこと。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/03 14:08


PAGE TOP